unistyle

MENU

更新情報2017/12/08(金)内容を更新しました!

20年目のメーカー社員と苦戦しながらやり取りするメタルワンで働く社員にOB訪問した

20年目のメーカー社員と苦戦しながらやり取りするメタルワンで働く社員にOB訪問した

最終更新日:2017年12月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。16卒の学生です。
先日、メタルワンで働く方にOB訪問をしてきました。
商社は、やっていることが多岐に渡り、事業投資やトレーディングといったようにビジネスモデルも多岐に渡ります。実際にどのようなことをしているのか、イメージ出来ていない学生も多いと思います。
そこで、実際に商社で働いてる社員さんにお話を聞いてきました。

OB訪問をさせて頂いた方:メタルワン社員(4年目・男性)

新日鐵住金と三菱電機の間に入り、所謂トレーディングの仕事をしているそうです。
具体的には、新日鐵住金から鉄を買い取り、加工して、三菱電機に売るのが基本業務だそうです。

信頼関係は何より大事

仕事で一番大切なことは、他社の関係者と信頼関係を築くことだそうです。
OB訪問をさせて頂いた方も、他社の方と信頼関係を築くことに非常に苦労したそうです。

【仕事でのエピソード】

取引相手である新日鐵住金の窓口の方は、鉄に20年くらい関わっているベテラン社員さんである。
そのような方に、若手の自分が普通に営業に行っても相手にされなかった。その為、相手から信頼されるように、とにかく鉄の勉強をし続けた。そして、「三菱電機の鉄のことは全て知っている」という状態まで鉄に関して勉強し続けた。新日鐵住金のベテラン社員さんからの三菱電機の鉄に関する何気ない会話や質問に対して、的確なアドバイスや返答が出来るようになった。そして、いつの間にか新日鐵住金のベテラン社員さんから、頼りにされる存在となっていった。

よく商社では、信頼関係構築が大事だと言われるが故に
ESや面接でも、「信頼関係を構築することが強みです」とアピールする人は多いと思います。
信頼関係を構築するには、どうすれば良いのかという「方法論」は上記の方のように、しっかり考えていくことで説得力も増すと思います。

仕事の責任感は大きい

メタルワンは少数精鋭が故に、一人で新日鐵住金と三菱電機の間に入り仕事をしているそうです。
一人に求められることは大きい上に、責任感も大きいそうです。

【仕事でのエピソード】
新日鐵住金から買い取った鉄を、様々な形や大きさに変えて三菱電機に納入しないといけない。一回の納入量は何十トンにもなり、種類もバラバラである。自分のミスで、必要な量が正確に三菱電機に納入されないと、三菱電機の生産ラインを止めてしまうことになる。生産ラインを止めると何億もの損害に繋がるだけでなく、信頼も当然失う。メタルワンを代表しているので、自分一人のミスでメタルワン全体の信用を落とすことにもなる。

商社では信頼関係が非常に重要なのだと改めて感じました。また、自分のミスで相手から信頼を失うだけでなく、会社全体にも迷惑をかけてしまうのだと改めて感じました。

将来の夢

現在は、歴代の先輩たちが創ってくれた仕組み(新日鐵住金と三菱電機の間のトレーディング)に自分が入って仕事をしているだけなので、将来的には、自分でオリジナルの仕組みを創りたいそうです。そして結果的に、世界レベルに影響を与えるのが夢だと仰っていました。

現在の国内での経験は、夢を実現する為のステップであり、一番大事な時期。周りの誰よりも勉強をし、知識・情報・経験を身につけることを毎日意識しているそうです。

まとめ

商社を憧れやかっこよさから志望する人は非常に多いと思いますが、実際の仕事は地味で大変なものばかりだそうです。
さらに、仕事での小さなミスが会社全体に損害を与えるようなことも多々あるので、
商社に入りたいと考えているのなら、「商社で何がしたいのか」といったような目的をしっかり考えた上で志望するべきだと思いました。

photo by Julien Belli

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録