unistyle

MENU

更新情報2022/02/24(木)内容を更新しました!

【回答例3選】面接で「学生と社会人の違いは何か」と聞かれた時の答え方

【回答例3選】面接で「学生と社会人の違いは何か」と聞かれた時の答え方

最終更新日:2022年02月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「学生と社会人の違いを聞くのは、どのような意図があるのだろうか?」

「学生と社会人の違いを聞かれた時の答え方のコツって何かある?」

上記のような悩みや疑問を持っている就活生は少なくないと思います。

そこで本記事では、そんな悩み・疑問を抱いている就活生に向け、「学生と社会人の違いは何か」という質問をする意図や答え方、回答例などを解説していきます。

「学生と社会人の違い」とは

学生と社会人の違い

そもそも、学生と社会人の違いとはどのような部分なのでしょうか。面接で明確な回答をするためには、自身で違いを理解しておく必要があります。

「学生と社会人の違い」はいくつか存在するとは思いますが、ここでは主に三つの要素から解説していきます。

  • 立場と責任の大きさ
  • 時間の管理
  • 人間関係の構築

学生と社会人の違い(1)立場と責任の大きさ

まず、学生と社会人の大きな違いは立場です。

学生はお金を払い、講義や試験を通じて知識を得ますが、社会人はそれまで培ってきた知識をもとに、今度はお金を稼いだり社会に貢献します。

お金を払い何かを提供してもらう学生と、何かを提供することでお金を貰う社会人の立場の違いといえるでしょう。

また、目的意識だけでなく責任の重さも異なってきます。例えば、学生のうちは遅刻をしても謝れば許されることがほとんどですが、社会人になると所属する企業や取引先にまで迷惑がかかります。

「立場」が違うがゆえに、伴う責任の大きさも変わってくるのです。

学生と社会人の違い(2)時間の管理

社会人に比べ、学生には自由に使える時間が多いという違いがあります。学生は決められた授業の時間以外は自由にスケジュールを組むことができ、遊びに行くのもバイトをするのも自由に決められます。

社会人になると、プライベートの時間を確保することは学生より難しくなるでしょう。

社会人は一日のほとんどを仕事に費やします。定められた時間の中で仕事をこなし、時には突発的な仕事や複数の仕事を任されるため、プライベートな時間の確保だけでなく時間管理そのものが難しくなるのです。

学生と社会人の違い(3)人間関係の構築

人間関係においても学生と社会人では違いがあります。

学生時代には年齢や価値観が近く、気の合う友人と過ごす時間が多いと思います。一人の時間が好きな人は、無理に人と接する必要もなかったでしょう。

しかし、社会人になると学生のように自ら人間関係を選択することが難しくなります。

配属や転勤により自動的にコミュニティが決められ、取引先の方とも気が合うかは分かりません。

年齢や価値観の異なる人と関係を構築しながら結果を出すために、学生とは異なる人付き合いが求められます。

面接で「学生と社会人の違い」を聞く意図

学生と社会人の違いを聞く意図

「学生と社会人の違い」に上手に答えるためには、質問の意図を理解しておくことが大切です。

面接での質問には必ず意図があります。高評価を得るためにも、なぜ聞かれるのか、どんな点が見られ、何が評価されているのかを知っておくと良いでしょう。

ここでは、「学生と社会人の違い」を聞く三つの意図を解説します。

  • 社会人としての意識や自覚を確認するため
  • 仕事に対する価値観を知るため
  • 仕事への意欲を確認するため

社会人としての意識や自覚を確認するため

企業側は「学生と社会人の違い」を質問し、就活生が社会人としての意識や自覚を持っているのか確認しています。

アルバイトや学生気分のまま入社してきた社員に、良い印象は抱かないでしょう。

就活生のうちから、社会人になる意識や自覚をどれ程備えているか確認し、入社後に活躍できる人材かを評価していると考えられます。

そのため、学生と社会人の違いを理解し明確な回答ができれば、社会人になる上での意識の高さを示すことができるでしょう。

仕事に対する価値観を知るため

企業は学生と社会人の違いに対する回答を通じ、仕事への価値観を知ろうとしています。

学生の本分は勉強ですが社会人の本分は仕事です。社会人が最も時間を費やす仕事に対する考え方を通じ、企業との相性を確かめています。

とにかく利益を追い求めるのか、社会貢献度を重視するかなど、就活生と企業のマッチ度を測るために「仕事に対する価値観」を重要視しているのです。

仕事の価値観は人によって違うので、どのようなものでも間違いはありません。しかし、就活においては企業の価値観と一致させてアピールすることが重要でしょう。

仕事への意欲を確認するため

学生と社会人の違いに対し、明確な答えを持てているかどうかで仕事への意欲も見られています。

企業は仕事への意欲が高い人材を採用したいと考えています。特に新卒採用はポテンシャル重視で採用されることが多いため、就職後の成長意欲は重視されるでしょう。

そのため、学生と社会人の違いを明確に述べ、働くことに対する意欲の高さを示すことが大切です。

面接での「学生と社会人の違い」の答え方

学生と社会人の違いの答え方

学生と社会人の違いを理解することはできましたが、面接で答える際、どのように答えたら良いのでしょうか。

面接で「学生と社会人の違い」を明確に答えるために押さえるべき三つのポイントを解説します。

  • 異なる点を明確に述べる
  • 違いを理解した上で社会人に向けてどのように行動するか述べる
  • 自分の性格や経験を交えて伝える

異なる点を明確に述べる

学生と社会人の違いを上手に答えるには、どの部分がどのように違うかを明確にする必要があります。

自身が明確に理解していることで、きちんと自分の考えを持っていることを伝えやすくなります。

反対に明確な違いが述べられないと、仕事への意欲が低いのでは、といった不安を与えかねないので注意が必要です。

自分なりの考えを持っていることを伝えるためにも、「学生と社会人では責任の大きさに違いがあります。学生は失敗の影響が自分にしか及びませんが、社会人は会社にまで及びます。」といったように、学生と社会人のどの部分がどのように異なるかは明確にしておくべきです。

違いを理解した上で社会人に向けてどのように行動するか述べる

学生と社会人の違いを述べるだけでなく、違いを踏まえたうえで自分がどのように行動するかを伝えることも重要です。

学生と社会人の違いを質問する面接官の意図として、価値観や仕事への意欲が見たいことが挙げられます。

仕事に対する意欲を示すためにも、違いを理解した上でどのように仕事に活かすのか、企業に貢献するのかを伝えるようにしましょう。

自分の性格や経験を交えて伝える

回答の際に、自分の性格や実体験を踏まえることも必要になります。

「人間関係に違いがあると思います」といった客観的な違いや一般論を述べるだけでは、価値観や仕事への意欲は伝わりません。

自身の価値観や仕事への意欲を知りたいという面接官の意図に応えるため、アルバイトや学校生活で感じたことを回答に取り入れ、自分の言葉で伝えるようにしましょう。

「学生と社会人の違い」の面接回答例3選

学生と社会人の違いの面接回答例

これまで「学生と社会人の違い」や質問の意図、答える際のポイントを述べてきましたが、ここでは実際に回答例を3つ紹介します。

質問の意図や回答のポイントを踏まえ、回答する際の参考にして頂ければと思います。

「学生と社会人の違い」の回答例【責任の大きさ】

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「学生と社会人の違い」の回答例【時間の管理】

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「学生と社会人の違い」の回答例【人間関係の構築】

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

まとめ

本記事では、「学生と社会人の違いは何か」という質問の意図、対策や回答例を紹介しました。

企業が「学生と社会人の違いは何か」を聞くことの本質を理解し、明確に理由を答えられるようにしましょう。

また、unistyleでは面接の頻出質問に関する対策記事・動画を下記にも掲載しているので、こちらも参考にし今後の就職活動にお役立てください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
65,466枚以上の企業ES・選考情報が見放題
(2022/6/9時点)
unistyleに無料会員登録