unistyle

MENU

更新情報2021/10/04(月)内容を更新しました!

【業界研究】保険業界の最新動向、今後の課題とは?海外M&Aやインシュアテックに注力

【業界研究】保険業界の最新動向、今後の課題とは?海外M&Aやインシュアテックに注力

最終更新日:2021年10月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保険業界完全攻略記事一覧
【保険業界完全版】業界研究から選考対策、4大生保と3メガ損保の特徴まで解説
【業界研究】保険業界とは?生保・損保の違いやビジネスモデル、働く魅力を解説!
【業界地図付き】保険業界(生保・損保)の大手企業一覧まとめ
【業界研究】保険業界(生保・損保)の働き方とは?職種と仕事内容を徹底解説
【最新版】保険業界(生保・損保)の売上高・平均年収ランキング
【業界研究】保険業界の最新動向、今後の課題とは?海外M&Aやインシュアテックに注力
【業界研究】保険業界(生保・損保)の歴史を紹介!日本初の保険会社はどこ?
4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の業績比較や採用人数、選考対策を解説
【3メガ損保比較】東京海上日動・三井住友海上・損保ジャパンの強みや社風、選考対策を解説
【ES例文付】保険業界(生保・損保)の志望動機の書き方を解説|求める人材像も紹介

保険業界(生保・損保)は、就活生に人気な金融業界のうちの1つであり、毎年多くの就活生が志望する業界です。

そんな保険業界(生保・損保)ですが、「業界の市場動向」や「抱える課題」、「最新ニュース」など、しっかりと説明できる就活生は多くないと思います。

そこで本記事では、業界研究の一環として保険業界(生保・損保)の市場動向・課題・最新ニュースを紹介していきます。

保険業界(生保・損保)の市場動向と課題

世界的な再保険会社であるSwiss Re社発行の機関誌「sigma」より、2018年3月時点で日本の保険業界市場規模はアメリカ、中国に次いで世界第3位(生保は第3位、損保は第4位)であることが発表されました。この結果からは日本が世界有数の保険大国であることが分かると思います。

以下では国内保険業界(生保・損保)における市場規模の推移抱えている課題を解説しています。

生命保険業界の市場動向と課題

まずは、生命保険市場規模の推移を見ていきましょう。
 

保険業界(生保・損保)における市場規模の推移

※一般社団法人生命保険協会「生命保険の動向(2016-2020年版)をもとに作成
※保険料等収入とは、契約者から払い込まれた保険料による収益のことで再保険収入もここに含まれる

生命保険業界は人口減少、少子高齢化など負の影響も受けつつありますが、同時に販売チャネルの多様化、医療・がん保険など第三分野の成長もあり依然として市場規模の大きさを誇っています。

公益財団法人生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査(平成30年度)」によると、国内の生命保険「世帯加入率」は88.7%で、実に10世帯のうち9世帯が何らかの生命保険商品に加入しているという「保険大国」の性質が現れています。

また、非対面チャネルによる営業活動の強化で詳しく解説していますが、今後の課題として営業モデルのデジタル化が挙げられます。

昨今の新型コロナウイルスの影響によって2021年3月期大手生命保険会社4社(日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命)の年換算保険料(新規契約)は8,202億円と10年ぶり低水準となったというニュースがありました。

このことからも対面頼みの営業モデルには限界が来ていることが分かります。今後はテクノロジーの活用による対面とデジタルの融合が課題となってくるでしょう。

損害保険業界の市場動向と課題

続いて損害保険市場規模の推移を見ていきましょう。

保険業界(生保・損保)における市場規模の推移

※日本損害保険協会「ファクトブック2020」をもとに作成
※正味収入保険料とは、元受正味保険料に再保険に係る収支を加味し、収入積立保険料を控除したもの
「正味収入保険料」=「元受正味保険料」+「受再正味保険料」-「出再正味保険料」-「収入積立保険料」

損害保険業界の市場規模を表す正味収入保険料は、2019年度において、8兆6,094億円でした。

市場規模の推移は、2015年10月に実施された火災保険の商品改定や改定前の増収の反動減などにより2016年度に一度減少しましたが、その後は徐々に拡大しています。

また近年では、社会が複雑化するとともにリスクも多様化し、新しいタイプの保険商品(サイバー保険、ドローン保険など)が登場してきています。このように時代の変化とともに新たな保険商品が考案されるので、今後も継続的に市場規模を伸ばしていくと考えられます。

一方で生産労働人口の減少、自動車保有台数や住宅着工件数の伸び悩みなどで市場全体が成熟化しつつあるという課題もあります。

そのため、海外M&A(合併・買収)の拡大で詳しく解説していますが、近年はアジアやBRICsなど新興国を中心に海外進出する会社が多いようです。

保険業界(生保・損保)の最新ニュースと今後の取り組み

保険業界(生保・損保)の最新ニュースと今後の取り組み

今までは「安定」といったイメージが強かった保険業界(生保・損保)ですが、近年はそのイメージが少しずつ変わってきています。

特に大きなトピックとして以下に挙げたような非対面チャネルの強化やインシュアテック、海外進出、新種保険の登場などがあります。それぞれのニュースについて詳しく解説していきますので最後までお読みください。

非対面チャネルによる営業活動の強化

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

海外M&A(合併・買収)の拡大

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

保険×テクノロジーのインシュアテック(InsurTech)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

新たなリスクに対する新種保険の拡大

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

全運用資産でESG審査の導入

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

保険業界 業界研究

本記事では、業界研究の一環として保険業界(生保・損保)の市場動向・課題・最新ニュースを紹介しました。

これまで保険業界に対して「安定」というイメージを持っていた方でも、「インシュアテックの推進」や「海外M&Aの拡大」など最新ニュースを知ることでそのイメージが少し変わったと思います。

【業界研究】保険業界とは?生保・損保の違いやビジネスモデル、働く魅力を解説!では保険業界(生保・損保)の仕組みやビジネスモデル、働く魅力を紹介しています。こちらの記事も参考にして保険業界(生保・損保)への理解を深めましょう。

また、動画を通じて損保業界を知りたいという方は下記の動画も参考にしてもらえればと思います。

保険業界完全攻略記事一覧
【保険業界完全版】業界研究から選考対策、4大生保と3メガ損保の特徴まで解説
【業界研究】保険業界とは?生保・損保の違いやビジネスモデル、働く魅力を解説!
【業界地図付き】保険業界(生保・損保)の大手企業一覧まとめ
【業界研究】保険業界(生保・損保)の働き方とは?職種と仕事内容を徹底解説
【最新版】保険業界(生保・損保)の売上高・平均年収ランキング
【業界研究】保険業界の最新動向、今後の課題とは?海外M&Aやインシュアテックに注力
【業界研究】保険業界(生保・損保)の歴史を紹介!日本初の保険会社はどこ?
4大生保(日本生命・第一生命・明治安田生命・住友生命)の業績比較や採用人数、選考対策を解説
【3メガ損保比較】東京海上日動・三井住友海上・損保ジャパンの強みや社風、選考対策を解説
【ES例文付】保険業界(生保・損保)の志望動機の書き方を解説|求める人材像も紹介

保険業界(生保・損保)の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

保険業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に保険業界(生保・損保)志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

保険業界 オープンチャット

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録