unistyle

MENU

更新情報2021/09/17(金)内容を更新しました!

大成建設のインターンシップES(エントリーシート)回答ガイド

15036 views

    大成建設のインターンシップES(エントリーシート)回答ガイド

    最終更新日:2021年09月17日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    大成建設のインターンシップES一覧はこちらから

    スーパーゼネコンの一つである大成建設。

    ゼネコン(General Contractor)とは総合建築業のことであり、ビル・商業施設・道路・ダムなど地図に残る構造物を作る会社です。大成建設の手がけた事業としては、日本一の鉄道トンネルである青函トンネルや横浜ランドマークタワーが挙げられます。

    またゼネコンはデベロッパーと協力して仕事をすることが多いですが、横浜ランドマークタワーでは三菱地所が発注・設計をし、その建設工事を大成建設が担当していました。

    今回は大成建設で過去に実施されたインターンシップのESを解説していきます。

    大成建設 インターンシップES設問

    ◆インターンシップに当社を希望する理由(200字以内)
    ◆インターンシップを通じて身に付けたいこと(300字以内)

    インターンの志望動機に関する設問が2つ用意されていました。難しい設問はなく、比較的取り組みやすい内容だと思います。

    設問1:インターンシップに当社を希望する理由

    ◆ インターンシップに当社を希望する理由(200字以内)

    設問の意図

    他の企業でもよく問われるインターンの志望理由を問う設問です。業界、企業についての十分な理解ができているかを見ているでしょう。

    意図を踏まえた回答方針

    ゼネコン業界に興味を持った理由、その中でも大成建設を選んだ理由を述べると良いでしょう。またその理由を語る上で自分の経験と結びつけて語るとより説得力のある内容にすることができます。

    志望理由として「ゼネコンに興味があるから」、「建設に関わる仕事がしたいから」などを考えている方が多いかと思います。しかしその理由だけでは他の人と差別化ができず印象に残りません。上記のような興味を持ったのは過去に興味を持つことに繋がった経験あったからだと思います。そのような自分の過去を遡り、自己分析をすることによって自分だけの志望理由を書けるようにしましょう。

    合格者の回答

    私は、元々ゼネコンに興味があり、具体的にどの様な業務を行っているのか知るためにインターンシップに応募しました。フィリピン・マニラのトンド地区で勉強していた頃、建設業がその土地に住む人々の生活を根底から変える状況を目の当たりにし、そのダイナミックさに魅力を感じました。 そんな憧れのゼネコンの中でも影響の強い貴社の業務を具体的に学びたいと考えています。

    参考:大成建設 インターンエントリーシート

    こちらの回答では、フィリピンでの自身の経験からゼネコンを志望する理由を述べられています。このように過去のエピソードと結びつけて回答できると良いかと思います。

    志望動機については、エントリーシートの志望動機の書き方6ステップ|ES例文8選付を参考にしてください。インターンシップの選考では、従事したい仕事について触れる必要はありませんが、なぜゼネコンの中でも大成建設のインターンシップに参加したいのかは明確に示せると良いでしょう。

    設問2:インターンシップを通じて身に付けたいこと

    ◆インターンシップを通じて身に付けたいこと(300字以内)

    設問の意図

    インターンを通して「何を学びたいか」を尋ねていると考えて良いかと思います。ゼネコンの仕事について理解を深めたいという方がほとんどだと思いますが、その学びたい内容についてより具体的に説明することが求められています。

    意図を踏まえた回答方針

    最初に何を学ぼうとしているかを簡潔に述べましょう。結論から書き、その後で詳しい説明を述べることで読み手にとって読みやすくすることができます。

    詳しい説明を書くためには、一つの方法として「どのように学びたいのか」を考えると良いと思います。

    インターンシップでは様々なプログラムを通して企業理解を深めることができます。例えば体感ワークや社員との交流などがありますが、そのような体験はネット上や説明会などで行う情報収集よりも圧倒的に学べることが多いです。ネット上で得られない学びをインターンシップのどんな活動を通して得たいかといったことを書きましょう。

    このように書くことで社員の方にどのような意識でインターンシップに臨もうとしているのかをより具体的にイメージさせることができます。

    合格者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    最後に

    一言に建設といってもその仕事には設計、資材調達、施工など様々な工程があります。学生という立場からこのような仕事のイメージを持つことは難しいですが、インターンシップに参加して実際の仕事を体感することができればかなり理解は深まると思います。

    ですので、そのインターンシップに参加するためにも今からできる限り企業研究を積極的に進めていただきたいと思います。

    ゼネコンの業界研究では、スーパーゼネコン5社(鹿島建設・大林組・大成建設・清水建設・竹中工務店)の違いを事業内容・社風・選考プロセスの観点から解説を活用してください。清水建設、竹中工務店といった同業他社との比較もしていますので、志望企業の絞り込みにも適しています。

    大成建設の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

    unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
    ・公式Twitterアカウント
    ・公式Facebookアカウント

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録