unistyle

MENU

更新情報2020/11/09(月)内容を更新しました!

【最新】教育業界で売上・年収が高い企業ランキング

【最新】教育業界で売上・年収が高い企業ランキング

最終更新日:2020年11月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教育業界の業界研究を行うにあたって業界の仕組みを理解しておくことは欠かせません。企業や業界の情報を得て自分の企業選びの軸と合致しているかを確かめるためです。

就活における業界研究は、教育業界の場合だと「教育業界で活かせる素養=自己PR」「教育業界を志望する理由=志望動機」をエントリーシート(ES)や面接で語れる様になることがゴールです。

本記事では就活生の皆さんが業界研究をするにあたり、気になる人も多いであろう教育業界各社の売上と平均年収についてランキング形式で紹介し、解説していきます。

教育業界で売上が高い企業ランキング

教育業界で売上が高い企業1~10位までをランキング形式で紹介します。(2018年~2019年時点)

教育業界の売上ランキング

【参考】各社の有価証券報告書(2018~2019年時点)

以下で一社ずつ紹介していきます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は49343枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

教育業界で年収が高い企業ランキング

教育業界の売上ランキングを紹介したところで、次は教育業界の年収をランキング形式で掲載します。 

業界動向SEARCH.COMのデータを元にunistyleが作成した教育業界の平均年収は以下の通りです。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は49343枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

教育業界の平均年収とは?仕事内容や市場規模についても解説の記事でも取り上げましたが、教育業界の平均年収は2018年~2019年で526万円です。これは日本人の平均年収である441万円を上回っています。

教育業界の中でも特にシェアが大きい企業や、成長中のベンチャー企業が年収の高い傾向にあるということがこのランキングから分かっていただけたかと思います。

まとめ

 教育業界の売上ランキングまとめ本記事では教育業界各社の売上ランキング、平均年収ランキングを紹介しました。

教育業界の市場規模は縮小傾向にあると言われていますが、各企業が新たなターゲット層の開拓やIT化などに取り組み売上を伸ばしています。

皆さんが教育業界の業界研究をするにあたって、本記事が参考になっていれば幸いです。

教育業界各社の情報をより詳しく知りたい方は以下に企業研究ページを提示するのでこちらもご覧ください。

教育業界大手各社の企業研究ページ
ベネッセコーポレーションの企業研究/選考対策はこちらから
イーオンの企業研究/選考対策はこちらから
公文教育研究会の企業研究/選考対策はこちらから
進研アドの企業研究/選考対策はこちらから
三幸グループの企業研究/選考対策はこちらから
河合塾の企業研究/選考対策はこちらから
ナガセの企業研究/選考対策はこちらから

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
49,343枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録