unistyle

MENU

更新情報2021/11/02(火)内容を更新しました!

テレビ業界とは?ビジネスモデルや業務内容、やりがいについて紹介!

テレビ業界とは?ビジネスモデルや業務内容、やりがいについて紹介!

最終更新日:2021年11月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【テレビ業界完全版】
1.【テレビ業界研究完全版】ビジネスモデルやランキング、キー局4社の違い等を解説
2.テレビ業界とは?ビジネスモデルや業務内容、やりがいについて紹介!
3. 【テレビ業界の職種と仕事内容とは】働く人の声をもとに解説
4.テレビ業界の今後はどうなる?最新動向、ニュースや課題を踏まえて解説
5.「テレビ業界各社の自己PRで一番多い強みは何か?」内定者の回答を徹底分析
6.テレビ業界年収ランキング|キー局・ローカル局・衛星放送局など
7.2021年最新版テレビ業界の売上高ランキング【解説付き】
8.【厳選6選】テレビ業界志望者におすすめの本・サイト
9.テレビ業界民放キー局4社(フジテレビ・日本テレビ・TBS・テレビ朝日)を比較|各社の業績・特徴・強みの違い

テレビ業界は日頃から馴染み深く、知名度の高い企業が多いことから、例年多くの就活生が志望し、花形業界としても知られています。

そんなテレビ業界の選考倍率は高く、具体的且つ正確な情報を持って正しい対策をすることが内定に近付く方法として重要になります。

そこで本記事では、テレビ業界とは何かということについて紹介します。まずはテレビ業界の全貌を理解し、就活を始める第一歩を踏み出しましょう。

テレビ業界とは

テレビ局とは

テレビ業界とは、テレビ放送に携わる産業のことを指します。

テレビ番組の制作や放送から、放送技術にまつわる技術スタッフ、各番組の構成を行う構成スタッフもすべてテレビ業界の仕事に含まれます。

さらに、テレビ放送だけではなく事業収入や不動産収入など、それに伴う周辺事業も取り扱っているのがテレビ業界です。

以下では、そんなテレビ業界の具体的な事業内容とビジネスモデルを紹介していきます。

テレビ業界の事業内容・ビジネスモデル

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61921枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

テレビ業界の業務内容

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61921枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

テレビ業界のやりがい

テレビ業界のやりがい

ここまでテレビ業界の全貌について紹介しました。興味のある業務内容は見つかったでしょうか?

ここからはテレビ業界全体を通し、どのようなやりがいがあるのかを紹介していきます。

テレビ業界のやりがい(1):自分の夢や情熱を形にすることができる

Q.どんな人材を求めていますか?

A.自分がテレビ朝日でやりたい夢を明確に持っていて、自分の言葉で話せる人でしょうか。派手な経歴は一切必要ありません。どのジャンルを志望していても、情熱を持って夢を語ることができる人と一緒に働きたいと思っています。 また、テレビ局の仕事はすべてチームプレーです。他者を尊重しながら自分の意見を言えることも大事なのではないでしょうか。

【引用】テレビ朝日採用サイト

テレビ業界、特に制作部では、密度の濃い内容を視聴者に分かりやすく伝えるため、過密なスケジュールをこなす必要があります。そのため、私生活よりも仕事を優先しなければならないことも多く、どれだけ仕事に対するモチベーションがあるかが重要になってきます。

つまり、情熱をもって仕事に打ち込みたいという方にはおすすめの業界だということができるでしょう。

テレビ業界のやりがい(2):テレビでしかできないことを実現できる

私はスポーツ局での仕事を長年おこなってきました。オリンピックにもサッカーワールドカップにも行きましたし、その他数々の歴史的瞬間を目の当たりにしてきました。

「数字(視聴率)が上がる音が聞こえる」経験ってわかりますか?スポーツの生中継で、日中の何千万人の視聴者が固唾を飲んでテレビ画面に釘付けになる瞬間があります。そんな時、決してするはずがない「数字が上がる音」が脳裏に聞こえる、気がするのです。こんな経験は、テレビでしかできません。そして日本中の注目が集まる中、最高の映像をお茶の間に届ける、この快感を、皆さんにもぜひ体験してほしいです。

テレビ局でしかできないこと、テレビ局だからやれること。めちゃくちゃいっぱいあります。一緒にやりましょう。皆さんと共に仕事ができる時を心待ちにしています。

【引用】テレビ朝日採用サイト

スマホが普及し、メディアとしての役割が衰退しているとはいえ、やはりテレビが重要なメディアであることには変わりありません。

そのため、多くの視聴者の心を動かすためにはどのようなことをすればいいかを考え、マスメディアでしかできないことに挑戦したい就活生にはオススメの業界です。

まとめ

テレビ業界とはまとめ

本記事では、テレビ業界とはどういう業界であるかについて紹介しました。

ビジネスモデルや業務内容を理解することで、テレビ業界についてのイメージを具体的にすることができるようになったと思います。

テレビ業界の就活を開始する第一歩に、本記事を役立てていただければいいと思います。

【テレビ業界完全版】
1.【テレビ業界研究完全版】ビジネスモデルやランキング、キー局4社の違い等を解説
2.テレビ業界とは?ビジネスモデルや業務内容、やりがいについて紹介!
3. 【テレビ業界の職種と仕事内容とは】働く人の声をもとに解説
4.テレビ業界の今後はどうなる?最新動向、ニュースや課題を踏まえて解説
5.「テレビ業界各社の自己PRで一番多い強みは何か?」内定者の回答を徹底分析
6.テレビ業界年収ランキング|キー局・ローカル局・衛星放送局など
7.2021年最新版テレビ業界の売上高ランキング【解説付き】
8.【厳選6選】テレビ業界志望者におすすめの本・サイト
9.テレビ業界民放キー局4社(フジテレビ・日本テレビ・TBS・テレビ朝日)を比較|各社の業績・特徴・強みの違い

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,921枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録