みずほリサーチ&テクノロジーズ(旧:みずほ情報総研・みずほ総合研究所)

Experience システムエンジニア-法人システム開発編-(1day:Web開催)

  • 25卒
  • 26卒
  • 27卒
  • 28卒
  • インターン
  • オンライン
締切 24/08/05 12:00

最終更新日:2024年05月20日

情報の精度には最大限注意しておりますが、新型コロナウイルスの感染予防対策等による社会情勢の変化の影響で、募集内容に随時変更があるかもしれないため、本記事に記載の情報は最新ではない可能性があります。締切情報収集の際には本記事の記載情報だけでなく、必ず当該企業の採用HP/マイページなどでご確認いただき、そこで発表されている"最新の一次情報"を優先して下さいますよう、お願い申し上げます。

■応募資格
大学または大学院に在籍・卒業済の方(学年学部学科不問)

■プログラム概要
WEB:法人システム開発ワークショップ
法人向けシステム開発のプロジェクトを題材に参加者でチームを組み、要件定義・提案を体感します。顧客から事前に得られた情報だけではなく、そこから必要なヒアリングを行い、顧客の要望をとらえ、最適なソリューションを導出するプロセスにチャレンジしてみてください。

■開催日程
1Day Workshop
【第1回】8月 7日(水)
【第2回】8月15日(木)
【第3回】8月21日(水) 
【第4回】9月 2日(月)
【第5回】9月20日(金)

■開催時間
9:30~17:30(予定)

■開催場所
オンライン

■プログラムのポイント
・法人の顧客に対するシステム開発を題材にプロジェクトの上流工程を理解していきます。
・システム開発の上流工程である要件定義や基本設計などの工程を具体的に体験。法人向けシステム開発の面白みと難しさを実感できます。
・システムエンジニアに求められているのは、課題解決力です。課題を的確にとらえて、クライアント視点で最良な解決策を考える体験ができます。

■プログラムの参加メリット
・システム開発における上流工程の概要を理解(体感)できます。
・チームでのプロジェクト開発における楽しさ、難しさを体感できます。
・経験豊富な社員から実務目線のフィードバックがあるので、新しい発見があります。

■プログラムの流れ
Step01 オリエンテーション
法人向けのシステム開発に関する前提知識、およびワークの進め方に関する説明を行います。

Step02 プロジェクトの体験
参加する学生でチームを作り、顧客のニーズに基づいた、システムに実装すべき仕様を検討します。検討にあたっては、担当者へのヒアリングを予定しています。

Step03 最終プレゼン
チームごとに顧客のニーズを考慮して作り上げた検討結果を発表します。

Step04 フィードバック
社員より参加者の皆さまへ、みずほリサーチ&テクノロジーズのシステムエンジニアとして働くうえで、改善すべきポイント、心がけるポイントをフィードバックします。

■選考のながれ
Step1 書類選考(WEBテスト/適性検査含む)
Step2 本番

■応募方法
①みずほフィナンシャルグループのマイページ「適性検査」・「WEBテスト」メニューより、
 適性検査およびWEBテストを受検してください。
・インターンシップ応募に際してのWEBテストおよび適性検査は、みずほ
 フィナンシャルグループ全体(銀行、信託銀行、証券、リサーチ&テクノロジーズ)
 で共通ですので、一度のみご受検ください。なお適性検査は、インターンシップ・
 本選考を通じて一度のみの受検となります。
・必ず本人が受検してください(今後確認される可能性があります)

②みずほリサーチ&テクノロジーズマイページの「エントリーシート」メニューより、エントリーシートをご提出ください。

上記①②をもってエントリー完了となります。 

■エントリー期限
第1回応募締切:6月17日(月)12:00
第2回応募締切:7月15日(月)12:00
第3回応募締切:8月5日(月)12:00

■結果連絡日程
エントリー締切後、約2週間以内にご連絡。

■募集人数
各回 30名程度

■留意事項
報酬はありません。
昼食費が支給されます。
みずほリサーチ&テクノロジーズが開催する他コースとの併願はできません。

インターン情報

【ES設問内容】
◆応募動機およびインターンシップで体験・習得したい事項を入力してください。(400文字以上500文字以下)
外部サイトに遷移します

ES・選考レポート 10件

【合格】インターンエントリーシート みずほリサーチ&テクノロジーズ(旧:みずほ情報総研・みずほ総合研究所) 2025卒 女性 Q 応募動機およびインターンシップで体験・習得したい事項を入力してください。(400文字以上500文字以下)
A 応募動機は貴社の業務の理解を深めるためだ。私は人の役に立ちたいという思いから災害復興支援や貧困家庭の教育支援などの学生ボランティアサークルの活動に参加していたが、自分の手の届く範囲の人しか支援できないことにもどかしさを感じていた。そこで社会の仕組み自体をより良く変えることに携わりたいと考えるようになり、公共分野の施策提言に携わるシンクタンク業務に興味を持った。特に多分野での専門性に強みを持つ貴社でこそ、幅広い観点から本質的な課題解決に取り組めると魅力を感じている。貴社で、公共機関と官民連携の効果を最大化できる事業者との橋渡しとなることで、質の良い公共サービスを実現しエンドユーザーである市民に豊かな実りをもたらせるよう、貴社で働くビジョンの解像度を高めたい。 また、インターンシップでは自身に不足している能力を自覚して改善したい。私はボランティア活動で培った傾聴力をお客様の課題を見出すことに生かしたいと考えている。しかし、規模の大きな官民連携事業に携わるには分野横断的な視点をはじめとした資質・能力が必要になると考えており、業務の難しさを実際に体験する中で自身の改善すべき点を明らかにしたい。(499字)
0
【合格】インターンエントリーシート(コンサルタント)(コンサルタント) みずほリサーチ&テクノロジーズ(旧:みずほ情報総研・みずほ総合研究所) 2025卒 男性 Q 応募動機およびインターンシップで体験・習得したい事項を入力してください。(400文字以上500文字以下)
A 貴社ならではの強みを肌で感じ、業務内容の理解を深め働くイメージを明確にしたいからだ。私は個別塾講師アルバイトとして中学受験生の指導担当になった際に、話しかけても無言で頷いたり、首を振ったりするだけの生徒がいた。そこで、まずは互いのことを知って信頼関係を築くことを最優先にし、塾長が指導する様子を見学して実践してみた。指導前や空いた時間にも積極的に話しかけたり、間違っていても否定せず過程を褒めたりすることを意識した結果、指導中も明るく話すようになり笑顔も増えた。そこからは、授業ごとに間違えた問題の基礎問題を最後に解かせて、次の授業では標準・応用問題を解かせるサイクルを続けたところ正答率が90%以上を維持したまま合格に導くことができた。この経験から、現状分析して解決の提案をするコンサルタントに興味を持った。中でも、豊富な金融知識を備えており、顧客一人ひとりに対して幅広い提案が可能であるため、私の「付加価値を提供し企業の成長を支えたい」という目標を実現できる点に魅力を感じている。本インターンシップでは、コンサルティングに必要な知識やスキル、アプローチ法を学びたい。
1
【合格】インターンエントリーシート(総合職) みずほリサーチ&テクノロジーズ(旧:みずほ情報総研・みずほ総合研究所) 2025卒 女性 Q 応募動機およびインターンシップで体験・習得したい事項を入力してください。(400字~500字以内)
A 貴社の社風や業務内容への理解を深めたいという思いから本インターンシップへの参加を希望する。私は所属先の弓道部で他部員と相互に指導を行い、互いの改善点を見つけて対処法を考え出し上達を図っている。その中で、アドバイスに対し部員から感謝されたことで、他者とともに課題を考え、力になることにやりがいを感じた。その経験から、課題解決を行うコンサルタント職に興味を持ち、中でも人々の生活に密接に関わる社会問題の解決に携わりたいと考えていた。中でも、貴社は専門性の高いコンサルティングと先端ITを融合させ新たな価値を生み出すことでクライアント、ひいては社会課題の解決に幅広く貢献している点に魅力を感じている。そのため、本インターンシップは実際の業務を体験し実例に触れることができる点で非常に貴重な機会と考えている。さらに、現場で活躍している社員の方からフィードバックや助言をいただくことで、自分に足りないことを知りたい。また、本ワークの課題を貴社の社員の方が、どのように考え、課題を解決したのかなどの、コンサルタントとしての思考方法を学び取り、今後の成長につなげていきたいと考えている。
0
【合格】インターンエントリーシート(SE) みずほリサーチ&テクノロジーズ(旧:みずほ情報総研・みずほ総合研究所) 2024卒 女性 Q 応募動機およびインターンシップで体験・習得したい事項を入力してください。(400文字以上500文字以下)
A 金融×ITの領域で、システム開発の上流工程の実務において求められる能力と自分の能力を正しく理解し、適正と伸ばすべき能力を考える機会を頂きたく志望する。志望するに至った背景として、三つの経験がある。まず、夏に複数銀行の法人営業部門のインターンシップに参加させていただいた経験だ。社会を根底から支える金融の現場が、さらに根底から貴社の調査や提案により専門性の高い領域で支えられている構造を実感し、専門性の高い領域の仕事を体感してみたいと感じた。次に、コンビニ店員としてITによる業務効率化(キャッシュレス領域)で恩恵を受けた経験だ。ITによるシステム開発は、「仕組み」を根底から変えることができるため、効率性・安全性の側面から全てのステークホルダーの利益へと貢献できることが魅力に感じた。最後に、所属するサークルのイベント長として、60人規模のイベントを複数企画運営した経験だ。そこで培った「相手の立場から求められているものを判断する力」や「最後まで試行錯誤し続ける胆力」を開発におけるチーム協働において、活かしていきたいと考えている。
0
【合格】インターンエントリーシート みずほリサーチ&テクノロジーズ(旧:みずほ情報総研・みずほ総合研究所) 2024卒 男性 Q 応募動機およびインターンシップで体験・習得したい事項を入力してください。(400文字以上500文字以下)
A 私は人を支える仕事をしたいという軸から、目の前のクライアントへ親身に寄り添い、クライアントにプラスの価値を提供できるコンサルタントを志している。特に幼少期より〇〇をしてきた経験から、非常に多くの人に支えられてきたことを実感したからだ。よって様々な人の支えによって、現在の私があると考えている。それを踏まえ貴社のインターンシップを志望する理由は2つある。1つは貴社の社風や業務理解を深めるためだ。民間企業から官公庁まで、多岐にわたるクライアントとの関わりの中で、どういった業務を行っているか理解を深めたい。それに加え、金融機関系のコンサルティングの強みや特徴を見つけ出したいとも考えている。もう1つは、社会学部で得た知識のアウトプットの場となるからだ。特に社会保障分野やサステナビリティ分野において、私が社会学部で身につけた、少子高齢化や雇用問題、保険・医療問題、地域社会やSDGsなどの知識を活かし、課題解決に役立てたい。さらに今一度、学習が不十分で課題解決に活かせなかった点を見直し、今後の学習に役立てていきたいと考えている。以上の理由から、私は貴社のインターンシップへの参加を強く志望する。
0

就活テクニック 1 件

現在ES掲載数

78,744

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録