unistyle

MENU

更新情報2021/10/07(木)内容を更新しました!

自動車業界は将来どうなる?話題のCASEや今後の動向、課題を解説

自動車業界は将来どうなる?話題のCASEや今後の動向、課題を解説

最終更新日:2021年10月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、100年に1度の変革期が訪れていると言われている自動車業界。

自動車業界の今後はどうなるのでしょうか。

その全貌について熟知している就活生は多くありません。

自動車業界を志望する就活生にとっては、自動車業界の今後について、動向や将来性、課題を知っておくことは必須であると言えます。

そこで本記事では、自動車業界について、今話題のCASE・今後の動向・将来性・課題を解説していきます。

自動車業界の現状や今後の動向とは

自動車業界の現状や今後の動向とははじめに、自動車業界の現状や今後の動向について解説していきます。

【業界研究】自動車業界とは?構造・市場規模・職種・仕事内容を解説」の記事でも解説しているように、自動車業界の市場規模は69.6兆円となっており、金融(65.6兆円)や総合商社(53.7兆円)を凌いで業界全体で3位です。

以下のグラフでは、自動車業界の過去11年間の市場規模の推移を紹介します。

自動車業界の過去11年間の市場規模の推移

また、「日本自動車工業会」によると、自動車関連就業者数は542万人と日本の全就業人口の8.1%となっています。

これらの数値から、自動車産業が日本を代表する基幹産業であるということが出来るでしょう。

そんな自動車業界は現在、100年に1度の変革期が訪れていると言われています。

以下では、自動車業界の今後の動向について、今話題の「CASE」を踏まえて紹介していきます。

100年に1度の変革期?今話題のCASEとは

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

自動車業界の今後の将来性や課題とは

自動車業界の今後の将来性や課題とはここでは、自動車業界の今後の将来性や課題について解説していきます。

結論から言うと、自動車業界の将来性は不透明です。

不透明とされる理由は主に2つあります。

1つ目は、コロナ危機の勃発により、自動車市場の世界的な冷え込みとサプライチェーンの寸断が重なったことで、生産台数の減少が業績に与える影響を見極められないためです。

2つ目は、自動車の生産台数は2030年に向けて鈍化すると予測されているからです。上記で紹介したCASE(コネクティッド、自動運転、シェアリングサービス、電動化)による効率化や先進国の高齢化と人口減少による販売台数の減少が主な要因とされています。

したがって、現段階では確信を持って自動車業界は将来性がある業界とは言うことができません。

自動車業界を今後の将来性がある業界となるためには解決すべき課題が多数存在します。その中でも特に解決すべき課題は以下の3つです。

AI(人工知能)を活用した自動運転の実用化に対する障壁
新興国における販路拡大に伴う整備不足
自動車産業における人手不足の増加

各課題についてそれぞれ詳しく紹介していきます。

AI(人工知能)を活用した自動運転の実用化に対する障壁

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

新興国における販路拡大に伴う整備不足

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

自動車産業における人手不足の増加

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

最後に本記事では、自動車業界の今後について、CASE・今後の動向・将来性・課題を紹介してきました。

自動車業界の今後について理解することで、自動車業界で働く姿をより具体的にイメージすることができます。

本記事を参考に、自動車業界の今後について理解しましょう。

また、動画を通じて自動車業界の業界研究をしたいという方は下記の動画も参考にしてください。自動車業界の大枠を掴み、三大自動車メーカーの比較、業界の展望・課題を知ることができます。

自動車業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

自動車業界のオープンチャット

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に自動車業界志望者向けグループでも選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

以下では、自動車業界に関連する記事を載せておりますので、是非ご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録