unistyle

MENU

更新情報2017/10/25(水)内容を更新しました!

外資系キャリアの教訓は就活にも活かせる! 「外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」書評

外資系キャリアの教訓は就活にも活かせる! 「外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」書評

最終更新日:2017年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を行き抜く人たちの仕事の習慣

こんにちは。16卒マスコミ内定者です。
今回、「外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」を読みましたので、その中のコラムの一つに、就活でも使えそうなものがあったので、見ていきたいと思います!

そのコラムとは、「ずんずん流 あなたが30歳までに学ぶべき7つの教訓」です。以下の7つです。
 
1.金がだいたいの問題を解決してくれることを知る
2.自己愛と自意識をコントロールする方法を知る
3.誰もあなたのことなど気にかけていないことを知る
4.自分の感情を分析する訓練をする
5.身体はやばいぐらい鍛えろ
6.孤独と友達になる
7.自分の限界は年齢で決まるわけではないことを知る

就活に照らし合わせると「あなたが就活するために学ぶべき7つの教訓」というところでしょうか。
では具体的にはどうなるのか、見ていきましょう。


1.金がだいたいの問題を解決してくれることを知る

「就活でお金が重要?なぜ?」と思うかもしれません。
簡単に言うと、「経済的な自立は心の余裕をもたらす」からです。

就活には「フットワークの軽さ」が必要になってきます。就活におけるフットワークの軽さとは、
・とにかくたくさんの説明会に行って話を聞く
・OBに会う
・その企業の商品やサービスを手に取ってみる、お店などに実際に行ってみる
(独自の経験になるので面接で話すと他と差がつきます)
などが挙げられます。しかしこれをするためにも、電車賃や商品を買うお金なんかが必要ですよね。
ここでかつかつになってくると、心が不安定になってきて、就活全体に影響を及ぼしてきます。
就活に備えてきちんとバイトをしておくか、就活に影響しないようなバイトを確保しておくことをおすすめします。


2.自己愛と自意識をコントロールする方法を知る

お祈りされまくると自己愛=プライドが傷つけられて、何をするのもおっくうになってきますよね。
私は、某匿名掲示板の就活で見つけた名言を携帯の待ち受けに貼り付け、常に見ることで、自分を鼓舞していました。
その名言とは、
「メンタル強いヤツが勝つ。落ちてもへこたれないメンタル、説明会ブッチしないメンタル、頑張って企業研究や筆記勉強、自己分析、履歴書記入等をやり続けられるメンタル。学歴なくてもメンタル強ければ、超一流以外はなんとかなる」
というものです。
この言葉はすぐ説明会をサボりたくなる私にハッパをかけてくれました。
私の場合は「言葉による暗示」でしたが、皆さんも自分を鼓舞したり、前に進む勇気をくれるメッセージやアイテム、行動を見つけ、就活のお守りにしてください。つらいとき、きっとあなたの心を支える糧になります。


3.誰もあなたのことなど気にかけていないことを知る

「OB訪問のメールで失敗したらどうしよう・・・だから踏み出せない」
「自己PRがほかの人よりショボかったらどうしよう・・・だから書けない」
ハッキリ言っておきましょう。

就活では恥を捨ててください。

OB訪問の礼儀なんていうものは訪問をしていくうちに鍛えられます。そこで怖気づいていたらなにも始まりません。
もし少しくらいメールの敬語が間違っていても、誠意を込めて書いたのならその気持ちは先方にもきっと伝わっています。

面接の自己PRにおいても同じです。
自己PRで面接官の反応が悪くても、その居心地の悪さは一瞬のものです。面接中にいくらでも挽回できます。
まずいのは、「自己PRなにが正解かわかんないし、書けない・・・ああ面接本番になっちゃった!なんも考えてない!」となってしまうことです。
でも、そもそも、自己PRに絶対的な正解など存在するのでしょうか?
しないですよね。個々の人間性というのは画一化できるものではありません。

自分の中でその自己PRが50点だろうと100点だろうと、本当に点数をつけられるのは企業の面接官だけです。
面接で披露することで、はじめて採点されるのです。
「わからなくても、答案用紙はとにかく埋めて出せ」と教わりませんでしたか?
unistyleにも自己PRを書くためのコラムが載っています。
内定レベルの自己PRが簡単に書ける自己PRのフレームワーク」 
ぜひ参考にして、答案を埋めた状態で、面接に臨んでほしいと思います。

ささいな恐怖に自分を支配されて将来に関わる貴重な機会を逃すのは一番勿体ないことです。自分を信じ、思い切って前に進んで行きましょう。


4.自分の感情を分析する訓練をする

本には「人が人を攻撃するとき、だいたいにおいてその裏にあるのは『嫉妬心』」とありました。
自分の中の嫉妬心を飼い馴らす訓練をしましょう。
誰かが自分の欲しいものを持っている

自分はそれを手に入れるための努力や、持っている人を超えるための努力をしていない
という状況の時、嫉妬心は起こります。

あなたがたとえば「学歴フィルターだ!」とか「有能学生だ!」などと他の就活生に対して嫉妬している間にも、ライバル達は行動を起こし、内定をかっさらっていってしまいます。その時間はまさしく「不毛」なのです。

自分は何に対して嫉妬心を感じるのか?それを克服するにはどうしたらいいのか?
もし嫉妬心による怒りを感じることがあるなら、一度自分と向き合う時間をとって、考えてみてほしいと思います。
自分としっかり向き合える人は自信が態度に表れます。それは面接官も気付きます。
ぜひ、実践してみてください。


5.身体はやばいぐらい鍛えろ

本では、「最後は体力」と書かれていました。
就活でもそうです。
就活は内面重視とは言いますが、「健全なる魂は、健全なる肉体に宿る」という言葉があるように、体調管理は非常に重要です。
早寝早起き、決まった時間の健康的な食事だけでなく、私は筋トレもおすすめします。
理由は、体力がつくし、見た目も整うからです。
就活の時期が後ろ倒しになり、暑い中就活するのは疲れると思います。
実は、筋肉量を増やすと暑さに強くなることが研究でわかっています。
また、筋肉をつけると代謝があがるので、痩せます。これは面接での見た目においてプラスのポイントになりますよね。
女性は「ムキムキになるのはやだな・・・」と思うかもしれませんが、女性の場合筋トレしてもムキムキになることはないので、安心してください。
見た目的にも健康的にもメリットの多い筋トレ。就活に取り入れてみるのもいいかもしれません。


6.孤独と友達になる

本には「(前略)孤独とよりよい友達になり、あなたの時間を食いつぶす人たちと付き合うよりも、自分を幸せにする方法(中略)をその時間を使って考えたほうがいいのではないでしょうか」とあります。
これも、就活にも当てはまるのではないでしょうか。

私は就活生の友達同士が目的もなくカフェでだらだらと話している時間は果たして意味があるのかと疑問に思っています(友達がいない僻みではありませんよ。けっして)。
就活は結局孤独との戦いです。
友達といくら話していたって、ESを書き始めるときは一人であり、面接するときもあなたはひとりで臨みますよね。隣で友達が応援してくれてるなんてことはありえません。

就活では正解もない海に一人でこぎ出し、そのたびお祈りという荒波にもまれなくてはいけません。
今まで友達とべったりで、あまり自分で物事を決めてこなかった人には、きつい戦いになるかもしれませんが、孤独に慣れましょう。

大丈夫、あなたはひとりでも十分やっていけるはずです。

 

7.自分の限界は年齢で決まるわけではないことを知る

これは、就活で言い換えれば
1、「留年したからって就活に不利なわけじゃない」と
2、「自分のできることの限界は時期で決まらない」
ということになると思います。
1に関しては、私は留年しました(留学などまっとうな理由でなく、普通に単位を落としての留年です)が、就活において不利だと感じたことはありませんでした。
なので、留年してる人もそれを言い訳にすることなく、頑張ってほしいと思います。

また、2に関しては、就活一歩手前の時期でも新しいことを始めるメリットはあるよ、ということです。
私は昨年の10月からビジネスコンクールに出場することにしたり、今年の5月には好きなことをするために仲間を集め団体を立ち上げたりといった活動を行っていました。
いずれの活動の話も面接で使えました。
心配をかけたくなかったので親には言いませんでしたが、結局就活をしっかりやりながらも団体の活動にも励むことは心の逃げ道になりました。
無理にはすすめませんが、とにかく、いつであっても、いくつであっても「迷ったらやってみる」ことは将来プラスにつながると思います。
就活一辺倒でも心を病んでしまうこともあると思いますので、好きなこと、興味があることにアクションを起こしてみるのは、精神的にもいいと思いますよ。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
みなさんにとって少しでも有用なことをお伝えできていたら嬉しいです。
ここでは本の一部のみを取り上げてお話しをしてきましたが、「外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」は全体としても読みやすく面白い本なので、ぜひ手に取っていただければと思います。外資系を目指す人・迷っている人はもちろん、日系企業志望の人も将来のキャリアを考えるきっかけになると思います。

photo by Martin Thomas

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
37,838枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録