unistyle

MENU

更新情報2019/06/15(土)内容を更新しました!

【21卒向け】川崎重工業のインターン選考(ES・面接)対策|合格者ES付き

【21卒向け】川崎重工業のインターン選考(ES・面接)対策|合格者ES付き

最終更新日:2019年06月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

川崎重工業のインターンES一覧はこちら

今回紹介する川崎重工業は三菱重工・IHIと並び日本の総合重機大手3社の一角を占めています。

最近では政府も推進する鉄道インフラ海外展開の一つとして、川崎重工業が日本企業連合の中心となってインドへの鉄道事業に参入したことも話題になりました。

本記事では川崎重工業のインターン内容から具体的な選考対策まで紹介します。

川崎重工業とは

1878年、東京に川崎築地造船所を開設したのが、川崎重工業の始まりです。その後、陸・海・空はもとより、深海や宇宙へとそのフィールドを広げながら、数多くの日本初・世界初をかたちにしてきました。

例えば「新幹線車両初の海外輸出となる、台湾高速鉄道向け車両を初出荷」「国産初の産業用ロボットの川崎ユニメート2000」があります。

そんな川崎重工業の事業は以下になります。

●船舶海洋カンパニー

●車両カンパニー

●航空宇宙システムカンパニー

●エネルギー・環境プラントカンパニー

●モーターサイクル&エンジンカンパニー

●精密機械・ロボットカンパニー

●技術開発本部

続いてそれぞれの事業内容を詳しく紹介します。

船舶海洋カンパニー

LNG船、LPG船、大型タンカーなどにとどまらず、コンテナ船、バルクキャリア、超高速旅客船「川崎ジェットフォイル」などの各種商船を幅広く手がけています。

車両カンパニー

1906年から鉄道の歴史に残る数々の名車両を製造し、トップメーカーの座を不動のものにしてきました。

また、新幹線電車に代表される高速車両では、航空宇宙部門がもつ流体力学などの技術を活かして、その開発・設計に参画しています。

航空宇宙システムカンパニー

知識集約型産業として位置づけられている航空機産業の分野では、日本を代表する機体メーカーとして、またエンジンメーカーとして、幅広い事業を展開しています。

エネルギー・環境プラントカンパニー

セメント・肥料・発電などの産業・エネルギー関連分野のプラントから、搬送設備などのインフラ・輸送・物流などの社会資本関連分野、さらに廃棄物処理・バイオマス発電システムなどの環境・リサイクル関連分野に至るまでさまざまなプラントや製品を設計・製作・建設しています。また、新事業分野では、細胞自動培養装置、小水力発電システムなども手がけています。

モーターサイクル&エンジンカンパニー

川崎重工業のレジャー製品であるカワサキモーターサイクルは、先進国はもちろん、成長が著しい東南アジアやインド、ブラジルなど新興国へ展開しています。

精密機械・ロボットカンパニー

世界トップシェアの油圧ショベル用ポンプや旋回モータなどの油圧機器事業を核として、建設機械をはじめ船舶や製鉄所、発電所の油圧システムを供給しています。油圧業界においても"Kawasaki"は世界的なブランドとなっており、国内外500社以上の顧客に対して、ニーズに適合した油圧製品を開発・提供しています。

技術開発本部

陸・海・空・宇宙など、未来を担う最先端の技術開発に取り組んでいます。

川崎重工業のインターン内容

以下は21卒対象の内容です。

技術系

期間:2019年8月26日(月)~9月6日(金)

参加条件

機械系、電気・電子・情報系、航空系、金属・材料系、化学工学系、土木系、建築系、衛生工学系、経営工学系、知的財産系専攻の方

受け入れ部門

●船舶海洋カンパニー(坂出工場)

●車両カンパニー(兵庫工場)

●航空宇宙システムカンパニー(岐阜工場、明石工場)

●エネルギー・環境プラントカンパニー(神戸工場または播磨工場)

●モーターサイクル&エンジンカンパニー(明石工場)

●精密機械・ロボットカンパニー(西神戸工場、明石工場)

●技術開発本部・KPS推進部(経営工学専攻の方のみ対象)

●知的財産部

人数:100名程度

内容(例)
●製造現場での作業実習

●設計、製造技術、品質保証部門等での実習

事務系

期間:

東京▶6/22(土)、7/20(土)、7/21(日)

大阪▶6/29(土)

博多▶7/6(土)

神戸▶7/27(土)、7/28(日)

人数:各回30名程

内容

●業界理解・川崎重工業の事業理解

●プロジェクト体験グループワーク

川崎重工業の求める人材像

求める人材像を考察するために、まずは社員のインタビューを引用します。

 切磋琢磨できるチームプレイヤー

「切磋琢磨できるチームプレーヤー」とは?
――― 深い教養と専門知識、そして、次の3つのマインドを持った人であると考えています。

 

1.自立した人間として、さまざまな人の話に耳を傾け、相手の価値観・考え方に共感し、より豊かな関係を築けるか?
2.さまざまな困難に粘り強く立ち向かい、果たすべきミッションをやり抜く不屈のチャレンジ精神を持っているか?
3.いかなる場面でもリーダーシップを発揮し、社内外のさまざまな人の力を結集して、ミッションを成し遂げることができるか


引用:川崎重工業採用HP

部署が変わると会社への貢献の仕方も変わってきます。車両づくりは数多くの人やモノ、技術で成り立っているので、様々な業務を経験しながら、多方面にわたる知識の習得に努め、その経験や知識を活かして、自分にしかできないアドバイスや提案、問題解決方法をアウトプットできる「オンリーワン的人材」になるのが目標です。

引用:川崎重工業採用HP

1つ目の社員インタビューから「切磋琢磨できるチームプレイヤー」というキーワードのもとでそれが持つべきマインドについて書かれています。

ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?に照らし合わせてみると、「いかなる場面でもリーダーシップを発揮し、社内外のさまざまな人の力を結集して、ミッションを成し遂げることができるか」という記述はまさに「リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」人材を求めていることが読み取れます。

また、船舶や航空といった莫大な規模を誇る重工商材を扱う上では、設計から品質保証にあたるまで多くの工程が存在し、それには多様な価値観や要望を持った人々が携わっています。

実際に、2つ目の社員インタビューを参照しても「多くの人やモノ、技術で成り立っている」との記述が見てとれます。その社員が文系として資材調達の面で活躍しているように、一連の工程の中で営業・受注といった事務系職種も重要な存在となります。さらに、社内カンパニー制をとっている川崎重工業では、異なるカンパニー間での意思疎通や連携といったものが必要となってきます。

このような事業の特徴や1つ目の「チームプレイヤー」・「さまざまな人の話に耳を傾け、相手の価値観・考え方に共感し、より豊かな関係を築けるか?」という記述から、5つの強みのうち「価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる」人材を川崎重工業は求めているといえるでしょう。

川崎重工業のインターン選考フロー

以下は20対象の選考フローになります。

技術系
ES▶Webテスト▶個人面接

事務系
ESのみ

 川崎重工業のインターン選考ES対策

以下は20卒対象の内容です。

技術系

●現在の研究内容(200字)

●学生時代に力を入れて取り組んだことと、その中で達成できたことについて(400字)

●インターンシップに期待することと、インターンシップに参加して自分がどう成長したいか(200文字)

●「川崎重工業の技術が進歩すること」が、「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来」にどのようにつながるか、あなたの考えを教えてください。※正解・不正解を問うものではないので、自分なりの考えを論理的に説明(200字)

事務系
●本インターンを志望する理由

20卒対象に課された質問を中心に、質問の特徴ごとにまとめ、それぞれの対策を紹介します。

●現在の研究内容(200字)
●学生時代に力を入れて取り組んだことと、その中で達成できたことについて(400字)

ガクチカを聞かれる意図としては「経験自体のレベル・スペックの把握」「自社に合う・マッチする人材か知るため」の2つがあります。

ガクチカを書く際は、「実績自体のインパクトがどれだけあるか」「書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか」に注意して書くようにしましょう。また、その際は川崎重工業の求める人材像を意識して書くと良いと思います。

詳しい書き方は以下のフレームワークを参考にしてください。

 ●インターンシップに期待することと、インターンシップに参加して自分がどう成長したいか(200文字)
●本インターンを志望する理由

この設問は志望動機について聞かれています。企業が志望動機を聞く理由としては、「自社への志望度を知りたい」「入社の際のモチベーションを知りたい」の2つがあります。

ですので、上記2つの理由を網羅する論理的な志望動機を伝え、選考官に「だからこの人は弊社の選考を希望しているのか」と思ってもらう必要があります。

また、志望動機に関しては、ただ単純に「参加したい理由」を述べるだけではなく、「そのインターンで何を学びたいのか?何を経験したいのか?」という内容を述べ、その上で「参加したい理由」を伝えるようにしましょう。

志望動機に関しては以下のフレームワークに沿って考えてみてください。

 以下の回答を参考にしてみてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

●「川崎重工業の技術が進歩すること」が、「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来」にどのようにつながるか、あなたの考えを教えてください。※正解・不正解を問うものではないので、自分なりの考えを論理的に説明(200字)

この設問では、「川崎重工業の企業理解」と「社会情勢への関心」を問われています。

現在の社会情勢をしっかりと理解した上で、それに対して"川崎重工の技術でどのような社会解決ができるか"という観点を組み合わせて書きましょう。

書き方としては、「川崎重工業にはこのような特徴や技術がある→この特徴や技術によってこんな社会課題の解決ができる→その結果このような豊かな生活や未来が実現できる」という流れで書くと、"論理的な文章"になると考えられます。

また、字数は200文字と少ないため、簡潔かつ分かり易い文章を心掛けましょう。

以下の回答を参考にしてみてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

川崎重工業のインターン選考Webテスト対策

以下は20卒対象の内容です。

時間:1時間

形式:玉手箱

科目:言語・非言語・性格診断

 玉手箱とは

玉手箱とは日本SHL社が作成している適性検査の一つです。SHL社は他にもGABやCABという適性検査も利用しており、玉手箱の問題の一部はGABと同じ形式となっています。

受験形式はWEBテスト形式となっており、自宅等のPCで受験する形となっています。科目は言語、計数、英語、性格検査があります。

性格検査以外の3科目に関しては、言語3種類、計数3種類、英語2種類の計8種類の問題パターンがあり、以下の通りとなっています。

【言語】
・論理的読解/GAB形式 (32問/15分または52問/25分)
・趣旨判定/IMAGES形式 (32問/10分)
・趣旨把握 (10問/12分)
【計数】
・四則逆算 (50問/9分)
・図表読取 (29問/15分または40問/35分)
・表推測 (20問/20分または35問/35分)
【英語】
・論理的読解/GAB形式 (24問/10分)
・長文読解/IMAGES形式 (24問/10分)

 この中から企業毎に各科目1形式ずつ選択されて出題される形式となっています。(英語は課されない場合もあります)

そのため、1つの形式の問題が最後まで続いて出題されることになります。つまり、もし計数で最初に表推測の問題が出たとすれば、その後も最後まで表推測の問題しか出ないという形になります。

川崎重工業のWebテストは問題数が多めいため、1つの問題に時間をかけすぎないように気をつけましょう。

川崎重工業のインターン選考面接対策

以下は20卒対象の内容です。

時間:20分
人数:面接官1人、学生1人

質問内容

●自己紹介

●なぜ川崎重工業にエントリーしたのか

●これまでチームワークをしてきた中で特にリーダーシップを発揮できたことは何か

●これまでチームワークをしてきた中で特にリーダーシップを発揮できたことは何か

この質問は自己PRについて聞かれています。また自己PRに関しては「利益に貢献できる人材かどうか」が問われています。就活生が企業にPRすべきことは、自身が企業にとって”採用しなかったら損をする人材である”ということです。

そのため上記でも述べている川崎重工業の求めている人材像に沿ってアピールするようにしましょう。

特に今回はわかりやく”リーダーシップ”が問われているので、”リーダーシップ”のガクチカエピソードを回答すると良いでしょう。

 ●なぜ川崎重工業にエントリーしたのか

考え方は先程紹介した志望動機の考え方と同様で構いませんが、面接ではESの内容の深掘りが予想されるので、再度自己分析を行って、深掘られても答えられるようにしておきましょう。

最後に

今回は航空・宇宙業界で売上高、成長性、収益性が業界トップである、川崎重工業を紹介しました。 

川崎重工業は事業を通じて様々な社会課題に率先して対応しています。そのため、就活生がアピールすべきことは環境意識や社会貢献への意識であると言えると思います。

インターン参加には、技術系は「ES、Webテスト、個人面接」と3つの選考フローを突破しなければいけません。

この記事を通して「川崎重工業の企業理解・各選考フローの特徴」を理解していただき、”選考突破”を目指していただければと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録