unistyle

MENU

更新情報2021/06/28(月)内容を更新しました!

川崎汽船の採用大学・男女・文理別採用人数|合格者ES付き

10885 views

川崎汽船の採用大学・男女・文理別採用人数|合格者ES付き

最終更新日:2021年06月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎汽船の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

川崎汽船は海運大手の中で唯一の非財閥企業です。

日本で初めての自動車船を導入したことや他社のモデルケースとなるようなターミナル設計を導入するなど、革新的な事業展開を行ってきました。

本記事では過去3年間の川崎汽船の採用実績を就職四季報を基にまとめました。

川崎汽船の採用大学内訳

川崎汽船の過去3年間の採用大学は以下の通りです。

参考:就職四季報2018年度~2020年度版

川崎汽船の男女別採用人数

川崎汽船の過去3年間の男女別採用人数は以下の通りです。

参考:就職四季報2020年度版

川崎汽船の文理別採用人数

川崎汽船の過去3年間の文理別採用人数は以下の通りです。

参考:就職四季報2020年度版

川崎汽船の選考レポート

ここでは、川崎汽船に内定した20卒の体験記を紹介します。

川崎汽船の選考レポート一覧はこちらから。

本選考のフローについて結果連絡を含めてお答えください。

ES(〆切2日前くらいに提出し、5月中旬に結果が通知された) 
→1次選考(GD+適性検査)(3日後にメールで通過連絡) 
→2次選考(個人面接+クレペリン検査)(3日後に電話で通過連絡) 
→最終選考(個人面接)(当日に電話で内定通知)

本選考のためにした準備についてお答えください。

説明会やOB訪問へ積極的に参加することで、日本郵船や商船三井との違いにはどのようなところがあるのかを徹底的に理解することに力を入れました。また中期経営計画を隅々まで読み、業界の動向や、今後どのような方向性で事業展開していくのかを頭に入れた上で、自分がやりたいことが会社に貢献できるかどうかをしっかり考えて、文章を準備しました。また、大学の教授のもとへリクルーターの方が訪ねていたため、教授に選考を受けるにあたって何が必要かということを相談していました。

それぞれの面接およびGDについて、社員の人数および役職、面接を受ける学生の人数、面接会場、面接時間、質問内容、面接の雰囲気、面接の感想についてご記入ください。面接がない場合は「なし」とお答えください。

1次:学生6人、面接官(人事)1人で行われるGD。会場は本社で時間は30分程度。内容は、DIY用品店の新店舗を設置する場所を4つの候補地から選ぶというもの。最後に代表者が発表を行うことはない。 

2次:現場社員と1対1の個人面接。会場は本社で、時間は30分程度。和やかな雰囲気でESに沿って質問され、ESの深掘りと逆質問で終わった。その後は別室でクレペリン検査を行う。 

最終:役員クラス2人と技術部門長と人事グループ長(ファシリテーター)が並ぶ、4対1での個人面接。とても厳かな雰囲気だが、社員の方々はみな、とても優しく、緊張で言葉が詰まった際も「ゆっくりでいいよ」と言って下さった。会場は本社で時間は30分程度。冒頭で事前課題のプレゼンテーションを行う。資料を作っていってもよい。その後は、プレゼン内容の深掘りとESの深掘り、逆質問の順で行われた。部屋がとても広く、面接官との距離もかなりあるので、慣れていないと緊張する雰囲気だった。また、部屋が広いので声を少し張って喋った方がいいかもと、控室で人事の方に言われた。

面接・GDなど各選考フローにおいて心がけていたことをお答えください。

1次では、課題の本質的な部分にスポットを当て、候補地それぞれの初期投資の回収にかかる時間を計算し、他の学生とは理系の側面を出すことで差別化を図ろうと心掛けた。2次では、ESの深掘りが行われるとワンキャリアで見たので、かなり深掘り対策に時間を割いた。最終選考でも、事前課題における前提条件や内容をかなり論理的に考え、深掘りされても端的に答えられるように意識していた。

川崎汽船の合格者ES

ここでは、川崎汽船の合格者ESを3つ紹介します。

川崎汽船の合格者ES一覧はこちらから

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

本記事では、海運大手の中で唯一の非財閥系である川崎汽船の採用実績を採用大学・男女・文理別の3つの切り口でまとめました。

とは言え、学歴はあくまで評価基準の1つでしかありませんので、採用実績は参考程度に留めておきましょう。

以下に、川崎汽船の選考対策・企業研究に役立つ記事を複数掲載していますので、こちらも併せてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録