unistyle

MENU

更新情報2021/06/10(木)内容を更新しました!

【簡単】不動産業界の志望動機の書き方解説|例文有

【簡単】不動産業界の志望動機の書き方解説|例文有

最終更新日:2021年06月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産業界を志望している就活生は志望動機を書く前にまず不動産業界の仕事内容や仕組み、求める人材像について知る必要があります。

それらを踏まえた上で志望動機を書くことでより説得力のある志望動機を作成することができます。

そこで本記事では不動産業界の仕組みや仕事内容、求める人材像、志望動機を書く際のポイントを紹介していきます。

不動産業界大手企業内定者の志望動機の例文を紹介しているので、実際に志望動機を書く際に参考にしてみてください。

不動産業界の仕組み

不動産業界の仕組み不動産業界の仕組みについては以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

不動産業界の仕事内容

不動産業界の職種不動産業界の仕事内容については以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

不動産業界で求められる人材像

不動産業界で求められる人材像不動産業界で求められる素養は以下の4点になります。

  • コミュニケーション能力
  • 価値観や立場の異なる人と協力することができる
  • 責任感
  • お客様視点に立ち考える力

以下でそれぞれについて解説します。

不動産業界では顧客はもちろんですが、その他にも建物のオーナーや管理会社など、様々な人と関わる仕事であるため、コミュニケーション能力や異なる価値観や立場の人と協力することができるという素養が求められます。

また、住宅の購入は人生で1番大きな買い物と言われており、お客様の今後の人生に大きく携わることができます。

お客様一人一人に最適な住宅を提案することが不動産業界の仕事の中で最も重要となるため、仕事に対する責任感やお客様視点に立ち考える力も必要です。

不動産業界の志望動機を書く際のポイント

志望動機を書く際のポイント志望動機を書く際には、なぜその企業なのかを伝えなければいけません。

【就活】志望動機とは?受かるために抑えておきたいポイントを基礎から解説の記事で企業が志望動機を聞く意図は下記の2点であるとお伝えしました。

  • 志望度の高さを知りたい
  • 社風やビジョンとマッチするかを知りたい

そのため、下記の4点をしっかり伝えなければなりません。

  • 将来の目標は何なのか
  • なぜその業界なのか
  • 業界内でもなぜその企業なのか
  • どのようなことで企業に貢献できるのか

以下でそれぞれについて具体的に解説していきます。

将来の目標は何なのか

入社後何を成し遂げたいのかについて書くようにしましょう。

不動産業界と一言で言っても、住宅設備や住宅・マンション販売などと様々な業種が存在します。

そのため、入社後どのような仕事がしたいのかを具体的に書きましょう。

例えば、「建物を通じてお客様の今後の人生をより豊かなものにしたい」という目標を持っている人であれば、「営業としてそれぞれのお客様にとって最適な住宅を提案したい」などというように書いてみてください。

なぜその業界なのか

他の業界ではなく、なぜ不動産業界を志望しているのかを書きましょう。

不動産業界の仕事の特徴などを盛り込んで書くとより説得力のある志望動機になります。そのため、「人生で1番大きい買い物である住宅購入に携わりたい」「建物を通じてお客様の今後の人生をより豊かなものにしたい」など、不動産業界ならではの理由を書くようにしましょう。

業界内でもなぜその企業なのか

不動産業界を志望している理由が書けたら、次は業界内で数ある企業のうちなぜその企業が良いのかについて書くようにしましょう。

企業によって強みであったり、注力している事業は異なります。

そのため企業研究をしっかりと行い、各企業の強みや特徴を把握した上で、自分が成し遂げたいことができる企業を選ぶようにしましょう。

どのようなことで企業に貢献できるのか

入社後自分のどのような強みでどんな風に企業に貢献できるかを書きましょう。

自分の強みを活かして貢献できることについて書けると、企業側も入社後の姿をイメージしやすくなり、高い評価に繋がる可能性があるため、企業で活かせる強みをアピールするようにしましょう。

不動産業界の志望動機例文

不動産業界の志望動機例文ここからは不動産業界大手企業内定者の志望動機の例文を紹介します。

実際の内定者はどのような志望動機を書いていたのかを知り、志望動機を書く際に活用してみましょう。

三菱地所の志望動機例文

三菱地所の志望動機例文 不動産業界

あなたは三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいですか。そのように考える理由も併せて教えてください。(300文字以上500文字以下)

大丸有エリアで地権者との合意形成を担当し、東京を世界一のビジネス都市に発展させたいです。私はゼミで公共経済学を専攻し日本の社会問題を日々研究してきました。その為、将来は日本経済を根底から支える「東京」に力を入れる企業で働き社会貢献を実感したい気持ちが強いです。貴社は東京の中でもビジネス集積が進む大丸有エリアを開発し、国内のグローバル化を推進している点が魅力的でした。私は都市間競争が進む中で、海外から人を呼び込むOut-Inの取り組みが重要だと考えています。その為仲通りを歩行者に近い目線で整備する等、貴社が世界に向けてエリア一体の都市機能を高めている姿勢に共感しました。実際に丸の内を訪れた際に外国のビジネスマンが電話を片手に道を歩き、お昼には周囲の国際色豊かな店でご飯を食べる等、仕事と暮らしを満喫している様子が印象的でした。私はエリアを更に発展させる為、地権者と協議を進め開発の土台を創り出す仕事がしたいです。120haに及ぶエリア一体の開発には地権者との利害調整が成功を左右する要素だと思います。そこで私は持ち前の粘り強さを活かして地権者との合意を形成し東京の発展を支える一員として活躍したいです。

引用:三菱地所内定者ES

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三井不動産の志望動機例文

三井不動産の志望動機例文 不動産業界

あなたが三井不動産を志望する理由についてお書きください。(400文字以下)

一つ一つの街の歴史や文化を考慮した開発を進める姿勢に共感した為です。私はゼミで公共経済学を専攻し、再開発の社会的便益についても研究しました。その中で街づくりは人の生活を根底から支え、社会的影響も莫大である事を実感し自らも携わりたいと強く感じました。その中でも貴社は画一的な開発ではなく一つの街に「住・職・遊・文化・緑」といった多機能を混在させ、街のコンセプトを意識した開発を進める点が魅力的でした。私は田舎出身で、街特有の文化や歴史に対する住民の想いの強さを肌で感じてきました。その為、貴社が常に街の歴史や文化を紐解きその街にしかない個性を育て蘇らせようとする姿勢に強く共感しました。実際にミッドタウン日比谷を訪れた際、歴史に基づいた「演劇・文化の街」というコンセプトが、建物の形やテナント等から直に伝わってきました。私も一つ一つの街の歴史や文化に寄り添い世界で唯一の街づくりに貢献したいです。

引用:三井不動産内定者ES

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

住友不動産の志望動機例文

住友不動産の志望動機例文 不動産業界

志望理由を教えてください。(50文字以上200文字以下)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

森ビルの志望動機例文

森ビルの志望動機例文 不動産業界

当社を志望する理由を教えてください。(タイトル:30字、志望理由:400字)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

不動産業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に不動産業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

不動産業界志望者向けグループに参加したい方はこちらをクリック

最後に

不動産業界の志望動機を書く際のポイント本記事では不動産業界の仕組みや仕事内容から、求める人材像、志望動機を書く際のポイントまで紹介していきました。

志望動機を書く際は「なぜその業界なのか」「業界内でもなぜその企業なのか」「何を成し遂げたいのか」の3点について触れる必要があるため、志望動機を書く前にしっかりと自己分析を行い、なぜ不動産業界なのかについて深掘ってみましょう。

動画を通じて志望動機の書き方を確認したいという方は下記の動画も参考にしてもらえればと思います。

また、こちらの記事や動画では不動産業界の全体像について紹介していますので、あわせてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録