unistyle

MENU

更新情報2022/02/04(金)内容を更新しました!

面接での時事問題対策!答え方のコツや実際に質問した17社も掲載

面接での時事問題対策!答え方のコツや実際に質問した17社も掲載

最終更新日:2022年02月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【時事問題/一般常識完全版】
一般常識/時事問題試験対策‐企業の出題意図や問題例、解答を解説‐
1.【最新版】就活に役立つ時事問題ネタ15選!各業界への影響も解説
2.一般常識試験のおすすめ本12選を23卒就活生向けに紹介
3.一般常識と時事問題対策におすすめの無料アプリとwebサイト12選を紹介!
4.就活の小論文対策!書き方や時事問題などの頻出テーマを例文付きで掲載
5.エントリーシート(ES)での「最近気になるニュースは?」答え方|内定者回答例付
6.面接での時事問題対策!答え方のコツや実際に質問した17社も掲載
7.【面接での最近気になるニュースの答え方】回答例・NG例なども解説
8.マスコミ業界の時事問題対策!筆記試験の特徴や過去問、対策本を紹介

「面接前に時事問題対策は必要なのか?」

このような疑問を抱いている就活生もいるのではないでしょうか。

本記事では、面接での時事問題対策を解説しています。企業が時事問題を出題する意図や、ニュースの選び方、答え方を紹介しています。

記事の最後には、面接で時事問題やニュースに関する質問が出題された17社の企業の一覧もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

企業が面接で時事問題を出題する意図

企業が時事問題を出題する意図はじめに、企業が面接で時事問題を出題する意図を解説します。以下の2つが挙げられます。

世間の出来事に対する興味・関心を見極めるため

1つめは、「世間の出来事に対する興味関心を見極めるため」です。

企業は社会や時代のニーズに応じた事業を行っているため、就活生が世間の出来事に興味を持っているかは重要な判断指標です。

世間で起こる出来事に対して、何に興味を持ち、どのような意見を持つかを知ることで、就活生の関心を確かめています。

物事を論理的に説明できるか確かめるため

2つめは、「物事を論理的に説明できるか確かめるため」です。

面接の定番質問であるガクチカや自己PRは就活生の経験が基であるパーソナルな内容です。一方で、ニュースなどの時事問題は社会で起きている事象であるため、就活生にとって馴染みがないかもしれません。

そうした内容に対して、分かりやすい説明や意見構築ができる就活生は、働く場面においても論理性や説得力がある人物だと判断できます。

時事問題の選び方・選ぶ際のポイント

時事問題の選び方続いては時事問題の選び方・選ぶ際のポイントを以下の2つの観点から紹介します。

情報収集

1つめは、「情報収集」の仕方です。

世間で話題を集めているニュースや事象を知るためには情報収集が欠かせません。特に時事問題は日々更新されるため、最新情報を入手しやすいアプリやサイトでの情報収集が有効的です。

時事問題対策に役立つアプリやサイトを知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
一般常識と時事問題対策におすすめの無料アプリとwebサイト12選を紹介!

最近注目を集めている時事問題は何か、常に最新の情報を入手することを意識してみてください。

ニュースの選択

2つめは、「ニュースの選択」方法です。

面接で題材になる時事問題を予想することは難しいため、あらゆるニュースを網羅的に把握できることが理想的です。ですが、アプリやサイトで掲載されているニュースの数が多すぎて、何を見たらいいのか分からないという就活生もいると思います。

まずは、志望する業界や企業に関連するタイトルや、大学で専攻している学問に関連する内容のニュースを選んでみましょう。

こちらの記事では近年話題を集めた時事問題ネタと特集しているので、対策の皮切りとしてご覧ください。
【最新版】就活に役立つ時事問題ネタ15選!各業界への影響も解説

また、「気になるニュースは何ですか?」と尋ねられる場合もあります。志望業界や自身の経験に関連するニュースを選ぶと、興味を持ったきっかけや意見を伝えやすいかもしれません。

面接での時事問題の答え方

面接での時事問題の答え方企業が時事問題を出題する意図や時事問題の選び方を踏まえた上で、面接での答え方をフレームワーク式で解説していきます。以下が、時事問題に関する質問の答え方です。

面接での時事問題の答え方

面接での時事問題の答え方

(1)時事問題を一文程度にまとめる。

  ⇓
(2)興味を持ったきっかけを話す。

  ⇓
(3)時事問題の概要を踏まえて、社会や企業への影響を説明する。

  ⇓
(4)今後の動向を推測し、自分の意見を伝える。

今回はunistyleで掲載している内定者の本選考エントリーシート(ES)を基に、上記の答え方を解説します。時事問題に対する意見を構築する際のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

時事問題に関する内定者エントリーシート(ES):野村證券

最近(3ヵ月以内)関心を持っている出来事、ニュースについて。関心を持っている理由を記入してください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

時事問題に対する意見構築のポイント

これまで、時事問題に関する質問の答え方を解説しました。しかし、馴染みのない時事問題に対して、どのように意見を構築すればいいのか分からない、という疑問を抱えた就活生もいると思います。

そこで、時事問題に対する意見を構築する際のポイントを解説します。

  • 当事者目線に立つ
  • 自身の経験や、大学での専攻内容に関連付ける

時事問題に対する意見構築のポイントとして、上記の2つが挙げられます。

先ほどの野村證券内定者の本選考ESでは、「金融機関に対する融資先への金融支援強化の要請」というニュースに対し、「企業の経営」という立場に目線を合わせた意見が述べられています。時事問題に関連する組織や人物は多様です。意見構築が難しい場合は、立場や役割を選び、当事者目線に立って考えを整理してみましょう。

また、自身の経験や大学での専攻内容に関連付けることもおすすめです。これは時事問題を選ぶ際にも役立ちます。自分自身が精通している内容に関連付けることで、自身の知識や過去の経験を伝えることができます。

面接に役立つ!時事問題に関するエントリーシート(ES)例文4選

面接に役立つ時事問題に関するエントリーシート(ES)

続いては、時事問題の質問例・回答例4選を紹介します。

掲載しているものは、大手企業の内定者・選考通過者のエントリーシート(ES)例文にはなりますが、面接の回答としても参考になると思いますので、文章構成や意見構築を参考にしてみてください。

以下4社の選考通過者エントリーシート(ES)例文を紹介します。業界や企業ごとにエントリーシート(ES)の設問内容が異なりますので、質問文にも着目してみてください。

時事問題に関する内定者エントリーシート(ES)例文:楽天グループ

社会課題に関するニュースを挙げて、自分の考えを述べてください。(400字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

時事問題に関する内定者エントリーシート(ES)例文:共同通信社

ニュースを知る手段/気になったニュースとその理由を教えてください

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

時事問題に関するエントリーシート(ES)例文:ロート製薬

ロート製薬のHPや世の中のニュースなどを読んで、あなたは「健康」をどのように捉え、「健康」の領域でどんな変革を起こしたいですか?

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

時事問題に関するエントリーシート(ES)例文:阪急阪神不動産

不動産に関する最近のニュースで、気になったものとその理由。(200字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

面接で時事問題を質問した企業一覧17社

面接で時事問題を質問した企業一覧

最後に、面接で時事問題を質問した企業一覧を紹介します。企業一覧は、unistyleで掲載している本選考レポートを基に作成しました。

企業名をクリックすると、本選考レポートを閲覧できるので、詳しい質問内容を確認してみてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は64077枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

面接での時事問題対策本記事では、面接での時事問題対策として、企業の出題意図や質問の答え方をエントリーシート(例文)付きで解説しました。

時事問題に関する質問には情報収集や論理的な回答が不可欠です。日頃からニュースを確認し、分かりやすく説明できるように鍛えましょう。

また、業界や企業ごとに時事問題に関する質問内容は異なるため、面接官の狙いに沿った回答をする必要があります。本記事で紹介したエントリーシート(ES)例文や本選考レポート、企業一覧を参考にして、対策を進めてみてください。

こちらの動画では面接の全体像についてわかりやすく紹介していますので、併せてご覧ください。

【時事問題/一般常識完全版】
一般常識/時事問題試験対策‐企業の出題意図や問題例、解答を解説‐
1.【最新版】就活に役立つ時事問題ネタ15選!各業界への影響も解説
2.一般常識試験のおすすめ本12選を23卒就活生向けに紹介
3.一般常識と時事問題対策におすすめの無料アプリとwebサイト12選を紹介!
4.就活の小論文対策!書き方や時事問題などの頻出テーマを例文付きで掲載
5.エントリーシート(ES)での「最近気になるニュースは?」答え方|内定者回答例付
6.面接での時事問題対策!答え方のコツや実際に質問した17社も掲載
7.【面接での最近気になるニュースの答え方】回答例・NG例なども解説
8.マスコミ業界の時事問題対策!筆記試験の特徴や過去問、対策本を紹介

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
64,077枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録