unistyle

MENU

更新情報2020/11/25(水)内容を更新しました!

【業界研究】シンクタンクの大手企業一覧まとめ

【業界研究】シンクタンクの大手企業一覧まとめ

最終更新日:2020年11月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサル業界を志望している方であれば一度は経験があるかと思いますが、コンサルについて調べていると「コンサル・シンクタンク」でまとめられていたり、「シンクタンク系コンサルティングファーム」という分類があったりします。

シンクタンクはリサーチにもとづいた国家の政策、企業の経営戦略を提案をしている企業というイメージはあるものの、実際にどのような企業があるのか知らない人も多くいると思います。

そこで本記事では、シンクタンクの大手企業を政府系と民間系に分けて解説していきたいと思います。

シンクタンクとは?

シンクタンクとは?意味・定義を解説

初めに「シンクタンク」の定義を紹介します。

シンクタンク(thinktank)
さまざまな領域の専門家を集めた研究機関。社会開発や政策決定などの問題や経営戦略などについて、調査・分析を行い、問題解決や将来予測などの提言をする。
出典:コトバンク

この定義から分かるようにシンクタンクとは、様々な領域の専門家を集めた研究機関(=頭脳集団)を指します。具体的に、官公庁向けであれば社会開発や政策決定、民間企業向けであれば経営戦略支援など、様々な調査・分析をもとに問題解決や将来予測などの提言を行います。

このように調査・分析など研究活動がメインであるため、「〜研究所」「〜総合研究所」といった名前のシンクタンクが多いです。

シンクタンクの分類(政府系・民間系)

シンクタンクは前述したように、「社会政策・政治戦略・経済・軍事・技術・文化など特定のテーマに沿って的確かつ綿密に調査を行い、調査によって得られた情報を専門家が分析し、その分析結果をわかりやすい形で提言・発信すること」が仕事となります。

ここでシンクタンクは、政府系民間系の2つに分類することができます。以下では、それぞれの仕事内容について解説していきます。

政府系シンクタンクの仕事内容

政府系シンクタンクの主な活動内容は、省庁から直接依頼を受けて政府・自治体に政策の研究・提言を行うことです。政府系シンクタンクで収集・分析した情報は、省庁が公開している白書・ロードマップなどの作成に活用されます。

政府系シンクタンクから提言された内容が直接政策に反映されることも多くあるので、政府系シンクタンクは立法・行政そのものに影響を及ぼす重要な機関でもあります。

民間系シンクタンクの仕事内容

民間系シンクタンクの活動内容も基本的には政府系シンクタンクと同じですが、民間系シンクタンクは主に企業から依頼を受けて活動しています。

クライアント企業が提供する商品・サービスに対する消費者の評価はどんなものか?世間にどんな影響を与えているか?を調査・研究するのが仕事になります。

また民間系シンクタンクの場合、企業の経営コンサルティング業務やSI業務を兼ねる場合も少なくありません。会社によって業務の種類・比率はさまざまで、中には調査・研究をしている人は全社員のごく一部という企業も存在します。

政府系シンクタンクの大手企業一覧

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

民間系シンクタンクの大手企業一覧

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

シンクタンクの関連記事一覧

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
48,932枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録