unistyle

MENU

更新情報2021/10/18(月)内容を更新しました!

化学メーカーに将来性はない⁉化学業界の課題や今後の動向をもとに解説

化学メーカーに将来性はない⁉化学業界の課題や今後の動向をもとに解説

最終更新日:2021年10月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な業界を支えており、社会貢献性の高さが魅力的な化学メーカー。

「安定している」イメージが強い化学メーカーですが、その実情はどうなっているのでしょうか。

本記事ではそんな化学メーカーについて、化学メーカーの市場規模や抱える課題、最新動向や今後の取り組みなどの視点から解説していきます。

化学メーカーの市場規模

化学メーカーの市場規模

本記事では化学メーカーについての理解を深めていただくため、まず化学メーカーが属する化学業界の市場規模について確認していきます。

日本化学工業協会が発表している資料をもとに日本の製造業の業種別出荷額をまとめたグラフを作成しましたので、下図をご覧ください。

化学メーカー市場規模(製造業業種別出荷額)

上図が示しているように、広義の化学工業(化学工業+プラスチック製品+ゴム製品)の2018年の出荷額は約46兆円となっており、「輸送用機械器具製造業」に次いで第2位です。

また従業者数は約94万人に上っており、化学業界は雇用面でも日本の経済を支えている、非常に大規模な業界であると言えるでしょう。

化学メーカーの課題

化学メーカーの課題

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化学メーカーの最新動向・今後の展望

化学メーカーの最新の動向・今後の展望

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化学メーカーに将来性はある?

化学メーカーの将来性は?

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60035枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化学メーカーの情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

化学メーカー志望者向けオープンチャットグループ

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に化学メーカー志望者向けグループでも選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

最後に

最後に

いかがでしたでしょうか。化学メーカーの将来性や動向は他の業界とは異なり、様々な業界と関わり、原料を様々な国から調達しているだけに正確な理解が難しいと言えます。

unistyleでは化学メーカー各社についてエントリーシートを中心に選考対策記事を多数掲載していますので、化学メーカーに興味を持った学生は是非参考にし、更に理解を深めてください。

化学メーカー企業研究ページまとめ

三菱ケミカルの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら
住友化学の企業研究ページはこちら
信越化学工業の企業研究ページはこちら
三井化学の企業研究ページはこちら
宇部興産の企業研究ページはこちら
昭和電工の企業研究ページはこちら
日東電工の企業研究ページはこちら
東ソーの企業研究ページはこちら
旭化成の企業研究ページはこちら
クラレの企業研究ページはこちら
富士フイルムの企業研究ページはこちら
資生堂の企業研究ページはこちら
花王の企業研究ページはこちら

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
60,035枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録