unistyle

MENU

更新情報2017/10/25(水)内容を更新しました!

就職活動でも聞き上手がモテる!

12360 views

就職活動でも聞き上手がモテる!

最終更新日:2017年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、16卒で総合商社から内々定を頂いた中堅私大の学生です。
就職活動で最も大事なのは「面接」です。いくらESやWebテストの評価が高くても面接を成功させられなければ失敗します。ここで求められているのは「自分の想いや考えをどれだけ熱く面接官に伝えられるか」に尽きると思いますし、ここが弱いとどんなに学歴が高かろうが、どんなに凄い実績を持っていても落ちます。
こう話すと「うまく話せれば面接は通過するんじゃないか。」という声が聞こえそうですね。
しかし、私が就職活動を通じて一番大事な能力だなと感じたことは「聞く力」です。
今回は就職活動で使える「聞く力」について書きたいと思います。

 

そもそも「聞く力」は何故大事なのか。

2012年にテレビタックル等に出演されている阿川佐和子さんが書かれた「聞く力 心をひらく35のヒント」という本がヒットしました。ご存知の方も多いと思います。
ヒットした要因は幾つもあると思いますが、それだけ世の中の人々が「聞く力」の重要さに気付いたことが一番の要因ではないかと私は考えています。

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

そもそも人間は、自分の考えや意見を誰かに話したいという欲を持った生き物です。
よく、聞き上手はモテルと言われますがその所以はここにあると思います。
そしてこれは就職活動に置き換えても同じことが言えます。
就職活動で「聞く力」が求められる説明会とGD・面接について解説していきます。

 

説明会でこそ聞く力が重要!

説明会でこそ聞く力が最も効力を発揮されます。実際に説明会に参加してみると分かりますが、学生の90%以上は質問をしません。社員の方のプレゼンを聞いて帰るだけです。これは時間の無駄であり、ただ説明会に参加しただけで満足している典型的なダメ就活生です。
では、説明会で「聞く力」を活かすことで得られるメリットとは何なのでしょうか。

① 会社の雰囲気や風土、その場にいる社員のキャリアプラン等を具体的に聞ける
人事の方が皆さんの前でしているプレゼンには、はっきり言って良い事しか書かれていません。また、その内容は非常に簡潔にまとめられています。それで理解した気になっている人が多いなという印象があります。その会社の雰囲気や風土は説明会にいる社員達から感じとる事も可能ですが、やはり実際に話を聞いてみることで自分が合うか合わないかの判断が初めてできると思います。また、この会社に入ったらどんなキャリアを描けるのかは人それぞれなので、聞いてみる事でイメージもしやすくなります。


② OB訪問に繋げられる
必ず成功するとは言えませんが、私は周りにOBがいないけど興味のある会社の説明会に参加した際には必ず連絡先を教えて頂けるかを聞いていました。特に合同説明会での成功率はかなり高かったです。実際に私は、外資系コンサル、外資系メーカー、日系超大手のメーカーの方から名刺を頂く事ができ、後日お会いしてお話を伺うことができました。

説明会では、社員の方に自分が気になる事を恥ずかしがらずに素直に聞くことをおすすめします。それは、後にESを書く時や面接で必ず活かされます。

 

GD、面接でも聞く力が活かされる

−GD
企業によって見ているポイントが異なるみたいなので一概には言えませんが、このGDでも「聞く力」は活かされると思います。まず、最初の数分間は皆で意見を出し合い、その後に意見をまとめる作業になるのですが、6人もいればあまり話さない人、自分の意見だけを主張する人等たくさんいます(笑)これは議論でありますが、チームで結論を導きだせたかも大きな評価ポイントになります。
ですので、まずはメンバーの意見を聞く、あまり話していな人に話を振るようにして議論が上手く進むようにします。その後、皆の意見を聞き出した上で自分の意見を上乗せして発言をすると納得を得られ易いです。自分の意見を強く主張するのではなく、メンバーの話を聞いた上で自分の意見を伝えましょう。

−面接
面接では逆質問というものがあり、これが占めるウエイトは多い気がします。実際に大手メーカー、メガバンク、総合商社の面接では必ず逆質問がありました。ネット上で逆質問リストみたいなものもあり、参考にはなりますが、かなり多くの就活生と被ると思います。ここで鋭い質問をすることで印象に残せる可能性もあるので大事にしましょう。

私は有価証券報告書を読みその企業の強みや弱み、伸ばそうとしている事業を調べておきそれについて質問するようにしていました。IR情報を読んでそれを逆質問やES記載時に活かすだけでも大きな差別化になります。
「お、この学生はウチの会社のことを良く調べて来ているな。本当にウチに興味があるんだな」と逆質問で思ってもらえるとポイントは上がると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「話す力」も大事ですが、「聞く力」を極めるだけでこれだけのメリットがあります。OB訪問や説明会での質問を繰り返し行うことができた後は「自分は何故この質問をしたのだろう」と考えてみて下さい。質問をする側の気持ち=面接官の気持ちです。
聞き手側の考えを理解するのも面接攻略の1つだと思うので是非試してみて下さい。

photo by Martin Thomas

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,949枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録