unistyle

MENU

更新情報2021/09/27(月)内容を更新しました!

本選考とは違う?インターン選考を突破するための志望動機の書き方とは

本選考とは違う?インターン選考を突破するための志望動機の書き方とは

最終更新日:2021年09月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学3年生の夏から冬にかけて開催されるインターンシップですが、近年は就活生のほぼ全員がこのインターンシップに参加するとも言われています。

また、一般的に企業がインターンシップを開催するのは最終的に採用に繋げることを目的にしている場合が大半であり、企業によってはインターンシップへの参加が本選考に直結することも珍しくありません。

しかしその一方で、周りに流されて参加を希望する方も多く、そういった就活生が書く志望動機は目的や志望理由が明確でない印象があります。

また、インターンシップの参加倍率は年々高くなっており、志望動機が明確でない状態では高倍率の選考を突破することは難しいでしょう。

そこで本記事では、インターン選考突破に向けた志望動機の書き方や書く際のポイント等を解説していきます。

インターンシップで志望動機を聞く理由

インターンで志望動機をきく理由
インターンシップに応募する際に志望動機を聞く意図は、本選考で挙げられている理由の「志望度の高さを知りたい・社風やビジョンとマッチするかを知りたい」の2点に加え、「目的意識があるかどうか」をチェックされています。

インターンシップに参加する就活生の中には、「何となく企業のことを知れるかな」「みんな行ってるし、とりあえず参加しておこう」と思っている人も一定数いるでしょう。

もちろんそういった理由が必ずしも悪いという訳ではありませんが、企業としては多額のお金を投資してインターンシップを開催しているわけですから、「○○という理由があり、△△するためにインターンに参加したい」といったように、具体的な目的意識がある就活生に来てほしいと思うのは当然でしょう。

ただその一方で、それほど志望動機を重視していない企業もあるのも事実です。

それはどういうことかと言うと、「採用したいけれど、本選考には来てくれないような優秀な就活生」に対し、自社の本選考を受けたいと思ってもらえるようにアプローチすることを目的としているということです。

例えば、某商社のインターンシップに非常に優秀な就活生が応募してきたとします。その商社の人事は「ぜひうちの選考を受けて欲しい!採用したい!」と思うでしょう。しかし、その優秀な就活生はその時点では外資系コンサルや外資系投資銀行を志望しており、今のままでは商社の本選考には応募しないことが予想できます。

そこで人事は、インターンシップに参加させることで志望度を上げることを試みます。優秀な就活生は仮に「若い内に成長したいから」という理由で外資系コンサルを志望しているという事実があった場合、商社でも「成長できる」環境があることをその優秀な就活生にインターンシップに参加して知ってもらえれば、本選考を受けてくれるかもしれません。

この様に、採用したい就活生の志望度を上げることを目的としている場合もあるため、インターン選考に提出する志望動機は企業によって書く内容を慎重に考える必要があります。

インターンシップにおける志望動機の考え方

インターンでの志望動機の考え方
インターンシップの志望動機では「目的意識」が重要な評価ポイントになると冒頭でお伝えしました。

それをより詳しく説明するため、今回は将来の目標が決まっている場合インターンシップへ参加することが目的の場合の2パターンで考えていきます。

将来の目標が決まっている場合

「社会問題を解決したい」「日本のプレゼンスを向上させたい」など将来の目標や成し遂げたいことが決まっている場合は、それらを軸に志望動機を作成しましょう。

特に「なぜその業界や職種に興味を持ったのか」「そう思ったきっかけは何なのか」の観点から、なぜインターンを志望するに至ったのかを考えてみてください。

そう思ったきっかけは他の就活生と志望動機を差別化出来るポイントになります。サークルやアルバイト、留学の経験など自分自身の過去の経験を深掘ってみましょう。

インターンシップへ参加することが目的の場合

特にやりたいこともない、自分に向いていることが分かならないという就活生は「とりあえず何か見つかるかも知れない!」と思い、インターンシップに応募している方も多いのではないでしょうか。

インターンシップを志望する理由が”業界を理解するため・仕事を経験するため”と思っている場合は、自分自身に「なぜ?」と問いかけてみましょう。なぜその業界を理解したいのか、なぜその仕事を経験しようと思ったのかといった要領です。

自分自身に「なぜ?」と繰り返し問いかけることでより具体的な軸が見つかることに繋がり、ひいてはそのインターンシップを志望している動機が見つかるはずです。出来る限り具体的なところまで落とし込んで考え、他の就活生との差別化ができる志望動機を作成しましょう。

上記の内容は自己分析にも関わってくるため、下記に自己分析に関する記事を載せておきます。まだやりたいことが見つかっていない、なぜその業界を志望しているか自分で分からないという就活生は、こちらの記事を参考に再度自己分析をしてみても良いかもしれません。

また、本選考の志望動機にも関連することではありますが、志望動機を書く際に将来やりたいことが企業のやりたいことと一致していることも重要です。それに加え、企業の求める人物像に当てはまっているのかも意識しましょう。

どれだけ将来のビジョン・やりたい仕事内容が一致していても、企業の求める人物像と自身の主張が乖離していては、入社後にミスマッチを起こしてしまう可能性があるためです。

ここまでの内容をまとめると、インターンシップの志望動機を作成する際は以下の4点を意識していただければと思います。

志望動機の考え方

(1)将来からの逆算ができない場合は、参加したい理由に「なぜ?」と繰り返し問いかけることでより具体的な軸を見つける
 

(2)過去の経験からやりたいことが繋がっていることを確認する

(3)自分の将来やりたいことが企業の方針と一致していることを確認する

(4)企業の求める人物像と自らの素養が一致していることを確認する

とは言え、志望度がそれほど高くない就活生を求める企業もある

ここまでインターンシップの志望動機を聞く意図や考えるポイントを解説してきましたが、企業によっては、あまり志望度が高くない就活生をインターンシップに参加してほしいと思っている場合もあるようです。

まず大前提、企業がインターンシップを開催する目的は大きく2点あります。

  • 優秀な就活生と早期に接触したい
  • 企業への理解を深めてもらいたい

例えば、インターンシップを開催する企業の目的が「自社に興味を持ってもらい本選考に参加してもらう」だった場合、インターン選考の時点で志望度が高い就活生は今回インターンシップに参加しなくても本選考にエントリーするだろうと判断され、その時点で対象から外してしまう場合があります。

志望動機を考える際には、企業がインターンシップをどんな目的で開催しているのかまで考えることができると、より通過率は上がるかも知れません。

インターンシップにおける志望動機の書き方とフレームワーク

インターン用の志望動機のフレームワーク
インターンシップの志望動機を述べる際に使用するフレームワークは、基本的に本選考のフレームワークと同様です。

ただ、インターンシップに参加することと本選考に参加することでは目的が異なるため、「フレームワーク+参加への意気込み」がインターンシップの志望動機を書く際のフレームワークとしてはベストでしょう。

そのように考えると、インターンシップの志望動機のフレームワークは下記のようになります。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【業界別】インターンシップの志望動機ES例文

インターンにおける志望動機の書き方を理解したところで、続いてはES例文を紹介していきます。

今回は「金融・化粧品・不動産業界」の代表企業を取り上げ、それぞれのES例文を掲載しています。

【金融業界×インターン志望動機ES例文】三菱UFJ銀行

【法人営業 Internship】に応募した理由を教えてください。(200文字以内)

私は大学に奨学金を借りることで大学で学ぶことができ、財政面の援助の重要性を実感しました。銀行では財政面の援助により企業や個人の可能性を広げているのではないかと感じています。その中でも法人営業は日本の中小企業への支援を行い、支えているということで興味を持ちました。そして、インターンシップを通じて普段の業務内容やリーディングカンパニーとしての役割を学びたいと思っております。

【合格】三菱UFJ銀行のインターンエントリーシート(法人営業部門):2021卒
三菱UFJ銀行の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

【化粧品業界×インターン志望動機ES例文】資生堂

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【不動産業界×インターン志望動機ES例文】住友不動産

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

本記事では3業界の志望動機例文を取り上げましたが、unistyleにはインターン参加者の志望動機例文を業界ごとに掲載している記事が存在しています。

自身の志望業界/志望企業の志望動機を閲覧したい就活生は、『【インターンシップの志望動機例文33選】業界別に合格者ESを紹介』の記事もあわせてご確認ください。

また、unistyleのサイト上からでも、各社のインターン参加者ESを閲覧することができます。『こちら』から自身の志望業界/企業を選択し、確認してみてください。

最後に

インターン用の志望動機を考えるときのまとめ
本記事ではインターンシップの志望動機を聞く意図から志望動機のフレームワーク、伝える際に意識するポイント等を解説してきました。

インターンシップは本選考とは異なり、「企業がどのような意図を持ってそのインターンを開催しているのか」により、良しとされる志望動機の内容が異なってきます。

自分は何を目的にインターンを選んでいるかだけでなく、企業側もどんな目的でインターンを開催しているのかを理解することがより良い志望動機の作成に繋がるのではないでしょうか。

また、unistyleには各業界に特化した志望動機の書き方に関する記事があります。

下記にそれらの記事を一覧にしてまとめて掲載していますので、こちらもあわせて確認し、魅力的な志望動機の作成、ひいてはインターン選考の突破を目指してもらえればと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録