unistyle

MENU

更新情報2020/11/24(火)内容を更新しました!

【内定者例文付】エントリーシート(ES)の「辛かったこと」の書き方

【内定者例文付】エントリーシート(ES)の「辛かったこと」の書き方

最終更新日:2020年11月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシート(ES)で頻出の質問の一つとして、「辛かったこと」が挙げられます。

質問の意図が分からず困ったり、マイナスな印象を与えることを心配したりしている就活生も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、企業がエントリーシート(ES)で「辛かったこと」を聞く意図や、「評価されるにはどのように回答したら良いのか」を、内定者の例文を紹介しながら解説していきます。

また、「辛かったこと」がない場合の対処法についても解説します。

エントリーシート(ES)で「辛かったこと」を聞く意図

企業側が辛かったことを聞く意図

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」の見つけ方・「辛かったこと」がない場合の対処法

辛かったことの見つけ方・辛かったことがない場合の対処法

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

エントリーシート(ES)における「辛かったこと」の書き方

エントリーシートにおける辛かったことの書き方

以下では「辛かったことの書き方」を紹介していきます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

エントリーシート(ES)における「辛かったこと」の回答例(アルバイト、部活・サークル、留学、研究・ゼミ、その他イベント)

大手企業内定者の回答例以下ではアルバイト、部活・サークル、留学、研究・ゼミ、その他イベントの各項目ごとに、内定者のエントリーシート(ES)回答例を紹介していきます。

「辛かったこと」のエントリーシート(ES)回答例:アルバイト編

 

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート(ES)回答例:部活・サークル編

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート(ES)回答例:留学編

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート(ES)回答例:研究・ゼミ編

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート(ES)回答例:その他イベント編

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

辛かったことのまとめ企業が「辛かったこと」を聞くのは、「入社後も辛いことに根気強く向き合い、学びとすることができる人材か」を知るためです。

質問の意図を理解することで、自信を持って回答できるようになるのではないでしょうか。

「辛かったこと」はマイナスに捉えられがちですが、伝え方次第で大きなアピールポイントとなり、プラスに作用することもあります。

また、必ずしも珍しい経験を語らなければならないというわけではありません。

本記事があなたにとって「辛かったこと」について考える一助となれば幸いです。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
50,210枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録