江崎グリコ

インターンシップ

  • 19卒
  • インターン
  • 東京・大阪
締切 17/10/31

最終更新日:2017年09月28日

マーケティング職を志すあなたに。

■就業体験内容
講義、グループ単位でのワークショップを通じて、「新商品ブランドの企画・マーケティングプランの立案」に取り組んでもらいます。
また、その検討プロセスや最終プレゼン後に適宜、社員からのフィードバックを実施します。

<プログラム概要>
【日数】計6日間

【スケジュール】
 ◆1~2日目
  ・ガイダンス
  ・講義
  ・ワークショップに向けた演習
 ◆3~5日目
  ・ ワークショップ
   (コンシューマーインサイトの発見、コンセプトメイク、マーケティングプラン立案など)
  ・中間発表
  ・社員からのフィードバック
 ◆6日目
  ・ 最終プレゼン、採点、表彰
  ・社員からのフィードバック
※上記内容は予定のため、変更となる可能性があります。

■応募締切日
2017年10月31日

■応募の流れと注意点
・応募の際には、マイナビよりエントリーしてください。
・マイナビからのエントリー締切は10月31日(火)になります。
・アンケート課題の提出締切は11月1日(水)15:00です。
・応募者多数の場合には、筆記試験のご案内をお送りする場合があります。

■参加条件
現在、大学および大学院に在籍している方。
インターンプログラムの全日程(6日間)に参加できることが、必須条件となります。

■実施場所
江崎グリコ株式会社 品川オフィス
江崎グリコ株式会社 大阪梅田オフィス

■開催時期
11/29(水)、11/30(木)、12/15(金)、12/16(土)、12/18(月)、12/19(火)の6日間
※11/29、30は大阪で開催
※12/15、16、18、19は品川で開催

■受入人数 約20名予定

■報酬
・昼食代支給。
・交通費・宿泊費等については、当社規定に準じて支給致します。

【アンケートフォーム設問】
◆グリコのインターンシップへ応募した動機や理由を記入してください。(記述目安:全角 200文字以内) 
◆チームや集団において常識や慣習に疑いを持ち、自ら周囲を巻き込んで先頭に立ち取り組んだ活動経験を記入してください。(記述目安:全角500文字以内)
◆大学時代に周りをあっと驚かせたこと、感動させたことを記入してください。あなたの関わり方や役割が分かるように具体的に記入してください。(記述目安:全角500文字以内) 

ES・選考レポート 10件

インターンエントリーシート(技術開発(エンジニア・機械設計・生産技術開発コース)) 江崎グリコ 2025卒 男性 Q 学業・ゼミ・研究室で取り組んでいる〔1〕内容〔2〕理由〔3〕成果について詳しく教えてください。研究コースの方は所属研究室の担当教授もご記入ください。(400文字以内)
A 私は積雪による太陽光発電出力予測誤差の電力需給運用への影響評価について研究を行っている。近年,カーボンニュートラル社会の実現に向け,再生可能エネルギーの大量導入が進められている。再生可能エネルギーは出力が変動しやすいため出力予測の精度向上への関心が高まっている。積雪地域における太陽光発電出力予測の的中は日射量に加えて太陽光パネル上の積雪も考慮する必要があるため困難である。予測に失敗すると,当日需給運用を前日需給計画から変更する必要があり,経済運用が損なわれてしまう。そこで,風力発電出力の不確実性を考慮したモンテカルロ・シミュレーションを実施することで,太陽光発電出力低下による電力需給運用への影響を確認した。他電源の起動や他エリアからの連系線を通じた電力供給を行うことで供給支障は発生しなかったが経済損失は大きくなってしまった。連系線や蓄電池の増強を行うことで,3~6%のコストを削減出来た。
0
インターンエントリーシート 江崎グリコ 2025卒 女性 Q 1→100人財タイプ(独自の着眼点で、周りを巻き込んで既にあるものの価値を最大化できる方)タイプを表す経験やエピソードについて、あなたの強みが分かるように教えてください。(400文字以内)
A 原因を特定し、問題解決のための工夫を考える力を活かし、オンライン授業配信サービスでのチューターとして受験生20名のうち8割の生徒を第一志望に合格させた。全ての担当生徒を志望校合格に導くことが目標であったが、返信率と授業消化率が低かった。そこで過去の会話を遡って分析し、生徒にアンケートをした結果、(1)チャットのマンネリ化、(2)生徒が目標を覚えていないことが原因だと考えた。解決策として、(1)リアルタイムでチャットをする時間を設け、次の模試までの目標と、具体的な勉強方法を定める、(2)毎日目標を意識できるよう、スマホのロック画面用に目標を書いた画像を自作し配布するという2点を独自に行った。その結果、生徒は日々目的意識をもって勉強するようになった。また、新たな返信手法で生徒の心を引き付け、信頼関係構築にも成功した。そして返信率と授業消化率は約2倍になり、最終的に8割の生徒を第一志望に合格させることができた。
1

就活テクニック 4 件

現在ES掲載数

78,312

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録