unistyle

MENU

更新情報2020/11/19(木)内容を更新しました!

化粧品業界の今後は?課題や動向、将来性について解説

化粧品業界の今後は?課題や動向、将来性について解説

最終更新日:2020年11月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活における業界研究は、化粧品業界の場合だと「化粧品業界で活かせる素養=自己PR」「化粧品業界を志望する理由=志望動機」をESや面接で語れる様になることがゴールとなります。

そして、業界研究をする上では、業界の動向・課題を理解しておくことも欠かせません。企業や業界の情報を多く集めれば、それらを元に志望動機や自己PRを深めることができます。

本記事では化粧品業界の課題や動向、今後の展望について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

化粧品業界の現状

旅行業界の動向

グラフは化粧品業界の業界規模(その業界における主要対象企業の売上高合計)の推移を表したものです。業界規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

最新の2019年の化粧品業界の業界規模は1兆7,611億円となっています。

そして、化粧品市場は2012年頃から右肩上がりで、2019年は過去最高額を記録していることから、好調であることが読み取れます。

主な要因としては、

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は49343枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の課題

化粧品業界の課題としては大きく以下の3点が挙げられます。

旅行業界の課題

(1)国内ターゲットの減少

(2)従来のマーケティング手法の見直し

(3)新型コロナウイルスによる需要の落ち込み

3点について詳しく解説していきます。

化粧品業界の課題(1):国内ターゲットの減少

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は49343枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の課題(2):従来のマーケティング手法の見直し

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は49343枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の課題(3):新型コロナウイルスによる需要の落ち込み

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は49343枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の関連記事一覧

本記事では、化粧品業界の各社の過去ESをもとに志望動機の書き方をご紹介しました。

以下の関連記事でも化粧品業界について解説しているので是非読んでいただければと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
49,343枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録