unistyle

MENU

更新情報2019/07/31(水)内容を更新しました!

【夏休みの宿題】よっぴのES添削部屋

543 views

【夏休みの宿題】よっぴのES添削部屋

掲載開始日:2019年07月31日
最終更新日:2019年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活生の皆さん、初めまして。

unistyleでマーケター兼ライターを担当している"よっぴ"です。(僕の自己紹介に関しては、別途でnoteに記載しました。こちらからご覧ください。)

大学の前期の試験もそろそろ終了し、21卒就活生の皆さんはこれから待ちに待った夏休みですね。

「旅行・サークル・アルバイト」等、楽しい予定がたくさんある方も多いかと思いますが、「就活」のご予定はいかがでしょうか。

実際に新卒就活市場は年々早期化しており、「21卒新卒就活市場」もかなり早くから動くことが予想されます。

つまりこの夏休みの過ごし方が、「今後の就活の行方を左右する」といっても過言ではありません。

そこで今回、"unistyleからの夏休みの宿題"として、21卒就活生の皆さんに向けて「よっぴのES添削部屋」というキャンペーンを行いたいと思います。

キャンペーンの詳細は下記に記載していますので、ぜひ積極的に申し込んでいただけたらと思います。

キャンペーン参加における就活生のメリット 

キャンペーン参加にあたり、「そもそもES添削って就活生にとってメリットはあるのか?」と思う方もいるかと思います。

そのため、"ES添削をしてもらうメリット・僕に限らずとも、第三者にESを添削してもらう価値"というものもお伝えしたいと思います。

「ES添削のメリット・価値」というものは、大きく分けて3つあると考えています。

  • 「ES作成→添削→修正→添削→修正…」というサイクルを繰り返すことができる
  • 「主観的視点」だけでなく、「客観的視点」を用いてES作成に取り組むことができる
  • 就活サイトに掲載されている情報はあくまでもテクニック論だけであり、詳細なアドバイスが欲しいのであれば、個別フィードバックが最も効果的である

「ES作成→添削→修正→添削→修正…」というサイクルを繰り返すことができる

「学生時代頑張ったこと(ガクチカ)・自己PR」などの設問に関しては、多くの企業で同様、あるいは類似した設問が出題されることが多々あります。

そのため、ある程度フォーマットを固めてさえおけば、"多くの企業で使い回す・応用する"ことが可能です。

「ES作成→添削→修正→添削→修正…」というサイクルを繰り返し、早い時期に納得のいくフォーマットを作成しておくことは非常に効果的であると言えます。

「主観的視点」だけでなく、「客観的視点」を用いてES作成に取り組むことができる

自分だけで作成してしまうと「主観的視点」になりがちなESも、他者に添削してもらうことで「客観的視点」を取り入れることができます。

また、当たり前の話にはなりますが、ES選考の合否判断を行うのは「あなたのことを全く知らない第三者である選考官」です。

つまり、「ESという限られた文字数の中で、自分自身のことを全く知らない選考官に対し、いかに印象に残る文章を作成することができるか」という観点が非常に重要になってきます。

「第三者視点」という観点においては僕も選考官も同様の立場であるため、「同様の視点から見た評価・アドバイス」をして欲しいというニーズには応えることができると思います。

就活サイトに掲載されている情報はあくまでもテクニック論だけであり、詳細なアドバイスが欲しいのであれば、個別フィードバックが最も効果的である

unistyleを始め、多くの就活サイトにおいて「ESの書き方・例文」に関する記事がありますが、それはあくまでも"テクニック論"にしか過ぎません。

もちろん、参考にしたり真似したりできるポイントは多々ありますが、完全に真似することは不可能ですし、完成したESを評価・フィードバックしてもらうことはできません。

そのため、「より詳細なアドバイスが欲しい・どの箇所を修正するべきか確認して欲しい」という就活生の方は、積極的に申し込んでいただけたらと思います。

 キャンペーン概要紹介:unistyleからの夏休みの宿題「よっぴのES添削部屋」

続いて、実際の「キャンペーンの概要と注意点」を紹介していきます。

キャンペーン概要

キャンペーンの詳細・申し込み方法は以下の通りです。

詳細・申し込み方法

「ES作成に役立つunistyleの記事」を読み、ESを作成する
→下記にunistyleの記事を4つピックアップしているため、その記事を参考にする
 ▼
よっぴ@unistyleの若手マーケター」のアカウントをフォロー&RT
→RTする文面はこちらから
 ▼
申し込み期間は「7/31(水)~8/4(日)23:59」
当選人数は「最大25名」
→申込人数が25名を超えた場合は抽選
 ▼
申し込み期間終了後、「当選者25名」に僕からDMを送信
「8/7(水)21:00まで」にDMを送信する
 ▼
僕からDMを送信し、返信(添削してほしいES文面の送信)が来た順番に添削し、再度DMにて添削したものを送信
「8/14(水)21:00まで」に返信(添削してほしいES文面の送信)をお願いします

注意点

キャンペーンに関する注意点は以下の通りです。

  • 添削するESの種類は、「①一企業のES(設問数は何個でも大丈夫です)②自己PR/ガクチカなどの普遍的なES(複数設問可/文字数も問いません)」のいずれかでお願いします。

  • 当選者25名全員分のESを8月中に添削します。基本的には「8月▲日までに添削してください」という依頼は受け付けません。
    →「どうしても早めにお願いしたい」という方は、DMを送る際にその旨を記載してください。

  • 匿名性を確保するため、「本名/性別/大学名/その他個人情報特定につながる内容」は隠してもらって構いません。

  • 一企業のESの添削を依頼する方は、「企業名/職種名」もお伝えしていただくと、より詳細な添削を行うことができます。

  • 何かしらの理由で「TwitterのDM間での対応」を避けたい方は、メールなどの別のツールで対応します。

その他、別途相談等ある方は、Twitter上でDMをいただければ対応しますのでお気軽にご連絡ください。

 ES作成/添削依頼前に参考にしていただきたい記事

上記でも記載しましたが、今回のキャンペーンにあたり、僕の方で"ES作成にあたり、是非参考にしていただきたいunistyleの記事"をピックアップしました。

キャンペーンに当選し、添削依頼を行う前に以下の4つの記事を読み、参考にしていただいてから添削依頼を行うようにお願いします。

【完全ガイド】エントリーシートの書き方|選考通過者のES例文50選付

ES(エントリーシート)での全設問共通の伝わる書き方と、それらを踏まえた頻出設問の解説と内定者回答を紹介しています。ESの書き方を網羅的に伝授することで、自身のES作成に応用することができます。

【完全ガイド】評価されるガクチカ(学生時代頑張ったこと)の書き方|例文付

評価されやすい「学生時代頑張ったこと」の書き方はもちろん、「面接にどう繋げるか・内定者の回答例・エピソードが浮かばないときの対処法」など、学生時代頑張ったことを書く上での全体像を解説しています。単純なES対策としてだけでなく、面接前の準備としても役立つ内容となっています。

【完全ガイド】これで完璧!受かる「自己PR」の書き方と伝え方|例文付

「自己PRの作成法から考え方、具体例」まで、自己PRに関するunistyleの記事を例に取りながら解説しています。この記事を読むことで、「自己PRについて」を一通り網羅できるようになっています。

就活における志望動機の書き方と6つのチェックポイント|内定者ES例文付

「企業が知りたい6つのチェックポイント」で構成されたフレームワークにより、選考官から評価される志望動機の作り方を紹介しています。ほぼすべての業界・企業に応用可能であるため、自身のESにも応用しやすい内容となっています。

最後に

ここまで、キャンペーン概要や自己紹介をお伝えしてきましたが、最後に"このキャンペーンに是非申し込んでいただきたい方"を紹介します。

  • ESの書き方に悩んでいる方
  • 自分のESに自信が無い方
  • 第三者視点でのアドバイスが欲しい方
  • この夏休みで「他の就活生」に差を付けたい方
  • 絶対に"納得のいく就活"にしたい方

「自分のESに自信がある方/無い方」、「過去にES添削をしてもらったことがある方/無い方」、どんな方でも大歓迎です。

このいずれかに当てはまる就活生の方は、積極的に申し込んでいただけたらと思います。

それではたくさんのご応募お待ちしています。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
32,935枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録