unistyle

MENU

更新情報2021/12/03(金)内容を更新しました!

【最新版】印刷業界の売上高・平均年収ランキング

【最新版】印刷業界の売上高・平均年収ランキング

最終更新日:2021年12月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは印刷業界と聞いて、各社がどのくらいの規模の売上高を誇っているのかご存じでしょうか?

紙媒体へのニーズの低下から印刷業界は「斜陽産業」と言われていますが、紙媒体の印刷のみで利益を得ているわけではありません。

そのため、どの会社がどれだけの売上高を上げているか知っておくことが、業界研究、企業研究に必要となります。

本記事では、現時点(2020年2月25日)での印刷業界の売上高の上位10社を解説するとともに、各社の強みやビジネスモデルを見ていきます。印刷業界や印刷会社への理解を深めていきましょう。

印刷業界企業の売上高ランキング(1~10位)

本記事では、印刷業界内で売上高の高い企業上位10社を取り上げ、各社の特徴も踏まえながら紹介していきます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

印刷業界の平均年収ランキング

印刷業界 平均年収ランキング

印刷業界の平均年収ランキングは以下の通りです。

※( )内は社員の平均年齢になります。

1位 :大日本印刷(DNP)    766万円(平均42.8歳)
2位 :トッパン・フォームズ  682万円(平均45.4歳)
3位 :凸版印刷        678万円(平均42.8歳)
4位 :NISSHA                   629万円(平均41.5歳)
5位 :日本創発グループ  594万円(平均44.4歳)
大日本印刷(DNP)の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら
凸版印刷の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら
トッパン・フォームズの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

まとめ

ここまで見てきた印刷業界の売上高ランキングをまとめました。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

印刷業界の各社は紙媒体だけでなく、印刷技術を用いた事業の多角化に動いているため、今後の動向にも注意が必要でしょう。

印刷業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

印刷業界志望の就活生向けLINEオープンチャット

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に印刷業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛 び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

 

印刷業界について更なる理解を深めたい方のために、以下に関連する記事をいくつかご用意していますので、是非ご一読ください。

印刷業界の業界研究、選考対策に役立つ記事

印刷業界の企業研究は以下から

「凸版印刷」の企業研究を行いたい方はこちらから
「大日本印刷」の企業研究を行いたい方はこちらから
「トッパン・フォームズ」の企業研究を行いたい方はこちらから
「共同印刷」の企業研究を行いたい方はこちらから

類似する業界の記事

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,290枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録