unistyle

MENU

更新情報2021/01/05(火)内容を更新しました!

伊藤忠丸紅鉄鋼のES対策!求める人材を理解して採用レベルの自己PR・ガクチカへ

伊藤忠丸紅鉄鋼のES対策!求める人材を理解して採用レベルの自己PR・ガクチカへ

最終更新日:2021年01月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊藤忠丸紅鉄鋼の本選考ES一覧はこちら

鉄鋼部門のみの総合商社ということもあり、総合商社と比較して採用人数は決して多くありません。

とはいえ、『就職四季報』シリーズの旗印「総合版」の平均年収ランキングでは上位につけ、総合職のみの平均年収は1332万円と、総合商社と比較しても遜色ない程の年収の高さです。では、鉄鋼総合商社とはどのような仕事をするのでしょうか。

伊藤忠丸紅鉄鋼での働き方

商社の冠が入っている鉄鋼会社でどのような仕事をするのか、採用HPから考察してみましょう。

「鉄鋼メーカーから鉄板やパイプなどの鉄鋼製品を仕入れ、鉄を素材にして製品を作る企業に販売する」といった、とてもシンプルなビジネスモデルを思い浮かべると思います。

 

確かに、このビジネスモデルは鉄鋼を扱う全ての商社に当てはまりますが、そこに終始してしまっては単なる鉄鋼専門商社です。MISIは鉄鋼専門商社ではなく、鉄鋼をメインで取り扱う総合商社。

 

つまり“鉄鋼総合商社”です。世界各地に拠点を持つ情報機能、大型ビジネスを遂行するための金融機能、多様な関係者をまとめる組織機能、国内外に流通網を持つ物流機能、投資を行い新規事業を展開する事業展開機能といった様々な機能を駆使して、地球規模で顧客のニーズに応えているのです。

引用:伊藤忠丸紅鉄鋼 採用HP 

企業に伝えるべき5つの強みと採用ページを照らし合わせてこれを考えると、

①鉄鋼メーカーや鉄を素材とする製品を作るメーカーの人間など価値観や立場の異なる関係者と信頼関係を築き、自ら主体的に彼らの課題や潜在的なニーズを見つけ出し、解決へ導くことのできる人材

②海外の人材も含む、価値観・バックグラウンドの異なる人と組むチームの中で、他者の意見を受け入れつつ、リーダーシップを発揮して周囲の人と目標を共有し、達成することのできる人材

③周囲の協力を得ながら、新たなビジネスの枠組みを作ることのできる人材

④チームで成果を挙げるために、自分の意見を持ち粘り強く考え抜くことのできる人材

が求められていると考えられます。 

ES設問に関して

1. 学業以外の活動(部、サークル、アルバイト、ボランティア等)(全角150文字以内)

2. 人生における最大の’挑戦’とそこから具体的に学んだこと(全角300文字以内)

3. 今までの経験の中で発揮された、もしくは培われたあなたの「○○力」を教えてください。(全角300文字以内)※「○○力」とは、あなたの強み・個性・特長・魅力を意味します。

《1問目に関して》

1. 学業以外の活動(部、サークル、アルバイト、ボランティア等)

設問2および設問3で具体的に自己PRする部分があるため、ここでは学業以外の活動について複数あげるのがよいかもしれません。部活、サークル、アルバイト、ボランティアだけでなく、学生団体の活動であったり、インターンシップなど学生時代の経験について文字数の範囲内でできるだけ伝えるようにしましょう。

《2問目に関して》

2. 人生における最大の’挑戦’とそこから具体的に学んだこと

この質問では、自分が得た学びに関して述べた後、その学びを具体的にどのような挑戦から得ることができたのかを説明することが望まれます。学びを述べる際、企業が求めている資質に合致するようなものとそれに関連するエピソードを述べると良いでしょう。

【ガクチカの書き方を解説】6つのポイントで魅力的なES作成を」や以下の動画を参考に、鉄鋼総合商社というフィールドで自分が活躍する場面を思い描き、どの局面で学びが活かされるか具体的に述べるとなお良いでしょう。

具体的には、仲間と協力して新規事業に取り組む能力という資質を伝えたいのであれば、学びとして、「周囲の協力を得る上では〜〜することが大事だと学んだ、仕事においてもこの考えを大事にしたい」といった流れにすると伝わりやすいでしょう。

また、単純に、「協力する重要性を学んだ」といった気付きのレベルではなく、周囲と協力する上で重要なことといった方法論に落としこむのが重要です。

参考:【ES例文付】他の就活生と差がつく!ガクチカから学んだことの書き方
→「学び」を述べる上での評価項目と具体的な解答例を提示します。

《3問目に関して》

3. 今までの経験の中で発揮された、もしくは培われたあなたの「○○力」を教えてください。

2問目と同様に、企業の求める人材像と照らし合わせて自らの経験を述べるとよいでしょう。2つめの設問と同様の能力を伝えるのか、それとも別の切り口からアピールするかは考えどころでしょう。

例えばふたつ目の設問でリーダーシップを伝え、ここでも「統率力」や「惹きつける力」などリーダーシップを伝えるものにすると一貫性を伝えることができます。

一方で、それ以外のアピールはないのかと思われるリスクもあります。逆もまたしかりです。企業が求める人材に照らし合わせて経験を伝えるという基本をおさえながら、どの力を伝えるのがよいかはよく考えましょう。

基本的な書き方に関しては、以下の動画で解説をしているので、参考にしてみてください。

最後に

五大総合商社に含まれる2社の鉄鋼部門が分離統合した企業であるので、その事業規模から考えて非常に人気の高い企業と言えるでしょう。

配属リスクが低く、鉄に関わる幅広い分野の仕事に携わるので総合商社志望の学生や鉄鋼メーカー志望の学生も多くエントリーすることが予想されます。

ESの内容、面接での質問ともにオーソドックスな内容ですが、だからこそ本人の考えの深さと企業に対する理解が問われるといえますので、この記事および採用HPをしっかり読み込んだ上で対策していただければ幸いです。

伊藤忠丸紅鉄鋼の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

photo by Martin Thomas

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,290枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録