unistyle

MENU

更新情報2020/12/15(火)内容を更新しました!

【ES例文有】広告代理店での自己PRの書き方|求める人材も紹介

【ES例文有】広告代理店での自己PRの書き方|求める人材も紹介

最終更新日:2020年12月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”華やかなイメージのある広告代理店”は、世の中で流行するコンテンツ、話題になる電車の吊り広告や新聞広告、TVCMなど人の心に働きかける仕事がたくさんあります。

ただ、人気のある広告代理店を受けたいけど、まだ自己PRが完成していない方何を書けばいいのか分からない方もいるのではないでしょうか。

そのような悩みを抱えた皆さんに向け、インターンや本選考の倍率がとても高い「電通・博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ・ADKホールディングス(ADK)・サイバーエージェント・JR東日本企画(jeki)」などの広告代理店のES選考を突破した方々はどのような自己PRを書いていたのか見ていきます。

また、本記事ではそもそも企業がなぜ自己PRを聞くのか・自己PRの書き方・広告代理店が求める人物像などについても解説します。

自己PRを書く際の参考にしてみてください。

自己PRを聞く意図とは

上述したように企業に評価される自己PRを考える際には、まず企業側が自己PRを問う理由からアプローチしてみると分かりやすいでしょう。

企業が学生に対して自己PRを尋ねる理由は以下の2点と考えられます。

企業が自己PRを尋ねる理由

自社の求める長所・能力があるかを知るため


・人柄を判断するため

この2点について以下で詳しく説明します。

自社の求める長所・能力があるかを知るため

当然ながら、企業は利益を生み出さなければなりません。そのためには、そこで働く社員が企業に利益をもたらす必要があります。

つまり、あなた自身が入社した際にその企業にプラスをもたらすことができる人物かどうかを企業は見ています。言い換えると、企業は入社後に活躍してくれる人材かどうかを見極めているということです。

そのため、自分の長所をアピールする際はただ長所を伝えるのではなく、企業が求めている長所を意識してアピールすることが大切です。

人柄を判断するため

企業は能力だけでなく、人柄も含めて採用を行っています。

そのため自己PRを通してその人の長所だけでなく、その長所を培った経験を聞きます。その経験から、企業は「この人は〇〇な性質を持っている」などとその人の人柄を導き出します。

つまり、自己PRからその人の物事へ取り組む姿勢を見ることができるということです。そしてその導き出された人柄と自社がマッチしているかを判断し、採用するかしないかを決めていると言えます。

ここまでで自己PRがどんなものかについて理解できたと思います。面接では自己PRとは別に自己紹介を求められる場合があります。その際に自己PRと自己紹介の違いについて理解できていないと企業の求めている回答をすることができません。

引用【就活】受かる自己PRとは?書き方・例文・面接などのポイントを伝授!
→さらに詳細な自己PRについて解説しています。

基本的な自己PRの書き方

まずは基本的な自己PRの書き方をご紹介します。企業にとって、自己PRとは「その人が企業にマッチしているか」を確かめる項目になります。自己PRに関しては【就活】受かる自己PRとは?書き方・例文・面接などのポイントを伝授!で詳しく解説しています。

自己PRのフレームワークを理解することで、選考官に響く効果的なアピールをすることができます。

企業を理解し、伝える「強み」を決める

企業が自己PRをESや面接で問う理由は(1)自社の求める強み・能力を持っているか(2)キャラが自社にマッチしているかを図ろうとしているからです。

企業側も採用活動において、一人あたりに莫大な採用コストをかけているため、それ以上に自社に利益をもたらすことができる人材かどうかは必ずアピールしなければなりません。

とはいえ、闇雲に自分の強みを言えばよいのではありません。志望業界のビジネスモデルによって求める人物像は変わってくるからです。

すなわち、志望業界や志望企業のビジネスモデルや社風を理解し、求める素養にマッチした強みを自己PRで伝える必要があるのです。

「強み」を論理的に伝えるための自己PRを書く

自身の志望企業に評価される「強み」を定めたとしてもそれがわかりやすく伝わらなければ意味がありません。

ここでは、「強み」を論理的に伝えるためのフレームワークを紹介します。

論理的な自己PRを書くためのフレームワーク
(1)強み:あなたの強みは?
(2)強みの原点:強みが形成されたきっかけは?
(3)強みを表す具体的エピソード
(4)強みの方法論:強みを発揮するために意識していることは?
(5)強みの活かし方:その強みを入社後にどう活かす?

各項目の説明は以下の動画から詳細に確認できます。

広告代理店が求める人材とは 

次は、実際の広告代理店の仕事内容から考えられる、3つの求められる人材像を見ていきましょう。

周りを巻き込める人

周りを巻き込める人とは、「他者と協力して物事を進められる人」のことを指します。

広告代理店の中でも営業職は企業とクライアントの仲介者でもあり、様々な人と連携をとることになります。また、案件や企画ごとにチームが組まれます。

その結果、誰かと協業することは必然的に多くなるので、周りを巻き込める力は重要になってくるでしょう。

ビジネスプロデュース職は営業を始めとして、クライアントとの窓口を担う仕事を行います。各競合広告代理店との「競合プレゼンテーション」を勝ち抜いて初めて新規の案件を獲得できます。案件獲得後は、その案件の予算やスケジュール、進捗管理まで担当します。

引用:【業界研究|広告編】広告業界は本当に華やか?概要とトピックを徹底解説

忍耐力のある人

忍耐力のある人とは、「多忙な仕事の中でもやりきることができる人」のことを指します。

広告代理店は華やかである一方、激務の一面もあります。つまり、仕事を回しながらやりきることができる忍耐力が必要になってくると考えられます。

また、広告代理店は「労働集約型のビジネスモデル」という側面からも忍耐力が必須と言われています。ここで、労働集約型産業という言葉の意味を確認してみましょう。

【労働集約型産業】

人間の労働力による業務の割合が大きい産業を意味します。
つまり、「人」「資本」「知識」の中でも、「人」による依存度が高いということです。そのため、企業にとってのコストは労働者への賃金が大半を占めます。具体的には、第1次産業の農業や漁業、第3次産業のサービス業や流通業が当てはまります。一方、「資本」の割合が多い場合は「資本集約型産業」、「知識」の割合が多い場合は「知識集約型産業」と呼ばれています。

引用:「激務による自殺」問題はなぜ後を絶たないのか?ビジネスモデルから考察する構造的問題

広告代理店は人間の労働力による業務の割合が大きく、クライアントがいる業界でもあるため、取引先の都合などにも左右されることも往々にしてあります。

よって、広告代理店の求める人材像として忍耐力が必要になると言えます。

発想力がある人

発想力がある人とは、「新しいアイデアを生み出すことができる人」のことを指します。

広告といえば、クリエイティブな領域というイメージがあります。

実際に広告代理店では、クリエイティブ職と言われている職種があります。一般的には、「コピーライターやアートディレクター、CMプランナー」などが該当します。

クリエイティブ職とは何をしている方々なのか、以下の電通の採用HPを参考にしてもう少し詳しく確認してみます。

【クリエイティブ】
戦略をメッセージ化して、人の心を動かす企画や表現を生み出す人。常識にとらわれない自由な発想でアイデアを考え、実現します。

引用:DENTSU RECRUIT 2020

クリエイティブ職は、0から1を作り出す仕事でもあるため、今までにない右脳的なアイデアや発想が必要となってくると考えられます。

以上のような広告代理店の3つの求める人材像のポイントを押さえた上で、自分の強みを考えて自己PRを書いてみましょう。

また、ビジネスモデルを理解することで、求める人材像を知ることができます。求める人材像を把握することは、自己PRを書く過程で大事なポイントです。以下の記事を参考にしてみてください。

広告代理店のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文 

続いては、広告代理店選考通過者の自己PRを確認していきます。

今回は「電通・博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ・ADKホールディングス(ADK)・サイバーエージェント・JR東日本企画(jeki)」の大手広告代理店内定者の自己PRを見ていきます。

電通のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

電通の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

博報堂・博報堂DYメディアパートナーズのエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

博報堂の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

ADKホールディングス(ADK)のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

サイバーエージェントの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

JR東日本企画(jeki)のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50210枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

JR東日本企画(jeki)の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

最後に

広告は日々の生活に溶け込んでいます。日常的に見ている身近な広告を徹底的に考えてみるのも、広告代理店を理解する手立てとなり、自己PRの作成にも役立つかもしれません。

ワクワクや感動を与えたり、人の心を動かす広告業界はとても魅力的です。広告代理店を目指している就活生の自己PR作成に、本記事が参考になれば幸いです。

広告・印刷業界志望の22卒就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

「そもそもオープンチャットって何?」という疑問が浮かんでいる方は、まずは下記の記事をご確認ください。

5万人の就活生が参加!今話題の「就活用LINEオープンチャット」をご紹介

実際に【22卒】広告・印刷業界志望者向けグループは、現時点(2020年12月中旬)で約3,800名もの就活生が参加し、選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
50,210枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録