unistyle

MENU

更新情報2022/01/13(木)内容を更新しました!

化学メーカーの売上高・年収ランキング|各社の強みも解説【2021年最新版】

化学メーカーの売上高・年収ランキング|各社の強みも解説【2021年最新版】

最終更新日:2022年01月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な業界を支えており、社会貢献性の高さが魅力的な化学メーカー。

そんな化学メーカーの中でも、本記事執筆時点(2021年12月上旬)で日経225に登録されている化学メーカー17社に着目し、今回は"平均年収ランキング"と"売上高ランキング"を紹介します。

化学メーカー計17社の最新の平均年収・売上高を紹介するとともに、各社の売上高を事業別にまとめ、その内訳を示したグラフを掲載しており、各社の特色が理解できるようになっています。本記事を通して化学メーカーへの理解を深めていきましょう。

化学メーカーの平均年収ランキング

化学メーカー17社平均年収ランキング

※本記事の平均年収のランキングは各社の「有価証券報告書」を参考に作成しました。
※尚、上記の平均年収ランキングは、企業によって総合職以外の平均年収も加味されている場合があります。

まず初めに化学メーカーの平均年収ランキングを掲載します。

化学メーカーの売上高ランキングをご覧になりたい方は以下のリンクから飛ぶことが出来ます。

化学メーカーの平均年収ランキングは以下の通りとなります。

1位 三菱ケミカルHD 1,011万円(45.6歳)
2位 富士フイルム   970万円(45.5歳)
3位 住友化学     855万円(41.0歳)
4位 信越化学工業   848万円(42.2歳) 
5位 三井化学     837万円(41.0歳)
6位 花王       823万円(40.5歳)
7位 日産化学     806万円(40.0歳)
8位 昭和電工     794万円(40.2歳)
9位 東ソー      763万円(38.8歳) 
10位 旭化成      750万円(41.5歳)
11位 DIC       742万円(43.6歳)
12位 トクヤマ     735万円(41.5歳)
13位 日東電工     734万円(40.4歳)
14位 デンカ      703万円(40.5歳) 
15位 宇部興産     698万円(41.7歳)
16位 クラレ      691万円(41.1歳) 
17位 資生堂      658万円(38.8歳)
参考:各社2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)の有価証券報告書(花王・昭和電工・資生堂・クラレは2020年1月1日~12月31日)
三菱ケミカルホールディングス|2020年度有価証券報告書
富士フイルム|2020年度有価証券報告書
住友化学|2020年度有価証券報告書
信越化学工業|2020年度有価証券報告書
三井化学|2020年度有価証券報告書
花王|2020年度有価証券報告書
日産化学|2020年度有価証券報告書
昭和電工|2020年度有価証券報告書
東ソー|2020年度有価証券報告書
旭化成|2020年度有価証券報告書
DIC|2020年度有価証券報告書
トクヤマ|2020年度有価証券報告
日東電工|2020年度有価証券報告書
デンカ|2020年度有価証券報告書
宇部興産|2020年度有価証券報告書
クラレ|2020年度有価証券報告書
資生堂|2020年度有価証券報告書

化学メーカーの売上高ランキング

化学メーカー17社の売上高ランキング

※本記事の売上高のランキングは各社の「有価証券報告書」を参考に作成しました。
※全て連結売上高です。

以下では、2020年度の化学メーカーの売上高ランキングを紹介していきます。

化学メーカーの売上高ランキングは以下の通りとなります。

1位 三菱ケミカルHD     3兆2,575億円
2位 住友化学       2兆2,869億円
3位 富士フイルム     2兆1,925億円
4位 旭化成        2兆1,060億円 
5位 信越化学工業     1兆4,969億円
6位 花王             1兆3,819億円
7位 三井化学       1兆2,117億円
8位 昭和電工          9,737億円
9位 資生堂         9,208億円 
10位 日東電工      7,613億円
11位 東ソー         7,328億円
12位 DIC          7,012億円
13位 宇部興産        6,138億円
14位 クラレ       5,417億円 
15位 デンカ         3,543億円
16位 トクヤマ      3,024億円 
17位 日産化学      2,091億円
参考:各社2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)の有価証券報告書(花王・昭和電工・資生堂・クラレは2020年1月1日~12月31日)

以下、一社ずつセグメント別の売上高のグラフをもとに詳しく説明していきます。

なお、既述した連結売上高と各セグメントの値は1,000億円以下の桁を切り捨てて表示しています。またグラフの割合(%)は、連結売上高をもとにした割合を示したものです。

また本記事内のセグメント別売上高のグラフは、各企業の有価証券報告書をもとにunistyleが独自で作成しました。

売上高ランキング1位:三菱ケミカルHDの強み・特徴

三菱ケミカルホールディングスの2020年度の売上高は、3兆2,575億円で第1位でした。2019年度の3兆5,805億円から、9%減益となりました。

下記グラフは、三菱ケミカルホールディングスの2020年度における売上高をセグメント別にまとめたものです。

2020年度三菱ケミカルセグメント別売上高

最も比率が高い「機能商品」では、炭素繊維や工業フィルムといった素材を様々な業界に幅広く提供しています。これらの素材をグローバルに展開していること、且つ上流から下流行程まで網羅していることが三菱ケミカルホールディングスの強みだと言えます。

次に比率が高い「ケミカルズ」ですが、アクリル樹脂の原料であるMNAの世界シェアは約4割を占め、1位となっています。このアクリル樹脂は、車のテールライトや飲食店などで設置されているアクリル板をはじめとして私たちの生活を身近で支えています。

また3番目に比率が高い「産業ガス」での産業ガスは、あらゆる産業を支える必須の製品です。例えば、酸素であれば医療分野での吸入用に利用され、窒素であれば食品での鮮度維持用の封入ガスとして利用されています。

三菱ケミカルの企業研究ページはこちら

売上高ランキング2位:住友化学の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

住友化学の企業研究ページはこちら

売上高ランキング3位:富士フイルムの強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

富士フイルムの企業研究ページはこちら

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

旭化成の企業研究ページはこちら

売上高ランキング5位:信越化学工業の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

信越化学工業の企業研究ページはこちら

売上高ランキング6位:花王の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

花王の企業研究ページはこちら

売上高ランキング7位:三井化学の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三井化学の企業研究ページはこちら

売上高ランキング8位:昭和電工の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

昭和電工の企業研究ページはこちら

売上高ランキング9位:資生堂の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

資生堂の企業研究ページはこちら

売上高ランキング10位:日東電工の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日東電工の企業研究ページはこちら

売上高ランキング11位:東ソーの強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

東ソーの企業研究ページはこちら

売上高ランキング12位:DICの強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

DICの企業研究ページはこちら

売上高ランキング13位:宇部興産の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

宇部興産の企業研究ページはこちら

売上高ランキング14位:クラレの強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

クラレの企業研究ページはこちら

売上高ランキング15位:デンカの強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

デンカの企業研究ページはこちら

売上高ランキング16位:トクヤマの強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

トクヤマの企業研究ページはこちら

売上高ランキング17位:日産化学の強み・特徴

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は65180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日産化学の企業研究ページはこちら

化学メーカーの情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

化学メーカー志望者向けオープンチャットグループ

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に化学メーカー志望者向けグループでも選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

最後に

最後に

本記事では、化学メーカーの売上高・平均年収ランキングと化学メーカー各社の動向や今後の戦略について解説してきました。

ランキングを通じて各社個別の強みや特徴が垣間見えたかと思います。本記事を足掛かりに、ご自身で化学メーカーへの理解を更に深めていただければと思います。

unistyleでは化学メーカー各社についてエントリーシートを中心に選考対策記事を多数掲載していますので、化学メーカーに興味を持った学生は是非参考にし、更に理解を深めてください。

化学メーカー企業研究ページまとめ

三菱ケミカルの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら
住友化学の企業研究ページはこちら
信越化学工業の企業研究ページはこちら
三井化学の企業研究ページはこちら
宇部興産の企業研究ページはこちら
昭和電工の企業研究ページはこちら
日東電工の企業研究ページはこちら
東ソーの企業研究ページはこちら
旭化成の企業研究ページはこちら
クラレの企業研究ページはこちら
富士フイルムの企業研究ページはこちら
資生堂の企業研究ページはこちら
花王の企業研究ページはこちら

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
65,180枚以上の企業ES・選考情報が見放題
(2022/6/9時点)
unistyleに無料会員登録