unistyle

MENU

更新情報2018/10/22(月)内容を更新しました!

先輩のESは絶対に参考にすべき!自己PR・志望動機における守破離とは

先輩のESは絶対に参考にすべき!自己PR・志望動機における守破離とは

掲載開始日:2016年10月26日
最終更新日:2018年10月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PR・志望動機をパクることはよくないことだと思っている学生は多いかもしれません。流石に何も考えずに先輩のESをそのままパクっても落ちてしまうでしょうが、評価された通過者や内定者のESを参考に自分なりに考えて書くとより良いESになります。

中には人のものを参考にしても、自分オリジナルの経験を伝えることはできないというアドバイスをする人もいますが、塾講師のアルバイトやスポーツサークルなど同じような組織に同じような立場で関わった先輩がどのようにESを書いたのかは非常に参考になります。

日本の武道・茶道などの伝統文化においては「守破離」という考え方もあります。今回は「守破離」にも振れながら、先輩のESを参考にすることがなぜいいのか解説していきます。

「守破離」とは?


wikipediaによると「守破離」とは下記のような考え方になります。

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、武道、芸術等だけでなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下のように当てはめることができる。

 

守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

 

引用:wikipedia

武道や芸術だけでなく、この考え方は仕事でもスポーツでも活かすことができます。

①まずは指導者や前任者の言われたとおりに練習・作業を行い、ある程度できるようになる
②その上で練習内容や作業を分析し、よりよい内容に改善する
③新たな練習法や技術を開発し、人に伝えられる


という三段階で成長します。

エントリーシートに当てはめると、

①フレームワークや先輩のESを参考にそれなりの内容の文章が書くことができる
②フレームワークや先輩のESをアレンジして自分なりに改善する
③新たなフレームワークや書き方を開発し人に伝える


の三段階が当てはまります。

ESは「ビジネス文書」


就活生の中にはESをエッセイや小説などと勘違いして、やけに情緒的な文章を書いてしまう人も少なくありません。感動的なストーリーにするために嘘を盛り込んでしまう人もいます。一方でESとは、自分の経歴や魅力を採用担当者に伝えるビジネス文書です。ビジネス文書は伝わりやすい構成や書き方というものが存在しており、ESにおいて伝わりやすい基本構成を示したのが自己PRと志望動機のフレームワークに当たります。

参考:内定レベルの学生時代頑張ったことが10分で書ける学生時代頑張ったことのフレームワーク
→学生時代頑張ったことに関する設問についての解説記事です。評価される内容の選び方や論理的な構成にするためのフレームワークなどの実践的なテクニックが載せてありますので、ESを書く際の参考にしてみて下さい。
参考:内定レベルの自己PRが簡単に書ける自己PRのフレームワーク
→就活で「ガクチカ」と並び最も聞かれると言っても過言ではない「自己PR」
本記事では自己PRを論理的に分かりやすく伝えるためのフレームワークをご紹介します。

参考:内定レベルの志望動機が10分で書けるフレームワーク
→志望動機で伝えるべきは「その企業である理由」だけではありません。
論理的な志望動機を構成する際のフレームワークをご紹介します。

上記のフレームワークに自分自身の経験や思いを当てはめて、更に自分と境遇の近い内定者のESを参考に書くとかなりレベルの高い自己PR、志望動機になるでしょう。その上で、フレームワークや経験を伝える際に自分なりにアレンジを加えて改善すると自信を持って自己PRや志望動機を話すことができるでしょう。

トリンプの元社長である吉越氏は、ビジネスで重要なことはTTP「徹底的にパクる」ことだと話されています。

参考:元トリンプ日本法人代表・吉越浩一郎氏が提言する「勝てる会社の方程式」
→ドイツ系女性下着メーカートリンプの元代表吉越氏が「合理的な仕事の進め方」に関してスピーチしたものをまとめた記事です。仕事術・経営術に関する著名も多い吉越氏の語る「勝てる会社」とは何でしょうか。

ESにおいてもまずは、評価された先人たちがなぜ評価されたのかを参考にする中で学び、その上で自分なりのアレンジを加えてより良いものを志向するのが良い方法でしょう。

最後に


評価された先人たちがなぜ評価されたのか参考にする中で、自分なりのアレンジを加えてより良いものを志向してもらいたいと思います。そのためにunistyleでは今後も内定者のESの収集と、より個々人に合ったエントリーシートやコンテンツが表示されるように努力して参りますので、今後ともご利用いただければ幸いです。

unistyleでは2016年10月より、全ての有名企業内定者のES1万枚以上が無料で読み放題となっています。また「塾講師」、「テニスサークル」などフリーワードでの検索も可能となっており、自分の境遇に近い内定者のESを探しやすいようにしております。(対象件数が多い場合エラーになってしまうことがありますが。)
また、unistyleのような就職活動系の情報メディアが立ち上がるまでは、内定者のESを参考にする機会は少なく、今の学生は情報という面ではかなりオープンになっており恵まれているといえます。ぜひ活用して納得のいく自己PRや志望動機に昇華させた上で企業の選考を受けていただければと思います。

参考:unistyle ES一覧

photo by vadym777

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
25,319枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録