unistyle

MENU

更新情報2021/06/28(月)内容を更新しました!

森永乳業の採用大学・文理・職種別採用人数|合格者ES付き

10312 views

    森永乳業の採用大学・文理・職種別採用人数|合格者ES付き

    最終更新日:2021年06月28日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    森永乳業の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

    森永製菓の兄弟会社で、日本の乳製品メーカーである森永乳業。森永乳業は食品の美味しさを追求するだけでなく、健康面にも力を入れており、ビフィズス菌やラクトフェリン、乳酸菌を取り入れた健康食品を提供しています。

    本記事では森永乳業の内定者実績を採用大学・男女別・文理別の3つの観点からまとめました。
                                                                                                                                                   

    ・本記事の構成

    森永乳業の採用大学一覧

    森永乳業の男女別採用人数

    森永乳業の文理別採用人数

    森永乳業の選考レポート

    森永乳業の合格者ES

    最後に
                                                                                                                                                   

    森永乳業の採用大学内訳

    森永乳業の過去3年間の採用大学は以下のようになっています。

    森永乳業の過去3年間の大学院の採用は以下のようになっています。

    農業大学や畜産大学など専門的な大学も見受けられますが、幅広い大学から採用していることが分かります。

    参考:東洋経済新報社「就活四季報」2018・2019・2020年版

    森永乳業の男女別採用人数

    森永乳業の過去3年間の男女別採用人数は以下のようになっています。

    2017年は、男性の採用人数が女性の4倍程でしたが、2019年は、男性の採用人数は女性の2倍以下になっています。男女の差は年々縮小してきているようです。

    参考:東洋経済新報社「就活四季報」2018・2019・2020年版

    森永乳業の文理別採用人数

    森永乳業の文理別採用人数は以下のようになっています。

    毎年、文系よりも理系の採用人数の方が多くなっています。理系文系関わらず、食品業界は近年人気で倍率が高くなっています。その為、適切に企業分析・自己分析を行うことが重要です。

    森永乳業が求める人材像については、「森永乳業のES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機・ガクチカへ」からご覧ください。

    参考:東洋経済新報社「就活四季報」2018・2019・2020年版

    森永乳業の選考レポート

    今回は、森永乳業に合格した20卒の体験記を一部抜粋して紹介します。

    森永乳業の選考レポートはこちらから。

    本選考のフローについて結果連絡も含めてお答えください。

    ES+webテ(2週間後に通過連絡) 
    ↓ 
    GD(1〜2日後に通過連絡) 
    ↓ 
    一次面接(2〜3日後に通過連絡) 
    ↓ 
    社員座談会 
    ↓ 
    最終面接(1週間後に結果連絡)

    本選考のためにした準備についてお答えください。

    アニュアルレポート(投資家向けの年次企業レポート)を読み込み、森永乳業の事業状況を抑えた。中でも、BtoB営業の売り上げ比率が、他の乳業メーカーと比較した中で特徴的であることに気づいた。BtoC営業やマーケ系のキャリアプランを考えている方も、BtoB営業の視点も多少は学んでおいた方が良いと考える。また、乳業メーカーならではの特徴も考え、やはり揺り籠から墓場まで多くの方に美味しさと健康と安心感を届けられる商品のやりがい、という点が強い特徴だと私は考えた。

    それぞれの面接およびGDについて、社員の人数および役職、面接を受ける学生の人数、面接会場、面接時間、質問内容、面接の雰囲気、面接の感想についてご記入ください。面接がない場合は「なし」とお答えください。

    【一次選考(GD)】 社員2人(人事1+営業1):学生6人@梅田の貸し会議室 40分 
    「社員に求められる資質は何か?」というお題を40分で考える。抽象的なテーマであるため、答えの質よりも、議論の組み立て方などが評価軸になっているように感じました。 
    私個人が社員から頂いたフィードバックとしては、他の方の意見に同調するだけでなく、異なった視点で本質的な意見を言えていることがよかったと、フィードバックをいただきました。

    【二次面接】 社員1人(営業):学生1人@梅田の貸し会議室 20分程度 
    簡単な自己紹介から始まり、ガクチカを話す。その後ガクチカを深掘りされた。 
    また、キャリアプランと志望動機も聞かれ、この2点に関しては深掘りがなかった。面接の雰囲気としては、非常に柔らかく話しやすい雰囲気です。

    【最終面接】 社員2人(一人は人財部長):学生1人@田町の本社 15分 
    まずは自己紹介から始まります。その後の質問はESのネガティブな点をひたすら否定的に質問された。雰囲気は厳かです。
    自己PR・ガクチカ・志望動機・強み・キャリアプランなどの質問が一切無く、ネガティブな質問ばかり続きました。うまくQandAに答えながら、熱意や自己PRを混ぜることが必要だと感じました。

    本選考において評価されたと感じたポイントや選考において重視されていたと思う点についてお答えください。

    やはり、明確なキャリアプランを持って、堂々と話すことが大切だと感じました。ネガティブ思考な方は、自分の経験に自信を持てるように意識しておいた方が良いかもしれません。

    面接・GDなど各選考フローにおいて心がけていたことをお答えください。

    【GD】
    自分の働きかけでチームの成果を最大化することだけを強く意識しました。チームメートが時間管理が甘い時は、自ら時間を報告します。また、引っ張る人がいない時は、自らが議論を進めるようにしていました。 

    【面接】
    端的に伝えることを心がけていた。二次面接までは端的で良いと思いますが、最終面接は15分という限られた時間であるため、うまく自己PRを盛り込むことも重要であると感じました。

    森永乳業の合格者ES

    ここでは、森永乳業の合格者ESを3つ紹介します。

    その企業に合格したエントリーシートを読むことで、単純に書き方を学ぶだけでなく、その企業がどのような人物を求めているのか、設問からどのようなことを聞きたいのかを学ぶことができます。



    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    最後に

    本記事では森永乳業の採用実績を採用大学別など複数の切り口でまとめました。unistyleでは何度もお伝えしていますが、採用実績はあくまでも参考程度に留めておきましょう。

    これで完璧!エントリーシートの書き方まとめ|ES例文付」でも述べていますが、学歴は複数ある評価基準のうちの1つの基準でしかありません。自らが志望する企業であれば、採用実績の有無に関わらず選考にぜひ挑戦してみてください。

    森永乳業の選考対策記事は以下の関連記事からお読み頂けます。十分の対策をして選考に臨みましょう。

    unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
    ・公式Twitterアカウント
    ・公式Facebookアカウント

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録