電通総研(旧電通国際情報サービス/ISID)

【電通グループ】IdeaとCreativityを併せ持つ国内屈指のSIer「電通国際情報サービス」|24卒本選考

  • 24卒
  • 本選考
  • WEB
締切 23/03/31 17:00

最終更新日:2023年03月16日

 

電通国際情報サービス(以下:ISID)」が24卒本選考を開催します。

ISIDは1975年、広告会社の電通と米国屈指の複合企業であるGeneral Electric Company(GE)との合弁により設立されたシステムインテグレーターです。

日本の金融機関や製造業など、2,500社を超えるクライアントに対し、直接提案・取引を行うプライム・コントラクターとして、設立以来培ってきた圧倒的な業務知識と先端のテクノロジーを駆使し、業務アプリケーションからITインフラまで顧客に最適なソリューションを提供しています。

早期内定にも繋がるご案内となりますので、IT・コンサルティング業界を志望する方はぜひ本選考に参加してみてください。

ISIDにしかできないオリジナルのソリューションを実現

電通グループとしての強力な事業基盤を持っており、ITシステムの開発や導入などの技術面での支援に留まらず、ブランディングの形成やマーケティング戦略の立案などを含めた、ISIDにしかできないソリューションを実現させています。

そのような同社では、エンジニアもビジネスサイドとともに最前線に立ちながら、上流から下流まで一気通貫で課題解決に携わっています。業界平均で10年かかるといわれているプロジェクトマネージャー就任を3年で実現させた事例もあるように、若手のうちから裁量をもって経験を積める環境が用意されています。

ITコンサルに関心がある学生は、システム導入に留まらないオリジナリティ溢れるソリューションを提供する同社の選考を受けてみてはいかがでしょうか。

本選考 開催概要

■応募方法・今後の流れ
ページ下部のお申し込みフォームより、マイページのご登録をお願いいたします。
マイページ上にて、エントリーシートのご提出が可能です。
■書類選考課題提出期間
2023年3月16日(木)~2023年5月22日(月)17:00まで

※既にISIDのマイページ登録がお済みの方は、マイページ上から本選考の案内についてご確認ください。

■募集職種
総合職

■選考フロー
書類選考→1次面接(web)→2次面接(web)→最終面接(web)→内々定

■備考
・配属については、入社後の新入社員研修中、ISIDのビジネス・業務内容に対する理解が深まったタイミングで1人1人の将来のビジョンをヒアリングし、職務適性と併せて総合的に決定しています。
・「職種の内容」などについては、マイページ上の【Message Box】でご確認ください。

ES・選考レポート 10件

エントリーシート(総合職) 電通総研(旧電通国際情報サービス/ISID) 2024卒 女性 Q ISIDでどのような仕事をしてみたいですか?役割についても具体的に記述してください。(600字以内)
A 営業職として、お客様の成長を最前線でサポートし、製造業のDX化を進めたい。まず、「製造業のDX化」を進めたいと思った理由として、アルバイト先の○○で、社員の方々の業務内容について目の当たりにしたことが大きい。店舗の在庫を把握し正確な数を発注する必要があるため、毎週日曜日営業時間終了後、店舗のありとあらゆるモノを一から手作業で数えなければいけない。その作業はもちろん朝までかかり、次の日も昼から出勤となると睡眠時間も十分に取れず、辞めてしまった社員の方々を何人も目の当たりにした。製造業こそ、IT化がまだまだ浸透していないと感じ、どうにか改善したいと感じたからだ。次に、役割として「営業職」を志望する理由は二点ある。一点目は、モチベーションの源泉である「他者貢献」と「成果を出す」の両方を含んでいるからだ。「他者貢献」は、○〇での○○の経験から、自分の指導で他者が成長していく姿を見て、面白さを感じたからだ。一方の「成果を出す」は、営業は自分の頑張りが可視化され、やりがいに繋がると考えた。二点目は、私の強みである「周りを巻き込む力」が活かせると思ったからだ。以上から貴社の営業となった暁には、顧客の課題解決に貢献するだけでなく、貴社の「創造力」という強みを活かした、お客様と共に新たな事業創造にも尽力していきたい。
2
エントリーシート(技術職) 電通総研(旧電通国際情報サービス/ISID) 2023卒 男性 Q ISIDでどのような仕事をしてみたいですか?役割についても具体的に記述してください。(600字以内)
A 私は、貴社で企業の業務効率化を行い、社会の生産性を向上させたい。これは、私が効率化が好きなこと、そして自分だけでなく社会全体へも効率化を行いたい想いから考えついた。そこで、手段としては幅広い業務の生産性向上ができるITを活用したく、金融・製造業に関わりたい。これは、お金という人々の当たり前に関われる社会貢献性の高さから興味を持ったためだ。また、工場で働く友人がいることや授業で町工場と触れた経験から、製造業の抱える課題に関心を持った。そのため、金融と製造業の事業部が存在し価値提供を行う貴社に興味を持った。職種としてはSEを志望している。それは、直接システム開発に携われる職種であるためだ。私は、HTML・CSSを独学で触れた経験からプログラミングによるモノづくりの面白さを感じた。また、お客様に最適なシステムを提供を行うためには、自分自身がシステムについて知っておくことが大切と考えている。そのため、実際の開発現場を経験し、システムについての理解を更に深められるSE職に魅力を感じている。そして、将来的にはプロジェクトマネージャーとなりたい。これは、チーム全体をマネジメントすることに面白さ・やりがいを感じているためだ。具体的には、ゼミや町工場の活動でチームが前に進むために行動し、結果が出たことだ。そのため、エンジニアとしてキャリアを重ねていく上でもチーム全体に影響を及ぼせるプロジェクトマネージャーになりたい。
0

就活テクニック 0 件

現在ES掲載数

77,053

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録