unistyle

MENU

更新情報2022/01/14(金)内容を更新しました!

【最新版】素材メーカーの売上高・年収が高い企業ランキング

【最新版】素材メーカーの売上高・年収が高い企業ランキング

最終更新日:2022年01月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な業界を支える、まさに縁の下の力持ちの存在である素材メーカー。

一般的にtoB(to Business)のメーカーであることから、多くの就活生は素材メーカーの規模感や平均年収について詳しく知らないと思います。

そこで本記事では、素材メーカーの中でも本記事執筆時点(2022年1月中旬)で日経225に登録されている素材メーカー30社に着目し、"売上高ランキング"と"平均年収ランキング"を紹介します。

なお本記事では、「化学」を含めておらず、「窯業(ようぎょう)」、「繊維」、「パルプ・紙」、「鉄鋼」、「非鉄金属製品」、「ゴム」を素材業界として定義しています。

化学業界の売上高・平均年収ランキングについては、化学メーカーの売上高・年収ランキング|各社の強みも解説【2021年最新版】の記事で詳しく解説しているので、本記事と併せてご覧ください。

また素材業界についての理解を深めたいと考えられている方は、素材業界の種類や仕事内容について解説している素材メーカーとは?素材業界の種類や仕事内容、志望動機の書き方を解説!の記事をご覧ください。

本記事を通して素材メーカーへの理解を深めていきましょう。

素材メーカー30社の売上高ランキング

素材メーカー30社の売上高ランキング

※本記事の売上高のランキングは各社の「有価証券報告書」を参考に作成しました。
※全て連結売上高です。

以下では、2020年度の素材メーカー30社の売上高ランキングを紹介していきます。

素材メーカー30社の売上高ランキングは以下の通りとなります。

1位 日本製鉄
4兆8,292億円
2位 ブリヂストン
2兆9,945億円
3位 住友電気工業
2兆9,185億円
4位 東レ
1兆8,836億円
5位 神戸製鋼所
1兆7,055億円
6位 JFEスチール
1兆5,570億円
7位 三菱マテリアル
1兆4,851億円
8位 AGC
1兆4,123億円
9位 王子ホールディングス
1兆3,589億円
10位 日本製紙
1兆73億円
11位 住友金属鉱山
9,261億円
12位 太平洋セメント
8,639億円
13位 帝人
8,365億円
14位 古河電工
8,116億円
15位 フジクラ
6,437億円
16位 DOWA
5,880億円
17位 TOTO
5,809億円
18位 横浜ゴム
5,705億円
19位 三井金属
5,229億円
20位 日本板硝子
4,992億円
21位 日本硝子
4,520億円
22位 日本軽金属ホールディングス
4,325億円
23位 東洋紡
3,374億円
24位 SUMCO
2,913億円
25位 日本電気硝子
2,428億円
26位 住友大阪セメント
2,392億円
27位 東海カーボン
2,015億円
28位 ユニチカ
1,103億円
29位 東邦亜鉛
1,034億円
30位 大平洋金属
322億円
参考:各社2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)の有価証券報告書(AGC、ブリヂストン、横浜ゴム、東海カーボン、日本電気硝子、SUMCOは2020年1月1日~12月31日)
日本製鉄|2020年度有価証券報告書
ブリヂストン|2020年度有価証券報告書
住友電気工業|2020年度有価証券報告書
東レ|2020年度有価証券報告書
神戸製鋼所|2020年度有価証券報告書
JFEホールディングス|2020年度有価証券報告書
三菱マテリアル|2020年度有価証券報告書
AGC|2020年度有価証券報告書
王子ホールディングス|2020年度有価証券報告書
日本製紙|2020年度有価証券報告書
住友金属鉱山|2020年度有価証券報告書
太平洋セメント|2020年度有価証券報告書
帝人|2020年度有価証券報告書
古河電工|2020年度有価証券報告書
フジクラ|2020年度有価証券報告書
DOWA|2020年度有価証券報告書
TOTO|2020年度有価証券報告書
横浜ゴム|2020年度有価証券報告書
三井金属|2020年度有価証券報告書
日本板硝子|2020年度有価証券報告書
日本硝子|2020年度有価証券報告書
日本軽金属ホールディングス|2020年度有価証券報告書
東洋紡|2020年度有価証券報告書
SUMCO|2020年度有価証券報告書
日本電気硝子|2020年度有価証券報告書
住友大阪セメント|2020年度有価証券報告書
東海カーボン|2020年度有価証券報告書
ユニチカ|2020年度有価証券報告書
東邦亜鉛|2020年度有価証券報告書
大平洋金属|2020年度有価証券報告書

続いて、「窯業(ようぎょう)」、「繊維」、「パルプ・紙」、「鉄鋼」、「非鉄金属製品」、「ゴム」各業界別の売上高ランキングを掲載していきます。

まず初めに「窯業業界」です。

素材メーカーの売上高ランキング(窯業業界)

1位 AGC
1兆4,121億円
2位 太平洋セメント
8,639億円
3位 TOTO
5,809億円
4位 日本板硝子
4,992億円
5位 日本硝子
4,520億円
6位 日本電気硝子
2,428億円
7位 住友大阪セメント
2,392億円
8位 東海カーボン
2,015億円

素材メーカーの売上高ランキング(繊維業界)

1位 東レ
1兆8,836億円
2位 帝人
8,365億円
3位 東洋紡
3,374億円
4位 ユニチカ
1,103億円
1位 王子ホールディングス
1兆3,589億円
2位 日本製紙
1兆73億円

素材メーカーの売上高ランキング(鉄鋼業界)

1位 日本製鉄
4兆8,292億円
2位 神戸製鋼所
1兆7,055億円
3位 JFEスチール
1兆5,570億円
4位 大平洋金属
322億円

素材メーカーの売上高ランキング(非鉄金属製品業界)

1位 住友電気工業
2兆9,185億円
2位 三菱マテリアル
1兆4,851億円
3位 住友金属鉱山
9,261億円
4位 フジクラ
6,437億円
5位 三井金属
5,229億円
6位 日本軽金属ホールディングス
4,325億円
7位 SUMCO
2,913億円
8位 東邦亜鉛
1,034億円

素材メーカーの売上高ランキング(ゴム業界)

1位 ブリヂストン
2兆9,945億円
2位 横浜ゴム
5,705億円

素材メーカー30社の平均年収ランキング

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61921枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

素材メーカーの情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

化学メーカー志望者向けオープンチャットグループ

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に素材メーカー志望者向けグループでも選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

最後に

最後に

いかがでしたでしょうか。素材メーカーは他の業界とは異なり、商材の区分が複雑であったり、各企業によっても企業の特徴が大きく異なるだけに、正確な理解が難しいと言えます。

本記事やunistyleに掲載されている他の記事を通じて理解を深めていただければと思います。

unistyleでは素材メーカー各社についてエントリーシートを中心に選考対策記事を多数掲載していますので、素材メーカーに興味を持った学生は是非参考にし、ご自身の選考対策に役立ててください。

素材メーカー企業研究ページまとめ

三菱ケミカルの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら
住友化学の企業研究ページはこちら
信越化学工業の企業研究ページはこちら
三井化学の企業研究ページはこちら 
AGCの企業研究ページはこちら
太平洋セメントの企業研究ページはこちら
TOTOの企業研究ページはこちら
東レの企業研究ページはこちら
帝人の企業研究ページはこちら
東洋紡の企業研究ページはこちら
ユニチカの企業研究ページはこちら
王子ホールディングスの企業研究ページはこちら
日本製紙の企業研究ページはこちら
神戸製鋼所の企業研究ページはこちら
日本製鉄の企業研究ページはこちら
JFEスチールの企業研究ページはこちら
住友電気工業の企業研究ページはこちら
三菱マテリアルの企業研究ページはこちら
古河電気工業の企業研究ページはこちら
住友金属鉱山の企業研究ページはこちら
ブリヂストンの企業研究ページはこちら
横浜ゴムの企業研究ページはこちら

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,921枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録