unistyle

MENU

更新情報2021/10/21(木)内容を更新しました!

化粧品業界の働き方とは?職種と仕事内容を徹底解説

化粧品業界の働き方とは?職種と仕事内容を徹底解説

最終更新日:2021年10月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品業界は女子就活生を中心に人気のある業界であり、特に大手化粧品メーカーは志望者が集中するため難易度が高いことで知られています。

志望者の中には、業界に対して華やかなイメージは持っているものの、具体的な職種や仕事内容についてよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、化粧品業界によく見られる職種とその仕事内容を解説していきます。

化粧品業界とは

化粧品メーカーは、「化粧品」の開発、製造、販売などを行う企業です。ここで扱う化粧品はいくつかの種類に分けられます。

具体的には、化粧水や洗顔料などの肌のコンディションを整える「スキンケア化粧品」、ファンデーションや口紅などの「メークアップ化粧品」、シャンプーやリンスなどの「ヘアケア化粧品」、ボディクリームなどの体をケアする「ボディケア化粧品」や香水などの「フレグランス化粧品」などです。

そして、これらに加えて、紙おむつや入浴剤、歯磨き剤などの「トイレタリー用品」を扱う化粧品メーカーも多く存在します。

続いて化粧品業界のビジネスモデルをご紹介します。

化粧品業界のビジネスモデル

「研究開発」⇨「製造」⇨「マーケティング・ブランディング」⇨「販売」

資生堂や花王など、大手化粧品メーカーは、材料の研究・開発から新しい商品の企画、工場での製造、ブランドイメージの確立、販路の開拓まで全ての工程を扱っていることが多いです。

一方で、中小の化粧品メーカーは、化粧品のブランディングに特化する企業や、研究から製造までの工程を担当する企業など、自社の強い工程に注力している企業も多いようです。

以下では、上記の化粧品業界によく見られる特有の職種とその仕事内容について解説していきます。

化粧品業界の職種(1):研究開発

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の職種(2):生産(生産管理、製造技術)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の職種(3):商品企画(商品企画、マーケティング、デザイナー)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の職種(4):営業・販売促進(営業、営業企画、宣伝、販売促進)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に化粧品業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

化粧品業界の関連記事一覧

本記事では、化粧品業界の各社の特徴をご紹介しました。

以下の関連記事でも化粧品業界について解説しているので是非読んでいただければと思います。

最後に、unistyleの公式YouTubeチャンネルでは化粧品業界の業界研究動画を公開しています。

記事だけでなく、動画を通じても業界研究に取り組みたいという方はぜひ下記の対策動画をご視聴ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録