unistyle

MENU

更新情報2018/07/17(火)内容を更新しました!

双日のインターンシップES(エントリーシート)回答ガイド【2020卒向け】

2204 views

    双日のインターンシップES(エントリーシート)回答ガイド【2020卒向け】

    掲載開始日:2018年07月17日
    最終更新日:2018年07月17日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    立場の異なる人や企業を結びつけることで、新しいビジネスの仕組みを作り出す総合商社は、就活生の間で人気を集める業界の1つです。

    7大商社の1つである双日は、2004年にニチメンと日商岩井の合併により設立された企業です。他の商社に比べて少数精鋭であるため、若手のうちから現場に足を運ぶ機会、裁量ある仕事に取り組む機会が豊富にあります。

    双日では例年、学生の業務・企業理解を目的とした1dayインターンシップと、選考に直結する5daysインターンシップの2つのインターンシップを開催しています。今回は、19卒で用いられたESを参考にしながら、20卒向けの1dayインターンのESで書くべき内容についてご紹介しています。

    双日の求める人材像について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

    双日 インターンシップES設問

    ◆自己PRを自由に記載して下さい。(200字~400字)
    ◆あなたらしさを表す写真について説明を記載して下さい。 (100文字以下)

    1dayインターンシップについては選考に面接はなく、ESの内容のみで判断されます。

    5daysインターンシップよりも倍率は低いと思われますが、それでも多くの学生が応募するため、入念に準備をしておきましょう。

    設問1:自己PRを自由に記載して下さい。

    ◆自己PRを自由に記載して下さい。(200字~400字)

    設問の意図

    学生の大切にしている価値観・人となりを把握する意図があるものと思われます。また、その理由となる経験を尋ねることを通じて、その経験に再現性があるか=自社でも活躍できるかを見極めようとしていることが覗えます。

    ここで注意すべきなのは、「学チカ」と「自己PR」の違いです。

    「学チカ」は1つのエピソードを詳しく説明することで強みをアピールするものに対し、「自己PR」は複数のエピソードを絡めてあなたの強みをアピールするものです。

    字数の制限されたESでは複数のエピソードを載せることが難しいこともあると思いますが、両者の違いを意識しておくと良いでしょう。

    意図を踏まえた回答方針

    こういった自分の素質をアピールするタイプの設問の場合、基本的には企業が求める人材像を踏まえて考える必要があります。双日の採用ホームページでは、藤本社長が以下のように述べています。

    世界はいま、経験したことのないスピードで変化しています。この変化には、既存の価値観やビジネスだけで対応することはできません。それどころか現状に甘んじていると企業としての存在意義もいずれなくなってしまうでしょう。双日には、世界各地の社会課題を解決し、豊かな未来を築いていくという、強く壮大なビジョンがあります。これを実現するためにも、常識を覆すことを恐れず新たな価値と機能を創出していくことが求められます。価値創造の源泉は、間違いなく人材です。自分で限界を決めない人、また壁を乗り越えるために挑戦と失敗を続けられる人材こそ、双日のビジネスを通じて、世界の未来を築くことができると信じています。

    引用:双日採用情報サイト 採用メッセージ

    上記のメッセージから、双日では「自分で限界を決めない人」「壁を乗り越えるために挑戦と失敗を続けられる人」を求めていることが窺えます。新しいことに積極的に取り組む挑戦心や、困難を乗り越える粘り強さをアピールすることが出来れば良いでしょう。

    また、自己PRの構成を考える上では以下のフレームワークを参照にしてみてください。

    ①あなたの強み
    ②強みが形成されたきっかけ
    ③強みを表す具体的エピソード(複数)
    ④強みを発揮するために意識していること
    ⑤強みを入社後にどう活かすか


    参考:自己PRのエントリーシート|2つのステップで「強み」を伝える

    合格者の回答

    私には胆力と強い精神力がある。靴のセレクトショップのアルバイトで、月間個人売上•••万円と目標を設定、挑戦し、達成した際は非常に大きなやりがいがあった。それと同時に、目標へ向かってやり抜く精神力を得た。働き始めた当初は靴という商材に対する理解が薄いため、販売に苦労し、店長の指導は何度も受けた。だが設定した目標はどうしても達成しなければならないという責任を感じた。そこで各メーカーの特徴と長所短所を掴み、各商品のセールスポイントを分析した。大型連休を含む今年•月には月間店舗売上目標••••万円を達成。そして私個人としても•••万円の売上を記録、ついに目標を達成した。今では更に上の数字を目指し取り組んでいる。また、こうした専門性が高い経験を積むことによって扱う商材に対する強い情熱と探究心を発見した。私は組織に貢献したこの経験を誇りに思っている。

    参考:双日 【合格】インターンエントリーシート(総合職)

    セレクトショプでのアルバイト経験を通じて、自らに新しい目標を課す挑戦心・目標の達成に向けて取り組む粘り強さをアピールすることができています。また、目標の達成に取り組んだエピソードでも結果を出すまでの方法論が書かれており、内容に説得力があります。

    このままでも内容としては十分ですが、「強みが形成されたきっかけとなる経験」や「強みの入社後の活かし方」について言及できれば尚良いでしょう。

    また、ここではガクチカではなく自己PRが求められているため、1つのエピソードからではなく、複数のエピソードから強みについて多角的に説明できればより良いです。

    設問2:あなたらしさを表す写真について説明を記載して下さい。

    ◆あなたらしさを表す写真について説明を記載して下さい。 (100文字以下)

    設問の意図

    エントリー時に提出する本人確認を目的とした証明写真とは別に、文章だけでは伝わらない応募者の姿を知りたいという意図が考えられます。

    意図を踏まえた回答方針

    企業が求めているものは「あなたらしさ」です。

    企業は日頃のあなたの様子を窺いたいと考えられるため、これまでに自分が力を入れてきた活動の中での「ありのままの姿」を載せれば良いでしょう。

    とはいえ、あまりにだらしない格好や髪型、表情はNGです。「相手からどう見られるか」という意識を持って写真を選びましょう。

    そして、撮った写真から読み取れる情景やあなたの人物像を把握してもらうように意識しましょう。

    また、背景に車のナンバーや家の表札などが写り込んでいる場合も、個人情報保護の観点から使わないようにしましょう。どうしてもナンバーや表札などが写った写真が使いたい場合は、わからないように加工するという心配りをしておくと良い印象を与えられます。

    説明では写真だけでは分からないエピソードを伝えるために、「写真撮影時の状況」「活動に対するこだわり」などを説明すると良いでしょう。

    合格者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は23800枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    最後に

    双日のインターンのESの設問は非常にオーソドックスな内容であるために、業界研究・企業研究をせずとも書けると思います。

    しかし、「総合商社の働き方」「双日の求める人材像」を考えた上で回答を考えることで、ESの通過率を上げることができるのではないでしょうか。

    unistyleでは双日の過去のESを多く扱っているので以下も参考にしてみて下さい。

    ◆unistyleに掲載している双日のインターンES・選考レポートはこちら
    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    23,800枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録