unistyle

MENU

更新情報2018/07/12(木)内容を更新しました!

日本生命の内定者ES解説!選考通過のエントリーシートの共通項

9947 views

    日本生命の内定者ES解説!選考通過のエントリーシートの共通項

    掲載開始日:2014年10月20日
    最終更新日:2018年07月12日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本生命の本選考ES一覧はこちら
    前回の解説では、同じ金融とは言っても銀行・証券と生損保では大きく働き方が異なるということを説明しました。

    自らプレーヤーとなる銀行・証券に対して、自らは保険販売員のサポートを行う生保では、求められる人材も大きく異なり、銀行・証券の人材がガツガツしたプレーヤー型であるのに対して、生保の社員というのはどちらかというとサポータータイプの人が多いように実際の内定者や社会人を見ても感じます。

    今回も通過者のエントリーシートから選考通過するエントリーシートの共通項を解説したいと思います。
    なお、今回はアルバイトでの売上向上施策を実施した通過者のエントリーシートを解説します。
    日本生命の本選考ES・レポート及びインターンES・レポートを掲載しています。
    日本生命のエントリーシート一覧

    一つ目の設問

    自分自身が最も力を入れて取り組んだことについて簡潔に入力ください (50 文字以内)

    非チェーンの社会人・年配向けの創作料理屋でのアルバイトにおいて、低迷する売り上げの向上を試みた。
    最も力を入れて取り組んだことについて具体的に自身の行動を交え記入ください (500 文字以内)

    幼少時からサッカーを続けるなど同年代同タイプの人間のみの組織での取り組みを数多く経験してきた一方で、様々な年代・境遇の人がいる組織での取り組み経験に乏しいと感じこれに取り組んだ。マニュアルの必要性、スタッフの低い意識が課題だと感じたが、まずは自身の発言・行動に説得力を持たせるために一つの仕事を地道に丁寧にやり続け、周囲の信頼を獲得した。その後、業務効率化・サービスの質向上のための仕組みを作るための具体的な提案とその実行、そして自己の考えの積極的発信を続けることで、社員までもの意識が変わっていき、店全体として活発に意見し合い向上していく雰囲気が出来上がった。最終的にはワンマン経営者に対して提案できるまでとなった。三者(バイト・社員・経営者)を巻き込んだこの取り組みは、最終的には自分達の提案による新ビール導入も功を奏し、8月としては開店以来の売り上げを記録した。この経験から、周囲と一緒になって目標を達成するには①地道な取り組みによる信頼獲得②目標達成のための具体策の提案とその実行③積極的なコミュニケーションが重要であり、これはどのような立場境遇の人との取組みであろうと変わらないと学んだ。
    非常によい経験をしていると思います。実際にバイト、社員、経営者の三者を自らの提案から動かしたことは評価できます。マニュアル作成など店内の効率化による売上アップの取り組みは、まさに生命保険の支社で行われている営業販売員のサポート業務に繋がるものでしょう。
    この通過者は学びのレベルも高く、「周囲と一緒になって目標を達成するには①地道な取り組みによる信頼獲得②目標達成のための具体策の提案とその実行③積極的なコミュニケーションが重要であり、これはどのような立場境遇の人との取組みであろうと変わらない」と社会に出ても通じる学びをしている点が評価できるでしょう。
    こういった仕事でも通じる学びを話せるかどうかは面接においても非常に重要です。学びを考える際にも、前回の解説のように志望業界の働き方を考え、その働き方の上で有効な考え方はどういったものかを考えると効率がよいでしょう。もちろん、実際に考えたものを社会人に添削を受けるのは重要なので必ず提出前に添削を受けるようにしましょう。

    二つ目の設問

    自分の能力を活かして、特に取り組みたい分野・仕事について、簡潔に入力ください( 50 文字以内)

    まずはリーテイル営業において営業の最前線で働いたのち、商品開発に携わりたい。
    自分の能力を活かして、特に取り組みたい分野仕事について具体的に入力ください (300 文字以内)

    俯瞰的な立場に立ち、営業職員や営業総合職の社員と一緒になって、売上向上につながるあらゆる策を考え・実行していく必要があるリーテイル営業こそが、今まで私が取り組んできたことの延長にあり、私の強みを最も生かせると考え、リーテイル営業を志望している。そして、営業の最前線においてお客様に求められる保険はどんなものかなどを学び・感じたのち、現場・お客様の声を反映した商品をつくり、最終的には私がつくった保険を広めることで社会全体に価値を提供していきたい。商品開発においても、リーテイル営業同様、様々な部署と連携し、自己の知識・アイディアを商品に反映することが求められるため、私のやりたいことに合致している。 
    上記に書いた通り、居酒屋における売上アップの取り組みはこの通過者が書いている通り、保険でのリーテイル営業での取り組みに直接繋がるものです。

    学生時代の経験から志望動機まで合致しているため、説得力が高いと言えます。

    三つ目の設問

    上記設問の中で伝えきれなかったことで、あなたが日本生命にアピールしておきたいことを入力ください (300字以内)

    物事に真摯に・地道に取り組めることが最大の長所である。この長所があったからこそ、多くのチーム・組織で周囲から認められ、自分なりに考えた提案を実行する際の協力も得ることができた。また、幼少時からサッカーをやっていたため、活発で誰とでも仲良くできる性格である。一方で、負けず嫌いであるがゆえに、今まではどこか自分本位になってしまうこともあったが、小中高とサッカーを続けるなかで、個人の力の限界に気づき、自分がチームの一員としてなにができるのかを考えるようになった。現在ではどの組織においても、自分の人柄と物事に取り組む姿勢から得た信頼・協力をもとに、先頭にたって組織をよりよくすることに努めている。(297)

    前回の解説で説明した通り、上記の学生時代の取り組みで、周囲との関係を説明したのであれば、ここでは個人で努力ができるということを伝えるのもありです。

    この通過者も物事に真摯かつ地道に取り組むことができるからこそ周囲から認められ、協力を得ることができたと語っており、この繋がりは非常に大事です。

    仕事においても個人で頑張れなければ周囲から協力してもらうこともできません。この通過者のようにしっかりと個人としても地道に取り組むことができるということを伝えるのは非常に大事なことです。

    最後に

    周囲との関係構築が重要と何度もこの企業別選考対策では書いていますが、周囲との関係構築以前に自分自身に強みがあることは重要なことでしょう。

    今回の内定者の経験は、どこにでもいる普通の大学生の経験だと言えます。ぜひ自分自身に当てはめてどういった経験を伝えるのがよいのか考えてみてください。
    参考:日本生命の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

    unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
    ・公式Twitterアカウント
    ・公式Facebookアカウント

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    35,876枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録