unistyle

MENU

更新情報2022/12/09(金)内容を更新しました!

自己PRで真面目をアピールする方法【大手企業選考通過者ES例文10選】

自己PRで真面目をアピールする方法【大手企業選考通過者ES例文10選】

最終更新日:2022年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRで"真面目"という強みをアピールしている就活生も少なくないと思います。

真面目に一生懸命働いてくれる人材は企業にとって必要であるため評価されやすいですが、抽象的な言葉であるため正しく伝わらないとマイナスなイメージを持たれてしまう可能性もあります。

ではどのように伝えれば良いのでしょうか。

そこで本記事では自己PRで"真面目"をアピールする際のコツや言い換えの言葉を例文をもとに紹介していきます。

企業が自己PRで求める真面目とは

企業が自己PRで求める真面目とは

そもそも、なぜ企業は真面目な人材を求めているのでしょうか?

まず初めに、企業における「真面目」とは何かについて考えていきましょう。

  • 企業が自己PRで求める真面目とは (1) 「真面目」という言葉の定義
  • 企業が自己PRで求める真面目とは (2) 企業における「真面目」の求められ方

企業が自己PRで求める真面目とは (1) 「真面目」という言葉の定義

国語辞典では「真面目」という言葉を以下のように定義しています。

まじめ「真面目」

1 うそやいいかげんなところがなく、真剣であること。本気であること。また、そのさま。「―な顔」「―に話をする」

2 真心のあること。誠実であること。また、そのさま。「―な人柄」「―に暮らす」

参考:weblio辞書

こうした定義からも、「真面目」という言葉には「真剣に物事にあたる」「誠実に全うする」といったような好意的な意味で捉えられることが分かっていただけると思います。

企業が自己PRで求める真面目とは (2) 企業における「真面目」の求められ方

ここからは、実際のビジネスの現場で「真面目」がどのようにして求められているのかについて考えてみましょう。

企業で働く以上は、仕事が与えられ、周りの人と協力しながらそれを全うしなければなりません。そのためには仕事を真剣に最後までやりきる力周りの人から信用される誠実さが必要になってきます。

これらの真面目な性質はどの企業でも求められるものであるため、多くの企業が真面目な人材を求めているのです。

自己PRで真面目を伝える際の手順

自己PRで真面目を伝える際の手順自己PRを書く際は以下のフレームワークに沿って書くことで、企業に評価される自己PRを書くことができます。

自己PR 書き方

ここで大切なことはまず初めに結論を簡潔に伝えるということです。その次に結論の根拠となるエピソードとして「どんな努力や工夫をし、結果を出すことができたか」を伝えます。最後は自分の長所が会社にどう貢献できるかをアピールしましょう。

より詳細な自己PRの書き方は以下の記事・動画でわかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

動画を通じて自己PRの書き方を確認したいという方は、下記の動画を参考にしてもらえればと思います。

自己PRで真面目をアピールする際のポイント

自己PRで真面目をアピールする書き方のポイント

自己PRで真面目さをアピールする際は以下のポイントを意識してください。

  • 自己PRで真面目をアピールする際のポイント (1) 「真面目」を具体的な言葉に言い換える
  • 自己PRで真面目をアピールする際のポイント (2) 「真面目」をアピールできるエピソードを伝える
  • 自己PRで真面目をアピールする際のポイント (3) 「真面目」を企業でどう活かすかを伝える

以下でそれぞれについて解説します。

自己PRで真面目をアピールする際のポイント (1) 「真面目」を具体的な言葉に言い換える

真面目という言葉はやや抽象的な言葉であり、自分が伝えたい意味と相手の受け取りに齟齬が生まれてしまう可能性があります。

真面目という言葉だけでは「何事も真剣に取り組む人」という印象もあれば、「頑固な人」という印象を持つ人もいると思います。

そういった認識のズレをなくすためにも、真面目をもっと具体的な言葉に言い換えて伝える必要があります。

例えば、「私は一度自分で決めたことは最後までやり抜くことができます。」などとアピールする方が、企業側にもあなたの真面目な人柄や強みをより具体的に伝えることができます。

企業は自己PRを通して「自社の求める強み・能力を持っているか」「キャラクターが自社にマッチしているか」を知りたいと思っているため、より深くあなたの人柄を知ってもらうためにも具体的にアピールするようにしましょう。

自己PRとは何なのかについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。自己PRでアピールすべき強みや企業が聞く意図など、自己PRの基礎を学ぶことができます。

参考:新卒就活の自己PRとは-種類別例文19選と共にNG自己PR例も紹介-   

自己PRで真面目をアピールする際のポイント (2) 「真面目」をアピールできるエピソードを伝える

先程も述べましたが、真面目という言葉は抽象的であるためその言葉だけではいまいちあなたがどんな人なのか伝わりません。

そのため、自己PRで真面目をアピールする際はしっかりと具体的なエピソードを伝えるようにしましょう。

具体的なエピソードを書く際は以下の4点を意識して考えると、説得力の自己PRを作成することができます。

  • 自己PRで「真面目」をアピールできるエピソードを伝えるコツ (1) 強みを発揮した場面
  • 自己PRで「真面目」をアピールできるエピソードを伝えるコツ (2) 課題
  • 自己PRで「真面目」をアピールできるエピソードを伝えるコツ (3) 課題を克服するためにとった行動
  • 自己PRで「真面目」をアピールできるエピソードを伝えるコツ (4) 結果

動画を通じて自己PRの書き方を確認したいという方は下記の動画も参考にしてもらえればと思います。

自己PRで真面目をアピールする際のポイント (3) 「真面目」を企業でどう活かすかを伝える

自己PRで真面目をアピールする際はその強みを仕事でどう活かせるかを伝えることが非常に大切です。

どの企業も入社後に自社に貢献してくれる人材を採用したいと考えているため、その強みが会社でも活かせるものかどうかをチェックしています。

そのため、「真面目という強みを活かして貴社でも〇〇に貢献できると思います。」と自分の強みを入社後どのような場面でどう活かせるかについても伝えるようにしましょう。

しかしあなたが持っている強みが志望企業で求められていないものであったら、せっかくの自己PRが台無しになってしまいます。

そうならないためにも、事前に「志望企業が求めている人材はどのような人材なのか、自分の強みの中で志望企業に貢献できる強みは何なのか」を企業研究を通してしっかりと把握しておくようにしましょう。

企業研究について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

参考:企業研究のやり方を徹底解説-新卒就活を効率的に進めるためのコツとは?-

自己PRで真面目をアピールする際の注意点

自己PRで真面目をアピールする際の注意点

ここからは、自己PRで「真面目」をアピールする際に多くの就活生が陥ってしまう落とし穴を紹介します。

自分自身のESや面接での言動を振り返る際にご活用ください。

  • 自己PRで真面目をアピールする際の注意点 (1) 「与えられた仕事をこなしただけ」の経験をアピールしてしまう
  • 自己PRで真面目をアピールする際の注意点 (2) 「真面目」が短所と思われてしまう
  • 自己PRで真面目をアピールする際の注意点 (3) 「真面目」と短所との整合性がない

自己PRで真面目をアピールする際の注意点 (1) 「与えられた仕事をこなしただけ」の経験をアピールしてしまう

真面目の強さをアピールした自己PRでは、「大変なアルバイトを頑張った」といったような、ただ与えられた仕事をこなしたただけのエピソードをよく耳にします。しかし、労働の対価として給料を受け取っている以上、与えられた仕事に真剣に取り組むことは当たり前のこののように思えます。

このように、与えられた仕事をこなした経験で真面目をアピールした自己PRは、ただ「当たり前のことをしただけ」だと思われ、面接官の評価につながらない可能性が高いです。また、自分から主体的に行動することのできない受け身な人物と思われてしまうかもしれません。

「真面目」の高さ自己PRでアピールする上では、与えられた仕事以上に、自分がどのように考え、具体的にどのような行動を起こしたのかについて説明する必要があります。また、取り組みの動機は「やることになっているから」「仕方がないから」といった受動的なものではなく、「どうしてもやりたい」といった主体的なものでなければなりません。

自己PRで真面目をアピールする際の注意点 (2) 「真面目」が短所と思われてしまう

真面目は大変魅力的な強みの一つですが、アピール次第で弱みにもなってしまうケースがあります。具体的に、柔軟性が無いと思われたり、主体性が無いと思われてしまう可能性があります。

「私はマニュアル通り真面目に物事に取り組むことができます」といった例文は選考官から真面目というよりも柔軟性が無いと思われてしまうケースになります。この場合はマニュアル通りだけではなく、臨機応変に行動した具体的なエピソードを含めることで選考官から真面目で柔軟性もあると思われるようにしましょう。

また「与えられた仕事はしっかりとこなすことができます」といった例文は選考官から真面目というよりも主体性が無いと思われてしまうケースになります。この場合は自ら課題を発見しそれを解決した具体的なエピソードを含めることで選考官から真面目で主体性もあると思われるようにしましょう。また粘り強く頑張ったことや、最後までやり切ったことで真面目さをよりアピールしても良いと思います。

自己PRで真面目をアピールする際の注意点 (3) 「真面目」と短所との整合性がない

自己PRは頻出質問の一つですが、短所も頻出に質問されるものの一つです。そこで自己PRと短所で整合性のない回答をすると選考官からは本当に真面目なのかと疑われてしまいます。

例えば、自己PRの質問で「私は最後まで仕事をやりきる真面目さがあります」と回答したとしても、短所の質問で「何事も継続的にやり続けることができないことが私の弱みです」と回答してまうと整合性が無く、説得力に欠けてしまいます。

短所の質問に回答する際も、自己PRの強みと整合性があるかを確認しながら回答するようにしましょう。

自己PRで真面目をアピールする言い換え例

真面目の言い換え 自己PR物事は表裏一体であり真面目という強みを聞いて、「頑固」や「融通がきかない」というイメージを持ってしまう人もいるかもしれません。

そのため真面目という強みを他の言葉に置き換えてアピールするのも一つの手であると言えます。

真面目を以下のような表現に変えてアピールしてみるのも良いかもしれません。

真面目の言い換え例

●自己PRで真面目をアピールする言い換え例 (1) 几帳面

●自己PRで真面目をアピールする言い換え例 (2) 責任感がある

●自己PRで真面目をアピールする言い換え例 (3) 熱心

●自己PRで真面目をアピールする言い換え例 (4) 一生懸命

●自己PRで真面目をアピールする言い換え例 (5) 正直

●自己PRで真面目をアピールする言い換え例 (6) 手抜きをしない

●自己PRで真面目をアピールする言い換え例 (7) 信頼できる

上記のように真面目さをアピールできる言葉は色々あります。

どの言葉が自分の真面目さに合うのかを考え、自分の真面目さを一番良くアピールできる言葉を選んでみてください。

真面目をアピールした自己PRのNG例文

自己PRで真面目をアピールするNG例

  • 真面目をアピールした自己PRのNG例文 (1) 具体的な体験談がない
  • 真面目をアピールした自己PRのNG例文 (2) 当たり前のことをしているだけ
  • 真面目をアピールした自己PRのNG例文 (3) 協調性がない
  • 真面目をアピールした自己PRのNG例文 (4) 融通が利かない

真面目をアピールした自己PRのNG例文 (1) 具体的な体験談がない

私の強みは真面目なところです。「何事にも真面目に取り組む」というモットーのもと様々なことに挑戦してきました。この強みにより、これまで遭遇してきた課題を解決し続けることができました。この強みを活かして、貴社に入社後は任された仕事に対して一生懸命取り組み、貢献していきたいと思います。

この自己PRではどのように真面目なのかが全く伝わってきません。理由としては具体的なエピソードがないからです。

上述していますが、"真面目"とは抽象的な言葉であるため「なぜ真面目と言えるのか」という具体的なエピソードを自己PRで述べる必要があります。

そのためこの自己PRの場合であれば、「課題に遭遇しても解決することができました。」という部分で、具体的に「どのような課題に遭遇したのか、またそれはどうやって解決したのか」について書けると良いでしょう。

真面目をアピールした自己PRのNG例文 (2) 当たり前のことをしているだけ

私の強みは真面目であることです。私は居酒屋でアルバイトをしていたのですが、遅刻をしがちで注意されることが多かったです。しかし私は、現状のままではいけないと感じ、時間をきちんと守れるように時間に注意し真面目に頑張りました。店長からも「最近遅刻しなくなったね」と言われ、周囲のバイト仲間からも認められるようになりました。この経験を活かし、貴社でも真面目に行動したいです。

このNG例文は真面目に行動したエピソードが当たり前のことをしているだけになっています。

最初のマイナスな状態を普通の状態に戻しただけになっています。

真面目をより印象深く伝えるには当たり前なことはできたうえで、プラスアルファのことをしたエピソードを入れるようにしましょう。

真面目をアピールした自己PRのNG例文 (3) 協調性がない

私は真面目な性格をしているため自分一人ですべてを全うします。貴社のインターンシップに参加した際に、5人1チームでワークを行うことになりました。私は「他の人に任せられない」と思い、すべての作業を自分が引き受けたことがあります。チームの人からは「仕事ができてすごい」と言われ、感謝されました。この経験から自分一人でも仕事をこなしていける力と自信が付きました。貴社においても真面目に一人で仕事を全うする力を活かし、成長していきたいです。

このNG例文では協調性がなく、自己中心的なエピソードになっています。

チームで仕事を行ううえで大切なのは一人ひとりの役割を全うすることです。

この例文では一人ひとりの役割を奪い、すべての作業を自分一人で行っており、真面目というよりも協調性がなく自己中心的な人物と思われてしまいます。

チームで作業が滞っている場合は、主体的に役割分担や他の人がやりたがらない役割を担うといったことを行うことで真面目をアピールするようにしましょう。

真面目をアピールした自己PRのNG例文 (4) 融通が利かない

私の強みはマニュアル通りに真面目に働くことができることです。私はカラオケでアルバイトをしていますが、そこでも最初の研修期間に教えられたマニュアル通りに行動し、決められたこと以外は行わず、真面目に取り組み評価されてきました。貴社に入社後も、早くにマニュアルを覚え、規定通りに行動できるようにしたいです。

こちらはマニュアル通りに行動できるという真面目さをアピールしていますが、これは注意点でもお話ししたように、柔軟性がないと思われてしまいます。

仕事をする上でイレギュラーなことはもちろん起き、マニュアルでは対処できないことは少なくないです。そうなった場合にどう対応するのかが企業としては不安になってしまいます。

こちらの自己PRではマニュアル通りだけではなく、イレギュラーな対応をしたエピソードも含めることで真面目で融通が利く人物だと思われるようにしましょう。

続いては大手企業選考通過者が自己PRで"真面目"をアピールしている回答例文を紹介します。どのようなエピソードが評価されているのか参考にしてみてください。

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文

以下で大手企業選考通過者の自己PRの回答を紹介します。

それぞれ真面目をアピールしている回答となっているので、自己PRで真面目をアピールしようと思っている方は参考にしてみてください。

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (1) 西日本電信電話(NTT西日本)ES例文

自由に自己PRをおこなってください。(400文字)

何事にも妥協せず最後まで真面目に取り組むことが私の強みです。私は高校時代〇〇部に所属していました。〇〇部では成績が悪い部員は練習することができないという規則がありました。当時私はレギュラーではなかったため、〇〇の練習に時間を割きたい一方で、日々の勉強を怠ることはできませんでした。そこで私は隙間時間の活用を心掛けました。授業の合間の休み時間や登下校の時間等を利用して勉強することにより、十分な勉強時間を確保することができました。また、勉強する時間をきっちり区別したことにより、〇〇の練習をする時間とのメリハリをつけることができました。その結果いっそう練習に集中することができるようになり、レギュラーの座を奪うことができました。勉強面でも最終的には私の志望する大学に合格することができました。社会に出てからも、どんな困難に直面しても粘り強く努力することの大切さを忘れずに仕事をしていきたいと思います。

選考通過者本選考ES:西日本電信電話(NTT西日本)19卒(文系)
西日本電信電話(NTT西日本)の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (2) 伊藤忠丸紅鉄鋼(MISI)ES例文

今までの経験の中で発揮された、もしくは培われたあなたの「○○力」を教えてください。(全角300文字以内) ※「○○力」とは、あなたの強み・個性・特長・魅力を意味します。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

伊藤忠丸紅鉄鋼(MISI)の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (3) 兼松ES例文

周囲の人からあなたはどのように評価されますか(300字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

兼松の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (4) 住友化学ES例文

その他、ご自身のアピールポイントがありましたら、ご自由にお書きください。どのようなテーマで記載いただいても構いません。(200文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

住友化学の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

 大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (5) 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)ES例文

【強み】あなたの強みを教えてください。また、その強みを発揮したと思われるエピソードや経験も教えてください。*(500文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (6) 大正製薬ES例文

自己PR(学業以外で力を入れたこと、強み・弱み など)をお聞かせください(500文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

大正製薬の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (7) ENEOSES例文

一番のPRポイントは何ですか。(性格、経歴等何でも結構です)理由と併せて記入してください。(250字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ENEOSの企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (8) 東日本旅客鉄道(JR東日本)ES例文

あなたの強みとそれが生かされたエピソードを教えて下さい。(400字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

東日本旅客鉄道(JR東日本)の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (9) 日本電気(NEC)ES例文

自由コメント(特記事項など)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日本電気(NEC)の企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

大手企業選考通過者の自己PRで真面目を強みとした回答例文 (10) 三菱UFJニコスES例文

当社で活かせるあなたのセールスポイントとその理由を教えてください。 (全角入力400文字まで)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は70241枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三菱UFJニコスの企業研究ページ(関連記事・本選考/インターンES・本選考/インターンレポート)はこちら
上記の企業研究ページを参考に自己PRで真面目を具体的にアピールしましょう

最後に

自己PRでは他の言葉に言い換えてアピールするのも有りここまでで自己PRで真面目をアピールするためのコツや書き方について紹介してきました。

先述の通り、真面目という言葉は抽象的であるため、受け取り方によっては真面目というよりも短所に聞こえてしまうこともあります。

そうならないためにも自己PRで具体的なエピソードを交えて話したり、他の言葉に言い換えてアピールするなど、自分の真面目をより良くアピールできる言葉は何か考えてみてください。

【関連記事】
ガクチカの書き方について知りたい方はこちら
志望動機の書き方について知りたい方はこちら

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
70,241枚以上の企業ES・選考情報が見放題
(2022/6/9時点)
unistyleに無料会員登録