unistyle

MENU

更新情報2017/10/25(水)内容を更新しました!

バイトを2つしながら100社以上受けまくった多忙な理系院生のスケジュール術

バイトを2つしながら100社以上受けまくった多忙な理系院生のスケジュール術

掲載開始日:2016年03月24日
最終更新日:2017年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、16卒の就活生でした。ちなみに理系院生です。
僕は就活を通して、100社以上の会社を受けました。(決して落ちまくったからではありません!)ちなみにインターンシップにもたくさん行きました。多忙なイメージのある理系院生が、なぜ100社も受けられたのか、気になると思います。この答えは単純で、うまく時間を有効活用できたからです。
今回は、そのスケジュール術について説明したいと思います!

就活中は時間管理が命!

就活には、想像以上に時間がかかります。説明会は1~2時間が一般的だし、選考も約1時間。住んでいる場所によっては、オフィスに行って帰ってくるだけで数時間とられる場合もあるでしょう。そして、就活といえば服装はスーツ。着慣れないスーツを着て準備することも考えれば、1日に使う就活の時間はかなり長くなってしまうと思います。
僕は男なので分かりませんが、女子は化粧も大変だと話をよく聞きます。

就活においては、希望の就職先から内定を得るためなら、時間を多く割いた方が良いとは思います。しかしながら、長く時間をかければ良いかというと、そういうわけでは決してありません!同じ結果を得るのなら、時間は出来るだけ割かない方が良いのは当然です。

つまり、理系/文系、学部生/院生に関わらず、就活中の時間管理については意識を持つことが重要というわけです! そこで、このコラムを参考にしてもらえればと思います!

手帳 or スマホ

予定の管理ツールとして、手帳とスマホの二派があります。まず、それぞれのメリット・デメリットを挙げてみます。

○手帳のメリット
編集が楽
手で書いた方が覚える
就活の場において、他者に悪い印象を与えない

×手帳のデメリット
地図が載せられない
スペースが限られているので、詳細な情報を書き切れない
電車の中や、歩きながらの確認が難しい

○スマホのメリット
詳細や地図をリンクで貼ることができる
混雑した電車の中や、歩きながらでも確認できる

×スマホのデメリット
編集が少し面倒
手書きほどアレンジが効かない
就活中、予定確認の度にスマホを出すのは悪印象?

それぞれのメリット・デメリットは、ちょうど真逆になっていると思います。

僕個人の見解としては、好きな方を使えば良いと思いますし、使い分けするのもアリだと思います。ただし使い分けをする際は、ダブルブッキング等を防ぐために「手帳とスマホ内の情報を必ず一致させておくこと」は十分に注意してください。

意見が分かれる手帳派・スマホ派ですが、実は、僕はどちらも使っていませんでした! どのように予定を管理していたかについては、次で説明していきたいと思います。

僕が実際に行っていた方法

僕は手帳・スマホの代わりに2つのアイテムを使っていました。

(1) 予約票やメールの印刷
説明会や選考を予約すると、「予約票」をゲットできます。日時や名前、場所、持ち物などが書かれた票です。メールで送られてくる場合や、インターネット上のページで表示されるだけの場合などがあります。そして、どちらの場合についても「印刷して持参」「スマホ等で画面を見せればOK」「特に何もしなくてOK」といった指示がなされます。

周りの友人たちを見ていると、どうやら「そろそろ面接だから、そろそろ印刷しておこう」といった具合に、前日~1週間前くらいに印刷をする人が多いようでした。面接の当日にコンビニで焦って印刷したという話もよく聞きます。

対して僕は、どういう場合でも、予約票をゲットした直後に必ず印刷していました。それゆえ、当然ですが、予約票の印刷を忘れることは全くありませんでした。そして印刷した予約票については、全てを日付順に並べて1つのクリアファイルに入れていました。つまりは、このクリアファイルを見れば「次の就活のイベントは何か」がすぐ分かるわけです。

就活では、中には予約票のないイベントもあります。たとえばOB訪問。それについては、日程の書かれたメールを印刷したり、テキストで情報を自らまとめて印刷するなどして対応していました。

この方法を続けていたおかげで、「次の用事が何か」が常に分かる状態を続いていたため、時間に追われることは特に感じませんでした。そして勿論、予定を忘れる・遅刻することもありませんでした。

(2) A4のカレンダー
前述の印刷物だけだと、「再来週の予定」「A社の選考の予定」などについて調べることが非常に不便です。そこで、月間予定表などの、全体像が見れるものが必要になると思います。

多くの人は、マンスリー手帳や、スマホのカレンダーアプリを使っているようですが、僕はA4のカレンダーを使っていました。しかも市販のものではなく、自分で印刷したものです。「A4 カレンダー pdf」等で検索をすれば、無料で簡単に見つかります。それを直近2,3ヶ月分だけ印刷し、クリアファイルに入れ、持ち歩いていました。

手帳と違って紙なので結構ダサいのですが、メリットは2つあります。
・手帳を開く手間が省ける
・A4のマンスリーカレンダーは、手帳よりも大きいので情報が多く書ける
この2点が自身によってかなり大きかったので、手帳もスマホもやめて、紙にしてしまいました。

勿論、ダサいのが嫌だったり、手帳が好きという人は手帳を使い続けても良いと思います。ですが、僕のように気にしない人は紙にしちゃった方が楽かもしれません!

手帳派の方にも、僕と同じ紙派の型にもオススメしたい小技がひとつだけあります。それは、マンスリーカレンダーを携帯で撮影することです。予定を更新したら必ず撮影するようにします。そうしておけば、電車内でも、歩きながらでも、いつでも確認できるようになるため非常に便利です。既にしている人もいるとは思いますが、していない人は是非!

時間を有効活用する小技

これまでは、予定をどう管理するかについて紹介してきました。以降は、時間を有効活用する方法について紹介したいと思います。非常に単純ですが、「1日に何社も行く」だけです。

当然ですが、オフィスはオフィス街に集中しています。それなのに、せっかくその駅まで行ったのに1社だけで帰るのは勿体ない! 同業界のオフィスは近くにあることが多いので、積極的にハシゴしましょう。場所が近い会社の説明会は同日に参加しましょう。ちなみに僕は東京駅周辺で1日に5社ハシゴしたことがあります。同日に数社いくことは、移動時間の削減だけでなく、交通費やスーツを着る手間の削減にもなります。

「1日に何社も行く」のは大変に感じる人も多いと思いますが、代わりに「就活を何もしない日ができる」と考えれば良いかと思います!

アルバイトについて

時間の有効活用の観点からすれば、アルバイトは時間を取られるので、辞めた方が良いのは当然です。ですが、経済的な問題でやめられない人や、楽しくて続けたい人も多くいると思います。僕も訳あってアルバイトは続けていました。そこで、アルバイトと就活について、2つアドバイスをしたいと思います。


(1)一般的に、面接や説明会は「昼から夕方にかけて」多く開催されます。ですので、アルバイトをするのであれば、朝か夜がオススメ。いつも昼にアルバイトをしている人は、早いうちに対応した方が良いと思います。アルバイト先に相談したり、思い切ってやめたり。周りには、就活が終わったら復帰という人が多いようでした。

ちなみに、土日に選考が入ることは多々あります(たとえば某銀行は土曜日にしか面接を行わない!)。そのため、土日だから大丈夫だろうと考えている方は注意してください。


(2)面接の日程などは、急に入ることが結構あります。たとえば企業側が「この前の面接は合格となりましたので、明日の選考に来て下さい。来れない場合は、意思が無いものとして不合格にします。」などと言ってくる場合もあります(こんな会社は行かなくて良いと思いますが)。これは極端な例とはいえ、3日後に面接の予定が入る、などは本当によくあることです。

そこで、シフトに融通の利くアルバイトを強くおすすめします。たとえば
・模試の採点など、そもそもシフトという概念がないところ
・個人経営の小さな店など、本当に融通の利くところ
が挙げられます。もし、今のアルバイト先が「全く融通が利かない」のであれば、思い切ってやめることを勧めます。

僕の当時のスケジュール

後輩と話すと、必ず「1日のスケジュールを教えてください」と聞かれます。そこで参考までに、簡単にまとめてみます。極端な例にはなりますが、予定が最も詰まっていた時期のものを取り上げます。

05:30 起床
08:00-13:30 アルバイト(塾講師)
14:30-18:00 説明会 or 面接 or 大学の講義 or 研究室に行って勉強 etc
19:00-22:00 アルバイト(飲食店)
23:00 就寝

こんな感じの生活をしていました。ちなみにこれは、春期講習や夏期講習などのシーズンのものです。

まず塾講師について。長期休暇の間は、生徒の学校が休みのため、夏期講習などは朝から授業が行われます。一般的に、小学生は午前、中学生は昼、高校生は夜という塾が多いようです。そこで僕は、午後を就活に使えるよう、小学生だけ担当させてもらっていました。塾講師の場合、スーツをそもそも着ているので、就活にそのまま行けるためオススメです!

次に飲食店のアルバイトについて。個人経営の小さな店だったので、シフトの融通も効くし、日によって遅く入ったりすることもできました。小さい店だからこそ続けられたことだと思います。

最後に就活の時間の使い方ですが、14時~18時の使い方としては、だいたい2社行くようにしていました。前述の通り、1社だけだと交通費が勿体ないからです。

かなり特殊な例だとは思いますが、参考になれば幸いです!

おわりに

周りを見ると、時間について問題を抱えている人には2種類いました。
・時間が足りないせいで、志望企業の説明会やOB訪問等に、十分に行けていないような人
・時間に追われて精神的に余裕が持てていない人

僕のように100社うけたり、スケジュールをガチガチに詰める必要は全くないと思います。
ただ努力次第では、たくさん遊びながら就活できると思うし、就活中だろうと旅行にも行けると思いますよ!
良い機会だと思うので、自分の時間の使い方について考えてみてはいかがでしょうか。

photo by Martin Thomas

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
24,027枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録