unistyle

MENU

更新情報2021/06/09(水)内容を更新しました!

【内定者ES付き】食品メーカーの自己PRの書き方を徹底解説|求める人材も紹介

【内定者ES付き】食品メーカーの自己PRの書き方を徹底解説|求める人材も紹介

最終更新日:2021年06月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品に馴染みがあり、就活生から人気の食品メーカー。

高い倍率を突破するためには業界や企業研究を入念に行い、理解を深めておくことが必須です。

本記事では、食品メーカーでの自己PRの書き方について、求める人材やエントリーシート(ES)通過者の例文を踏まえて紹介していきます。

自己PRを聞く意図とは

企業が自己PRを聞く意図上述したように企業に評価される自己PRを考える際には、まず企業側が自己PRを問う理由からアプローチしてみると分かりやすいでしょう。

企業が学生に対して自己PRを尋ねる理由は以下の2点と考えられます。

  • 自社の求める長所・能力があるかを知るため
  • 人柄を判断するため

この2点について以下で詳しく説明します。

自社の求める長所・能力があるかを知るため

当然ながら、企業は利益を生み出さなければなりません。そのためには、そこで働く社員が企業に利益をもたらす必要があります。

つまり、あなた自身が入社した際にその企業にプラスをもたらすことができる人物かどうかを企業は見ています。言い換えると、企業は入社後に活躍してくれる人材かどうかを見極めているということです。

そのため、自分の長所をアピールする際はただ長所を伝えるのではなく、企業が求めている長所を意識してアピールすることが大切です。

人柄を判断するため

企業は能力だけでなく、人柄も含めて採用を行っています。

そのため自己PRを通してその人の長所だけでなく、その長所を培った経験を聞きます。その経験から、企業は「この人は〇〇な性質を持っている」などとその人の人柄を導き出します。

つまり、自己PRからその人の物事へ取り組む姿勢を見ることができるということです。そしてその導き出された人柄と自社がマッチしているかを判断し、採用するかしないかを決めていると言えます。

ここまでで自己PRがどんなものかについて理解できたと思います。面接では自己PRとは別に自己紹介を求められる場合があります。その際に自己PRと自己紹介の違いについて理解できていないと企業の求めている回答をすることができません。

引用:【新卒】自己PRとは?意味・強みの種類・自己紹介やガクチカとの違いを解説
→さらに詳細な自己PRについて解説しています。

基本的な自己PRの書き方

自己PR書き方まずは基本的な自己PRの書き方をご紹介します。企業にとって、自己PRとは「その人が企業にマッチしているか」を確かめる項目になります。自己PRに関しては【新卒】自己PRとは?意味・強みの種類・自己紹介やガクチカとの違いを解説で詳しく解説しています。

自己PRのフレームワークを理解することで、選考官に響く効果的なアピールをすることができます。

企業を理解し、伝える「強み」を決める

企業が自己PRをESや面接で問う理由は(1)自社の求める強み・能力を持っているか(2)キャラが自社にマッチしているかを図ろうとしているからです。企業側も採用活動において、一人あたりに莫大な採用コストをかけているため、それ以上に自社に利益をもたらすことができる人材かどうかは必ずアピールしなければなりません。

とはいえ、闇雲に自分の強みを言えばよいのではありません。志望業界のビジネスモデルによって求める人物像は変わってくるからです。すなわち、志望業界や志望企業のビジネスモデルや社風を理解し、求める素養にマッチした強みを自己PRで伝える必要があるのです。

「強み」を論理的に伝えるための自己PRを書く

自身の志望企業に評価される「強み」を定めたとしてもそれがわかりやすく伝わらなければ意味がありません。そこでここでは、「強み」を論理的に伝えるためのフレームワークを紹介します。

論理的な自己PRを書くためのフレームワーク
(1)強み:あなたの強みは?
(2)強みの原点:強みが形成されたきっかけは?
(3)強みを表す具体的エピソード
(4)強みの方法論:強みを発揮するために意識していることは?
(5)強みの活かし方:その強みを入社後にどう活かす?

各項目の説明は以下の動画からも確認できますので、こちらもあわせてご視聴ください。

食品メーカーに求められる人物像

自己PRを書くにあたって、以下の業界に求められる人物像を押さえておくと良いでしょう。

食品メーカーに求められる人物像

・食に興味を持つ人

・食を人々に届けたいと思える人

・責任感、誠実さを持って人と接することができる人

1つ目は、「食に興味を持つ人」です。食品メーカーで働く場合、やはり「食」に興味を持っているということは、仕事をうまく進めていくうえで必要不可欠なポイントと言えるでしょう。

徹底的に食について考えていく仕事だからこそ、自分でおいしいと思う食を探したり、さまざまな食品の新商品に興味を持っている人が向いていると考えられます。

2つ目は、「食を人々に届けたいと思える人」です。多くの食品メーカーでは、「おいしい食を消費者へ安全に届けること」を使命としています。

そのため、そこで働く社員には、食に関心があることはもちろん、「多くの人々においしく、安全な食を届けていきたい」という気持ちを持つことが求められます。

3つ目は、「責任感、誠実さを持って人と接することができる人」です。「食」は、おいしく楽しめば人の生活を豊かにすることができますが、人々の生命活動に関わることなので、衛生面の管理には細心の注意が必要です。

だからこそ、食品メーカーで働く人は何よりも安全・安心に対する意識を徹底し、責任感と誠実さを持って仕事に向き合える人が向いているといえます。

食品メーカーのエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文

エネルギー業界自己PRここまでは自己PRの書き方について解説してきました。自己PRの方法がわかったら、今度は実際の内定者ESではどのような自己PRが行われているかということを見ていきましょう。

以下では、食品メーカーの通過ESを解説していきます。

明治のエントリーシート通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

明治のES・選考レポート一覧こちらから

マルハニチロのエントリーシート通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

マルハニチロのES・選考レポート一覧こちらから

森永製菓のエントリーシート通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

森永製菓のES・選考レポート一覧こちらから

日本ハムのエントリーシート通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日本ハムのES・選考レポート一覧こちらから

ヤクルト本社のエントリーシート通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ヤクルト本社のES・選考レポート一覧こちらから

食品メーカーの情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に食品業界志望者向けのグループでも、以下のような各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

食品メーカーの関連記事一覧

本記事では、食品メーカーの売上ランキングと平均年収ランキングをご紹介しました。

以下の関連記事でも食品メーカーについて解説しているので是非読んでいただければと思います。

以下の動画では食品業界の事業内容などを解説していますので、食品業界に関してより詳しく知りたいという方は参考にしてみてください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録