unistyle

MENU

更新情報2018/07/06(金)内容を更新しました!

【第一生命インターン】20卒向けES選考攻略|合格者ES付

1330 views

    【第一生命インターン】20卒向けES選考攻略|合格者ES付

    掲載開始日:2018年05月18日
    最終更新日:2018年07月06日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    四大生保の1つに数えられる第一生命は、業界2位に位置付けられる大手生命保険会社です。国内初の相互会社として発足しましたが、現在は生命保険業界では珍しく株式会社という形態をとっています。

    みずほフィナンシャルグループとも緊密な関係にあり、最近では系列の資産運用会社を統合しています。また、海外等成長分野への投資拡大を目指し、かんぽ生命とも提携を結んでいます。

    金融業界、生命保険業界を目指す学生から非常に人気のある同社ですが、インターンシップに関しては比較的参加しやすいといえそうです。同業界に興味のある学生は参加して損のないインターンシップでしょう。今回は、20卒の学生に向けて、19卒向けに行われたインターンシップを解説していきたいと思います。

    第一生命 インターンシップES設問

    ◆当社インターンシップを志望する理由と、そこで学びたいことを教えてください。 (300文字以内)
    ◆これまでに力を入れて取り組んだことを2つあげ、それぞれの概要を教えてください。 (100文字以内)

    設問1:当社インターンシップを志望する理由と、そこで学びたいことを教えてください。

    ◆当社インターンシップを志望する理由と、そこで学びたいことを教えてください。 (300文字以内)

    設問の意図

    ここでは、インターンへの「志望動機」が問われています。

    注意すべきは、「学びたいこと」についても記述する必要があるという点です。インターンシップで何を学びたいかそれを今後どう活かしていきたいか、の2点はインターンシップESにおいて必須です。

    意図を踏まえた回答方針

    ここでは、【就活生必見】一目置かれる志望動機の作り方を参考に記述しましょう。

    ①成し遂げたいこと

    ②きっかけとなる経験

    ③企業選びのポイント

    ④他に受けている業界とその業界ではダメな理由

    ⑤具体的に取り組みたい仕事

    ⑥業界の中でもその企業の理由

    基本的には上記フレームワークはインターンシップESにおいても利用できますが、インターンシップの行われる夏の段階では、それほど深い業界理解、企業理解は求められていないと考えられます。特に生命保険業界は各社細かな違いはあるものの、行なっている事業に大きな違いがないため夏の段階で各社の違いを明確にしておく必要はないでしょう。

    とはいえ、同社が近年度どのような分野に注力しているのかについて大まかに理解しておくことは重要であるため、新聞やネットニュースで情報を日頃から収集しておきましょう。

    参考:【就活生必見】一目置かれる志望動機の作り方
    →多くの学生を悩ませる志望動機の作り方について解説していきます。上記のフレームワークの活用法についても説明しているので、ぜひご参照ください。

    合格者の回答

    私がこちらのインターンに志望したのは、「安心」という人が生きていくために必要なサービスを提供する生命保険に興味があり、お客様を第一に考え個々のニーズに合わせたいという御社の理念に魅力を感じたからです。相手を思いやり、相手を助けることにやりがいを感じるため自分に合っていると思いました。海外、特に事業機会に溢れた発展途上地域に市場を広げていて、商品やチャネルによってまだまだビジネスチャンスがあり魅力的です。社風や生命保険の仕組みを学習するだけでなく、グループワークや発表といったアウトプットで幅広い業務を体感し、企業の担う責任や向かうべき方向性を実務を通して考え、自分が果たせる役割を見つけたいです。

    参考:インターンシップ合格者のES

    この合格者ESは、

    生命保険に興味を持った理由→その企業に興味を持った理由→魅力に感じた点→インターンで学びたいこと

    という流れで書かれており、上記のフレームワークに沿っているとは言えませんが、非常に分かりやすくまとめられているといえます。

    インターンではそこまで深い企業理解や他社との差別化は求められていないため、このような書き方が端的かつ分かりやすいと思います。また、企業理解についてもアピールできており、なぜその企業なのかという納得感のあるESといえます。

    もっとも、「海外、特に事業機会に溢れた発展途上地域に市場を広げていて」と抽象的に書かれていますが、ここをさらに具体的に書くことができればより企業理解をアピールでき、高評価につながるでしょう。

    設問2:これまでに力を入れて取り組んだことを2つあげ、それぞれの概要を教えてください。

    ◆これまでに力を入れて取り組んだことを2つあげ、それぞれの概要を教えてください。 (100文字以内)

    設問の意図

    ここでは、100字の「学チカ」が2問出題されています。

    ここで考えるべきは、なぜ100字なのか、なぜ2問なのか、という2点です。おそらく企業側のこの設問の意図としては、あなた自身の行動を客観的に評価することにあると考えられます。そのため、エピソード自体のインパクトや独自性が、この設問においては重視されているといえそうです。

    意図を踏まえた回答方針

    100字と文字数が非常に限定されているため、端的に書く必要があります。エピソード自体を簡潔に書くことは勿論、できるだけ具体的に記述しましょう。

    学チカの概要→意識的に取り組んだこと→経験を通じて得た学び

    という流れでそれぞれを1文で端的に書くことが望ましいでしょう。

    合格者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は21466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    最後に

    第一生命は、国内大手生保の中では比較的特徴ある企業です。他社との違いを明確にするためにも、インターンシップを通して、同社の掲げる「お客さま第一主義」の理念、その特徴的な事業方針について学びましょう。

    同社のインターンシップは、比較的参加しやすいといえるため、早期から動き出そうと考えている学生は、手始めに参加してみても良いかもしれません。

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    21,466枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録