unistyle

MENU

更新情報2021/10/04(月)内容を更新しました!

4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の業績比較や採用人数、選考対策を解説

4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の業績比較や採用人数、選考対策を解説

最終更新日:2021年10月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保険業界完全攻略記事一覧
【保険業界完全版】業界研究から選考対策、4大生保と3メガ損保の特徴まで解説
【業界研究】保険業界とは?生保・損保の違いやビジネスモデル、働く魅力を解説!
【業界地図付き】保険業界(生保・損保)の大手企業一覧まとめ
【業界研究】保険業界(生保・損保)の働き方とは?職種と仕事内容を徹底解説
【最新版】保険業界(生保・損保)の売上高・平均年収ランキング
【業界研究】保険業界の最新動向、今後の課題とは?海外M&Aやインシュアテックに注力
【業界研究】保険業界(生保・損保)の歴史を紹介!日本初の保険会社はどこ?
4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の業績比較や採用人数、選考対策を解説
【3メガ損保比較】東京海上日動・三井住友海上・損保ジャパンの強みや社風、選考対策を解説
【ES例文付】保険業界(生保・損保)の志望動機の書き方を解説|求める人材像も紹介

就活生に人気な金融業界のうちの1つである生命保険業界

毎年多くの就活生が志望する業界ですが、各社の業績比較や選考対策まで準備できている就活生は多くないと思います。

そこで本記事では、生命保険業界の中でもひときわ大きな存在感を誇る4社、日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命の業績比較や採用人数、選考対策を解説していきたいと思います。

業績比較による4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の企業分析

業績比較による4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の企業分析

ここからは四大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)が公開している「決算資料」を用いながら業績比較を行い、それぞれの特徴を分析していきたいと思います。

比較する際に必要な語句やIRの読み方については、「【企業研究に役立つIR情報の見方を解説】絶対に見るべき3つの資料とは」を参考にしてください。

まずは、日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命の保険料等収入(グループ各社含む)を見ていきましょう。
日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命の保険料等収入

※各社決算資料よりunistyleが独自に作成(単位:億円)

保険料等収入とは、契約者から払い込まれた保険料による収益のことで、生命保険会社の売上規模をはかる数字と言えます。

2020年度の決算は、世界的に低金利が続く中、外貨建ての保険商品の販売が減少したことや、新型コロナウイルスの影響で対面営業を自粛したことなどの影響を受けています。

上グラフより日本生命5兆1901億円(前年度比9.3%減)、第一生命4兆7303億円(同3.2%減)、明治安田生命2兆6693億円(同8.3%減)、住友生命2兆4155億円(同1.3%減)といずれも減収となっていることが分かります。

続いて、生命保険会社の業務純益ともいえる基礎利益の推移(グループ各社含む)を見ていきましょう。

日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命の基礎利益

※各社決算資料よりunistyleが独自に作成(単位:億円)

本業のもうけを示す基礎利益は、保有株式の配当金が企業の業績悪化で減ったことなどで、日本生命6,899億円(前年度比0.8%減)、明治安田生命5,798億円(同8.8%減)、住友生命3,570億円(同9.0%減)と3社が減益となっています。第一生命に関しては、株式の売却益の影響で増益となっています。

生命保険はすでに保有する契約からの売上割合が多いため、新規契約の落ち込みと比べると変化が小幅になる傾向があるようです。

4大生保の業績比較を踏まえた上で、以下では各社の企業研究をしていきます。

4大生保:日本生命

日本生命

日本生命の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

日本生命は1889年に創業した、日本で3番目に古い生命保険会社です。

保険に加入している契約者が会社の持ち主である「相互会社」という企業形態をとっており、主な事業内容は「個人保険」「企業保険」「資産運用」の3つです。

日本生命は医療保険や学資保険、個人年金保険など幅広いラインナップを揃えており、国内では圧倒的シェアを誇っています。

近年は新しいチャネルを開拓するため、ニトリやNTTドコモと提携して店内に保険代理店を設置するなど、積極的に事業展開をしているのが特徴です。

日本生命の特徴や強みを以下にまとめたので企業研究にお役立てください。

日本生命志望者向けのLINEオープンチャットはこちら
日本生命の主な特徴と強み

⑴売上・総資産・お客様数が業界No.1

2020年3月時点で、総資産80兆811億円、お客様数1400万人。100年以上の長い歴史の中で生命保険業界のリーディングカンパニーとしての地位を固めてきた同社は「生保のガリバー」という異名を持っている。


⑵グループ経営の推進
国内外の生命保険事業とアセットマネジメント事業を柱に、グループ間シナジーの発揮を目指している。例えば、大樹生命とは営業職員チャネルで複数商品を相互供給している。また、ニッセイ・ウェルス生命とは、金融機関窓口販売領域における迅速な商品の供給、金融機関へのサポートの充実等を進めている。


⑶積極的な海外進出

日本生命は、米国・欧州ならびにアジア・太平洋地域における保険・アセットマネジメント事業を通じ、グループ全体の持続的成長を牽引する収益基盤の構築を目指している。2020年度末時点で、同社の海外現地法人は保険事業7社、アセットマネジメント事業7社となった。

4大生保:第一生命

第一生命

第一生命の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

4大生保:明治安田生命保険

明治安田生命

明治安田生命保険の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

4大生保:住友生命

住友生命

住友生命の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の採用人数

4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の採用人数

ここでは、4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の採用人数をご紹介します。

【業界研究】保険業界の最新動向、今後の課題とは?海外M&Aやインシュアテックに注力でも解説していますが、保険業界は昨今の新型コロナウイルスの影響を受けて採用数を抑制する傾向にあります。4大生保に関しても以下のように採用人数を減らす動きがあるようです。

選考を受ける前に採用人数の大枠を掴んでおきましょう。

⑴日本生命の採用実績日本生命の採用実績

⑵第一生命の採用実績第一生命の採用実績

⑶明治安田生命の採用実績明治安田生命の採用実績

⑷住友生命の採用実績住友生命の採用実績

4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の選考対策

4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の選考対策

以下では、4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)を中心にエントリーシート(ES)から面接内容、選考フローまで徹底的に解説していきます。

生命保険業界はリクルーター面談、OB・OG面談が多いなど他業界と異なる部分が多くあるので、その点に注意しながら読んで下さい。

選考対策:選考フロー

保険業界の選考フロー

生命保険会社の本選考の流れを整理すると図のようになります。

最初のステップに示したように、夏や秋冬に行われるインターンシップの参加者はその後のステップに進みやすく、早期で選考が進む傾向にあります。一方で本選考からエントリーする場合は、エントリーシート(ES)やWebテストのような一般的な選考が課されるようです。

そして、次のステップで行われるリクルーター面談、OB・OG面談、早期イベントは各社で複数回実施されるようです。いずれの面談・イベントも選考要素があるのでしっかりと対策してから挑みましょう。

本選考のフローについて結果連絡を含めてお答えください
エントリーシート・Webテスト(締め切り後2週間ほどで連絡)
→OBOG訪問4回(選考に関係あり)
→課長面談2回(1週間ほどで連絡)
→人事面談(実質的な最終面接、3日ほどで連絡)
→最終面接(握手会、形式的な最終)

本選考レポート:22卒日本生命(総合職)

さらに、最後のステップでは人事面接や最終面接などが実施されます。4大生保の比較や入社後のキャリアビジョンなど、しっかり深堀られるようなので気を抜かずに面接対策を行いましょう。

選考対策:エントリーシート(ES)

4大生保のエントリーシート(ES)では、学生時代に頑張ったことや志望動機など一般的なものが多いようです。以下に4社のES設問例を紹介しているので一度確認しておきましょう。

保険業界の志望動機の書き方については、【ES例文付】保険業界(生保・損保)の志望動機の書き方を解説|求める人材像も紹介を参考にしてみてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

エントリーシートは後の面接でも深掘りされるため、面接を見越してエントリーシートを書くようにしましょう。

選考対策:筆記試験・WEBテスト

21卒、22卒の本選考レポートによると、4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)では、SPI(webまたはテストセンター)、性格検査が課されるようです。

4大生保の筆記試験・WEBテストまとめ

日本生命:性格検査(web)+SPI(テストセンターとwebの選択制)

第一生命:SPI(web)

住友生命:SPIテストセンター

明治安田生命:性格検査→SPIテストセンター

以下の記事では、玉手箱、SPIテストセンター、その他テストの例題や対策方法に関して紹介しているので、参考にしてみてください。

選考対策:面接

4大生保の面接では、ESの内容を深掘りを中心に学生時代に頑張ったことや志望動機など一般的な質問が多いようです。

以下では、4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の本選考レポートをもとに各社の面接内容を紹介しています。是非参考にしてみて下さい。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

保険業界 業界研究

本記事では、業界研究の一環として4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の業績比較や選考対策を紹介しました。

4大生保の選考を突破するには、まず生命保険業界全体への理解を深めることが大切です。その上で、業界各社で求められる人物像と自分の強みをマッチさせるようにしましょう。

また、損保業界も知りたいという方は下記の動画を参考にしてもらえればと思います。

保険業界完全攻略記事一覧
【保険業界完全版】業界研究から選考対策、4大生保と3メガ損保の特徴まで解説
【業界研究】保険業界とは?生保・損保の違いやビジネスモデル、働く魅力を解説!
【業界地図付き】保険業界(生保・損保)の大手企業一覧まとめ
【業界研究】保険業界(生保・損保)の働き方とは?職種と仕事内容を徹底解説
【最新版】保険業界(生保・損保)の売上高・平均年収ランキング
【業界研究】保険業界の最新動向、今後の課題とは?海外M&Aやインシュアテックに注力
【業界研究】保険業界(生保・損保)の歴史を紹介!日本初の保険会社はどこ?
4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の業績比較や採用人数、選考対策を解説
【3メガ損保比較】東京海上日動・三井住友海上・損保ジャパンの強みや社風、選考対策を解説
【ES例文付】保険業界(生保・損保)の志望動機の書き方を解説|求める人材像も紹介

保険業界(生保・損保)の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

保険業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に保険業界(生保・損保)志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

保険業界 オープンチャット

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録