MENU

Bay 680*80

更新情報2014/06/13(Fri)内容を更新しました!

内定ブルーになっちゃいました

2014年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。某IT企業内定者のMです。
今回は、内定ブルーについて、内定ブルーをどう克服したか、というテーマでコラムを書きます!
他コラムが、サクセスストーリーの中、なんとも言えないテーマでスミマセンってかんじですよ。
 
 

内定ブルーになっちゃいました

私は四月初旬に内定をもらって割りと早い段階で就職活動を終えることが出来ました。
端から見たら結構ハッピーな感じですよね!(たぶん!)
 
でも、私はもともと総合商社を志望していたので、
まったく異なる業界に就職する自分、つまり、某IT企業に就職する自分を肯定することができずにいました。
 
しかも周りからは、
「ブラックだけど平気?」とか「大変だね!ガンバッテネ!」とか
なんとも言えない反応ばっかりだし!
そんな哀れそうな顔された傷つくわ! という感じで。
 
・志望していなかった業界に就職すること
・周りの反応の悪さ
 
上記の理由から、私は、「内定ブルー」に陥ってしまいました。
 
「内定ブルー」とは、
内定をもらったけれども、内定した会社にいくことを肯定できず
日々を惰性で生きてしまう時期のこと、としておきましょう。
 
内定もらって最初の一週間は、そんな状態で、私は日々パズル&ドラゴンズを一日中して
寝ても覚めてもパズドラで、現実逃避をしていました。
 
 

どうやってそんな時期を克服したか

・パズドラをアンインストールした
現実逃避している根源を消しました。
 
・学生最後の年にしたいことを洗い出した
ぼんやり過ごしていたら、時間が勿体ないということを分からせました。
ここまでで大分社会復帰できました。
 
・もう一度就活してみるか、自分に問いかけた
四月であれば、まだまだ募集企業があるので、就活を続けることができます。
某IT企業に納得出来ないのであれば、もう一度就活すればいい。
夏採用に向けて、もう一度自己分析をしました。
 
「私はどんな風に生きていきたいんだっけ。」
「なんで総合商社に行きたかったんだっけ。」
 
初心に振り返ってみると、
私が総合商社に求めていたことは、内定先に十分あてはまることに気が付きました。
(だからエントリーしていたのだろうけど。)
 
そのことに気付いたので、新しく会社を探すより、内定をもらった某IT企業の実態を知ることが先、
それでも納得できなかったら、もう一度就活しようと決めました。
 
某IT企業の社員・内定者と会う機会を設けたり、
内定者インターンに応募して参加してみたり、と内定先を上から目線で見てやりました。
 
もちろんマイナス面をたくさん見えてきました。
でもそれ以上に、プラス面、自分に向いているということを、肌で実感して、
某IT企業に内定をもらえてよかったなぁ、とやっと思えて、今に至ります。
 
あれ、いつの間にか内定ブルーじゃなくなっていました。
 
 

おわりに

最後に書くのも変ですが、私が、内定ブルーに陥った原因は、
確かに、「志望していなかった業界に就職すること」だったけれども、
一番の原因は、「周りの反応の悪さ」だったんじゃないかと思います。
 
でも、いざ自分が内定先に納得すると周りの反応なんてどうでもよくなりました。
 
就活中や就活終えた後も、
周囲の噂、ネームバリュー、友達の就職先・・・
そういうこと気になってしまうこともあると思います。(もちろんそうじゃない人もたくさんいます。)
 
それよりも、
自分がその会社でいざ働く時、楽しく働けるかどうかの方がよっぽど大切だと、私は実感しました。
 
就活は、自分が楽しく働ける環境を探すことだと思います。
 
稚拙な文章&内容でしたが、最後までお読み頂きありがとうございます。

 

credit: xJason.Rogersx via FindCC

 

    Jobtryout 300%c3%97250
    Gakyukan 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle