unistyle

MENU

更新情報2022/02/09(水)内容を更新しました!

素材メーカーとは?素材業界の種類や仕事内容、志望動機の書き方を解説!

素材メーカーとは?素材業界の種類や仕事内容、志望動機の書き方を解説!

最終更新日:2022年02月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な業界を支えており、社会貢献性の高さから毎年多くの就活生が志望する素材メーカー。

そんな素材メーカーで内定を獲得するためには、素材メーカーに関する理解はもちろんのこと、面接官を納得させることができる志望動機、そしてその志望動機を支える土台となる企業理解が特に欠かせません。

そこで本記事では、素材メーカーの種類技術系・事務系職種の仕事内容の解説をはじめ、素材メーカーの志望動機の書き方内定者のESを掲載し、素材メーカーの選考対策をするうえで役立つティップスを多数紹介していきます。

本記事を通して、素材メーカーへの理解を深めていきましょう。

素材メーカーの種類

素材メーカーとは

素材メーカーとはどのような企業のことを指すのでしょうか。まずは、定義について確認してみましょう。

素材メーカーの定義は様々存在しますが、一言で言うと素材を購入・加工したうえで、他産業へ材料を供給することによって利益を得る企業のことを指します。

この「素材」という言葉についても様々な業界が包含されていますが、本記事においては主として以下7つの業界についてそれぞれ解説していきます。

尚、本記事は日経225をもとに区分分けを行い、企業を掲載しています。

化学業界の特徴と代表的な企業とは

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

窯業業界の特徴と代表的な企業とは

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

繊維業界の特徴と代表的な企業とは

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

鉄鋼業界の特徴と代表的な企業とは

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

非鉄金属製品業界の特徴と代表的な企業とは

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ゴム業界の特徴と代表的な企業とは

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

素材メーカー技術系職種の仕事内容とやりがい

素材メーカー技術系職種の仕事内容とやりがい

続いて、素材メーカーの職種と各職種における仕事内容や、やりがいについて説明していきます。本記事では、技術系職種と事務系職種に分けて解説していきます。

技術系職種は、主に以下の2種類の職種があります。

以下、上記の各職種の仕事内容や、やりがいについて説明していきます。

事務系職種志望の就活生は、以下のリンクから該当箇所に飛ぶことができます。
素材メーカー事務系職種の仕事内容とやりがい

研究開発の仕事内容とやりがい

研究開発の仕事内容について、基礎研究と開発研究の2種類に分けて説明していきます。

基礎研究は、一言で述べると各事業を横断的にバックアップし、次世代を見据えた基盤技術や材料の開発、製品機能に影響を与えるプロセス開発の研究を行う仕事です。世の中に存在しない新しい価値を生み出すことが絶えず求められている素材メーカーにとって、この基礎研究は必要不可欠なものです。

開発研究は、一言で述べると事業戦略に基づいて新製品の開発や既存製品の改善を行う仕事です。単に材料や素材の開発だけでなく、使用用途の提案まで必要とされるため、市場ニーズを捉えた顧客起点・顧客視点での開発研究が求められます。

研究開発の社員は、仕事のやりがいについて以下のように語っています。

現在手がけている業務は、歯科子会社との共同プロジェクトにおける製品材料提案、現行品の代替案となる化合物の提案、欧州の規制に対応した新規触媒探索と、大きく3つあります。

基礎研究寄りのものから製品に近いところまで幅広く担当しています。特に新規触媒探索の業務は、私に一任されている状態なので厳しさを感じることもあります。

一方で、自分の提案した製品組成が歯科製品採用候補となり、特許明細書の作成および出願へとたどり着くこともあります。そうやって自分のやり方で成果を出せた時は、やりがいを実感できますね。

引用:三井化学株式会社|PERSON:私の化学式T.Mさん

生産技術の仕事内容とやりがい

この生産技術(エンジニア)の区分は少し複雑になっているため、下図を見て頭を整理しながら読み進めていただければと思います。

生産技術(エンジニア)の区分

上図のように生産技術(エンジニア)は、まずプロセスエンジニアと設備エンジニアの2つに大別されます。

そしてプロセスエンジニアは「生産プロセス開発」と「製造プラントの運転管理・合理化検討」の2種類に区別され、設備エンジニアは、「機械」、「電気・制御・計装」、「建築」の3つに分類されます。

まず、プロセスエンジニアから説明してきます。

【プロセスエンジニア】

既述したように、このプロセスエンジニアは生産プロセス開発製造プラントの運転管理・合理化検討の2つに大別されます。以下、それぞれ仕事内容を詳述していきます。

生産プロセス開発

生産プロセス開発は、研究で得た成果を製造プラントで実現するためのプロセス開発などの検討を行い、巨大プラントの計画から稼働まで一貫して携わります。

この生産プロセス開発は研究開発と生産工場の間に立ち、早期に新製品を世の中に送り出すうえでの重要な部門であり、基礎研究から応用研究、工業化技術に至るまで幅広い分野の知識が求められます。

製造プラントの運転管理・合理化検討

製造プラントの運転管理・合理化検討は、製造プラントのプロセス構築・改良を行い、高品質の製品を生み出していきます。また単に製品を生み出すだけでなく、温室効果ガス削減や操業の効率化等にも取り組みます。

また知識や経験を活かして海外を含む新規プラント建設プロジェクトにおいて、プロセスの設計建設を指揮する機会もあります。

続いて、設備エンジニアについて説明していきます。

【設備エンジニア】

設備エンジニアは、プラント設備の設計・建設・改造から、設備保全に至るまでのエンジニアリング(科学を実用化し、人間の生活に役立てることを目的とする技術のこと)業務全般を担い、生産プロセスに最新鋭の技術を盛り込み製造プラントとしてつくり上げていきます。

以下、それぞれ仕事内容を詳述していきます。

機械

機械は、一言で述べるとプラントにおける多種多様な機器の中から、最適な手段を選定、場合によっては新たに開発し、一体化させることで高付加価値の製品を生み出す仕事です。

自社で開発した生産プロセスに最新鋭の技術を盛り込み、巨大な製造プラントとしてつくり上げていきます。またプラントは完成後も日々変化していくため、プラントを診断してメンテナンスすることも役割の一つです。

電気・制御・計装

電気・制御・計装は、一言で述べると電気、計装設備が持つ個々の機能を最新技術を駆使して組み合わせてプラントの神経系統を構築、運営する仕事です。

プラントで使用するセンサー・バルブ・制御システム・電気機器等を対象に、点検・検査・整備から設計まで携わります。また機械系同様にプラントを診断し、メンテナンスを行います。

建築

建築は、一言で述べるとプラント建設の基礎を担う仕事です。具体的には、建設する上で必要となる土地造成やプラントの骨格の設計、用水・排水、プラント敷地内の道路などの設計も担います。

また建築だけでなく、稼働中のプラントの老朽化等に対するメンテナンス業務なども行います。

生産技術(エンジニア)として働いている社員は、仕事のやりがいについて以下のように語っています。 

仕事のやりがいという意味では、製造プロセス開発に携われた時に仕事の面白さを感じましたね。入社4年目に、新製品開発の基礎研究から、製造プロセスまでをつくり上げるというプロジェクトを経験させてもらいました。

このプロジェクトでは中心的な役割を担い、5つの部署を取りまとめ、責任あるポジションから製造プロセス開発に携わる仕事でしたので、面白さとやりがいを実感することのできた経験となっています。

引用:三井化学株式会社|PERSON:私の化学式T.Wさん

素材メーカー事務系職種の仕事内容とやりがい

素材メーカー事務系職種の仕事内容とやりがい

事務系職種は、主に以下の2つの職種があります。

以下、上記の各職種の仕事内容や、やりがいについて説明していきます。

営業の仕事内容とやりがい

営業の仕事については、ある程度イメージできるものの、素材メーカーの営業の具体的なイメージが湧かない方は多いのではないでしょうか。

素材メーカーの営業の仕事を一言で述べると、顧客と会社の橋渡し役を担うことです。

具体的には、製品の販売だけでなく、会社の窓口として顧客の用途に合わせた製品カスタマイズや新製品の開発などを通じて多岐にわたる顧客の要望の実現に尽力すること、そして自社の利益につなげることが、素材メーカーの営業の主な業務です。

営業の仕事をしている社員は、やりがいについて以下のように語っています。

営業の仕事は「顧客の希望を実現することで、自社の利益につなげること」です。もちろん、顧客の要望をそのまま実現できればベストですがなかなか難しく、たいていの場合は社内のさまざまな関係部署との調整を繰り返し、状況を細かくヒアリングした上で、最適な解決策を提案しています。「どこが最適か」の判断は容易ではなく、社内調整に時間がかかるときもありますが、顧客に喜んでいただき、かつ自社の利益にもなったときには、大きな喜びを感じます。

引用:住友化学株式会社|PEOPLE|営業

コーポレートの仕事内容とやりがい

本記事で言うコーポレート(管理部門)とは、総務や法務、経理、人事などの職種を指します。

これらの職種は、素材メーカーのみならず他の業界にも存在する職種です。営業やマーケティングのような企業の利益に直結する仕事ではありませんが、円滑な業務を支える働きをしています。

コーポレート(管理部門)の呼び名は企業ごとに異なり、バックオフィスや本社機能と呼ばれる場合もあります。

コーポレート職種の中で最も就活生との関わりが深い、「人事」の仕事のやりがいについて触れたいと思います。

社内研修では、終了時のアンケート、事後レポートや個別ヒアリングなど、受講者の意見や感想を聞く機会を作っています。その際、私たちの期待したとおり、もしくはそれ以上の気づきや学びを受講者が得られたとわかったときは、業務を全うできたと実感し大きな喜びを感じます。

特に、やりがいを感じるのは、4月に実施する新入社員研修です。短期間、集中的に行う研修において、大学を卒業したばかりの新入社員たちの言動・行動の変化など、日々成長していることを実感します。社会人として求められる資質を理解し、行動できるように成長した後、配属先に送り出すことができると、達成感と大きな安堵感に包まれます。

引用:住友化学株式会社|PEOPLE|人事

素材メーカーの志望動機の書き方

化学メーカーの志望動機の書き方

以下では、「素材メーカーの志望動機の書き方」について考えていきます。

志望動機の書き方

まずは【就活】エントリーシートの志望動機の書き方6ステップ|ES例文8選付を参考に一般的な志望動機の書き方を紹介します。

志望動機を作成する方法としては、「成し遂げたいことに基づいて書く方法」「自身の適性に基づいて書く方法」の2つのアプローチが存在しています。

どちらの場合も、「自身の夢や向いていることが自身の経験に根ざしているか?」が一番の差別化のポイントであり、評価が分かれ道であると言えます。

成し遂げたいことに基づいて書く志望動機

成し遂げたことに基づいて書く方法

(1)成し遂げたいこと
(2)きっかけとなる経験
(3)企業選びのポイント
(4)他に受けている業界とその業界ではダメな理由
(5)具体的に取り組みたい仕事
(6)業界の中でもその企業の理由

参考:【就活】エントリーシートの志望動機の書き方6ステップ|ES例文8選付

成し遂げたことに基づいて書く場合は、未来志向な理由となりますので、明確にやりたいことやビジョンをお持ちの方におすすめのフレームワークです。

仮にまだ将来のビジョンをお持ちでない方は、志望動機のフレームワークとしてはまだ不要ですが、選考を進める中で必ず必要になってくるので、この機会に考えてみて下さい。

自身の適性に基づいて書く方法

(1)自分自身が向いてること
(2)向いてることの具体的な経験
(3)向いていることを活かして志望業界で取り組みたい仕事
(4)他に受けている業界と他業界ではダメな理由
(5)業界の中でもなぜ当社か

参考:【就活生必読】志望動機が特になくても書けるフレームワークとは?

次に自身の適性に基づいて書く場合は、明確に自分の強みを理解している方におすすめのフレームワークとなります。自身の強みというものがよく分からない、という方は以下の記事もご参考ください。

上記いずれも方法が違うだけで良し悪しは無く、ビジョンで語るのか強みで語るのか、自分が最も説得力を持って伝えることができる方を選択してください。

ただし、いずれの二つにも共通しているのは、伝えたいことが何であれ、それが過去のどのような経験によって生まれ認識したものなのか、またなぜそれは他業界や同業他社ではダメなのかを伝える必要があることです。

過去の経験を語ることで、自分の強みの再現性や、やりたいことへのモチベーションを伝えることができ、他社との比較を加えることで志望度の高さを伝えることができます。そのため、志望動機としていずれも欠かせないポイントと言えるでしょう。

動画を通じて志望動機の書き方を確認したいという方は下記の動画も参考にしていただければと思います。

一般的な志望動機の書き方を押さえた上で素材メーカーの志望動機を書く際に意識すべきポイントを3つご紹介します。

  • 素材メーカーを志望する理由を明確に説明する
  • 業界の中でその企業を志望する理由を書く
  • 入社後に成し遂げたいことを書く

ポイント⑴:素材メーカーを志望する理由を明確に説明する

1つ目のポイントは、素材メーカーを志望する理由を明確に説明することです。

数ある業界の中で「なぜ素材メーカーを選んだのか」という点は必ず聞かれるところです。

同じ素材メーカーを志望していたとしても「社会を下支えしたいと考えていたから」や「海外で仕事がしたいと考えていたから」など、志望動機は人それぞれ異なります。

「素材メーカーで働きたい」と考えるようになった原体験を説明できるように頭の中を整理しておきましょう。

ポイント⑵:業界の中でその企業を志望する理由を書く

2つ目のポイントは、業界の中でなぜその企業を志望するのかを明確にしておくことです。

【就活】エントリーシートの志望動機の書き方6ステップ|ES例文8選付でも解説していますが、企業が志望動機を聞く理由の一つとして「志望度の高さを知りたい」ということがあります。

どんなに優秀な人材であったとしても、実際に入社してくれなければ意味がありません。そこで企業は就活生が「内定を出したら本当に来てくれるのか」を知るために、業界の中でもなぜ当社を志望するのかを重視しています。

【企業研究はこれで完璧!】目的・やり方・ノートの作成方法等を解説│面接対策にもを参考に、選考を受ける企業の「どんな商材を取り扱っているのか」「規模はどのくらいか」「競合他社と比較した時に強みとなる点はどこか」といった情報を整理しておきましょう。

ポイント⑶:入社後に成し遂げたいことを書く

3つ目のポイントは、入社後に成し遂げたいこと、つまり将来のビジョンを明確にしておくことです。

企業は、入社後に活躍しそうな学生を採用したいと考えています。つまり就活生は、自分が入社後どんな風に活躍できるのか、自分の能力をどんな場面で活かせるのかを志望動機でアピールする必要があるのです。

業界の最新動向を押さえながら入社後に成し遂げたいことを中長期で整理しておきましょう。

入社後に成し遂げたいこと、つまり「実現したいこと」が上手く書けない方や、「実現したいこと」を書くポイントについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

素材メーカー技術系職種に関する内定者エントリーシート(ES)例文

素材メーカー技術系職種の志望動機の内定者例文

最後に素材メーカーの志望動機の書き方についてunistyleに寄せられた本選考ESを掲載していきます。まずは技術職からです。

素材メーカー技術系職種の志望動機に関する内定者エントリーシート(ES):東レ

東レというフィールドで成し遂げたいことを述べてください(300文字)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

東レの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

素材メーカー技術系職種の志望動機に関する内定者エントリーシート(ES):富士フイルム

応募理由をご記入ください。(200文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

富士フイルムの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

素材メーカー事務系職種に関する内定者エントリーシート(ES)例文

素材メーカー事務系志望動機の書き方内定者例文

続いて事務系職種の内定者ESを掲載していきます。

素材メーカー事務系職種の志望動機に関する内定者エントリーシート(ES):三菱マテリアル

部門または当社への志望理由を入力してください。(200文字以上400文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

素材メーカー事務系職種の志望動機に関する内定者エントリーシート(ES):帝人

当社を知ったきっかけ、興味を持った理由(150文字)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65466枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

帝人の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

素材メーカーの情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

化学メーカー志望者向けオープンチャットグループ

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に素材メーカー志望者向けグループでも選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

最後に

最後に

いかがでしたでしょうか。素材メーカーは他の業界とは異なり、商材の区分が複雑であったり、各企業によっても企業の特徴が大きく異なるだけに、正確な理解が難しいと言えます。

unistyleでは素材メーカー各社についてエントリーシートを中心に選考対策記事を多数掲載していますので、素材メーカーに興味を持った学生は是非参考にし、更に理解を深めてください。

素材メーカー企業研究ページまとめ

三菱ケミカルの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら
住友化学の企業研究ページはこちら
信越化学工業の企業研究ページはこちら
三井化学の企業研究ページはこちら 
AGCの企業研究ページはこちら
太平洋セメントの企業研究ページはこちら
TOTOの企業研究ページはこちら
東レの企業研究ページはこちら
帝人の企業研究ページはこちら
東洋紡の企業研究ページはこちら
ユニチカの企業研究ページはこちら
王子ホールディングスの企業研究ページはこちら
日本製紙の企業研究ページはこちら
神戸製鋼所の企業研究ページはこちら
日本製鉄の企業研究ページはこちら
JFEスチールの企業研究ページはこちら
住友電気工業の企業研究ページはこちら
三菱マテリアルの企業研究ページはこちら
古河電気工業の企業研究ページはこちら
住友金属鉱山の企業研究ページはこちら
ブリヂストンの企業研究ページはこちら
横浜ゴムの企業研究ページはこちら

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
65,466枚以上の企業ES・選考情報が見放題
(2022/6/9時点)
unistyleに無料会員登録