unistyle

MENU

更新情報2017/10/24(火)内容を更新しました!

女の子が金融機関に内定するために必要な3つのこと

30196 views

女の子が金融機関に内定するために必要な3つのこと

掲載開始日:2014年06月13日
最終更新日:2017年10月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは!前回、「私が総合職を選んだ3つの理由」という記事を書いたMです!以前のコラムで書きましたが、私は就活を始めた当初、商社か国際機関が第一志望で、金融業界は全く考えていませんでした。金融って複雑そうだし、夢が無いなって思っていたのです。しかし、色んな業界を見ておこうと思い、金融機関に勤める先輩にOB訪問したのをきっかけに、金融業界に対するイメージが変わり、気付くと金融機関から内定を頂いていました。ホントに就活ってどうなるか分かりませんね 笑。そんな成り行き任せの就活でしたが、参考になれば幸いです。
 
 

1. 金融機関に勤める先輩にOB訪問する

 
 金融業界に限らず、程度業界研究をしたら、早めにOB訪問することをお勧めします。そのメリットは、
 
そのOBと話すことによってそれまでの業界に対するイメージが変わったら、軌道修正しやすくなる。
志望業界が変わったら、早めに業界研究を始めることができます。
ちなみに、金融業界について全く無知の時に抱いていた、業界へのイメージは・・・↓
働いている人が暗そう
残業が多い
パソコンに向かってもくもくと仕事する
 
でしたが、OBの話を聞いて変わりました。↓
人懐っこい人が多い
上流階級や会社の社長など、普段はなかなか会えない人と会うことができる
休日が暦通りだから仕事と休日のメリハリがはっきりしている
海外勤務のチャンスが意外とある
 
 私のように無知の状態でOB訪問するのは相手に失礼なので、少しは業界や企業について調べておきましょう!そして、聞きたいことは遠慮せずにズバズバ聞きましょう!
 
その業界で働く人の雰囲気を知ることができる。
 業界によって、働く人の雰囲気も違います。例えば商社は、ノリが良い・行動的・愛嬌がある・フットワークが軽い、金融は、真面目・人懐っこい・スマートなど。なので、その業界で働く人たちと自分の雰囲気が合うか合わないかは、働きやすいがどうかの目安になります。
私が話を聞いて面白そうだなと思ったのはやはり商社でした。色んな国に行くチャンスも多いし、働く人がイキイキしていました。一方で金融系は、総合職の女性が働きやすいのと、スマートな人が多いというイメージでした。
 
 

2. 将来やりたいことを明確にする

 
 こちらも金融業界に限ったことではないのですが、将来やりたいことと会社の方向性をリンクさせることは重要です。そのほうが志望理由もハッキリ言えます。就活を始めたばかりで、将来自分がどうしたいかまだ分からないという学生も多いともいます。むしろ自分のやりたいことを分かっている方が少数派かもしれませんね。私の場合は、海外で働きたかったので、「海外に進出する日本企業を支援したい」みたいなこと言っていました。もちろん留学経験を活かして中国か東南アジアに行きたいって感じで。そしたら面接官に「支店長はどう?」って聞かれて、様々なキャリアがあることに気付きました。働き始めたり環境が変わったりするうちに、やりたいことも変わってくるので、それはその時に考えれば良いとして、とりあえず興味ある仕事内容について調べて、それを面接時に聞かれた時に答えられるようにしておけば良いと思います。その時に、社会情勢や会社の方向性も織り交ぜながら話すと、面接官の共感も得やすいでしょう。
 
 

3. 面接では常に笑顔を絶やさない。

 
 金融業界はメーカーと違って、目に見えない商品を提供するのが特徴です。そのため、自身の人間力が特に重要となります。人間力って人によって定義は違うけど、この人といると楽しいとか、信頼できるとか、何か惹かれる点があると良いですよね。また、金融業ではお客様のお金を預かるということで、特に誠実さや真面目さが重視されます。面接時間は大体20〜30分しかなく、その短い時間の中で自分という人間を伝えるのは難しいと思います。しかし、心掛け次第でイメージアップできることもあるので、皆さんも参考にしてみてください。
笑顔を絶やさない(と言っても話の内容によっては表情を少し変えつつ)
相手の目をきちんと見て会話する。
面接官のノリを見て、多少は世間話や無駄話もできるくらいの余裕を持つ。
緊張し過ぎない(ふりをする)
 話の内容も大切ですが、お客さんと接した時にどう対応するかも見られているということも意識して、緊張し過ぎ自然に会話しましょう!
 
 

4. 最後に

 
  色々な事を勝手に書かせてもらいましたが、人それぞれ立場や想いが異なり、自分に合ったスタイルがあります。私の話は参考程度に、みなさん自分の就活スタイルを確立してもらえればと思います。そして、どの企業に決まるかはご縁です。こちらの想いがどんなに熱くて、懸命にアピールしても振り向いてもらえるとは限りません。ただ、第一志望の企業に振られても、「自分はこれだけ頑張ったのだから悔いはない」と思えるような就活をしてほしいです。結局は自分との闘いなので、最後に自分で納得のいく結果となれば幸いです。
今回でコラムは最後になりますが、自分自身、就活を振り返ることができて良い機会となりました。就活の時期は辛いこともあるけど、様々な企業を見ることのできる良い機会だと思って、前向きに頑張って下さい!皆さんの検討をお祈りしています。
 

photo by Nacho

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
25,319枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録