unistyle

MENU

更新情報2018/11/07(水)内容を更新しました!

【野球・サッカー・バスケ】プロスポーツチームのオフィシャルスポンサーまとめてみた

552 views

【野球・サッカー・バスケ】プロスポーツチームのオフィシャルスポンサーまとめてみた

掲載開始日:2018年11月07日
最終更新日:2018年11月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビCMや新聞などを活用したマス広告、電車内の広告、駅前でのリアルなイベント。企業は自社の商材をPRするために、あらゆる宣伝方法を模索します。

そんな多種多様な広告手法のうちの一つに「スポーツチームのスポンサーになる」というものがあります。

「自分が興味を持っている企業は、どこのスポンサーだろう?」
「自分の好きなチームのスポンサーはどんな企業かな?」

少しでも気になった方は、ぜひご覧ください。
本記事では、野球、サッカー、バスケのプロスポーツチームのスポンサー(2018年10月時点)をまとめました。

スポンサーとは?

一般的には「後援者」という意味ですが、広告用語では、「広告主」という意味になります。いわゆる、スポンサーは、スポーツチームだけでなく、団体、個人、イベント、施設、番組などに対し、広告やPRを目的として金銭的な支援をします。その結果として、「企業・商品の認知度や好感度アップによる売上の向上」「社員の福利厚生として活用し、社員の満足度の向上」を得ることができます。

例えば、プロスポーツチームの場合だと、選手が着用するユニフォームにスポンサーのロゴが入っています。最近だと、世界的に有名なスペインのサッカーチームFCバルセロナのスポンサーに楽天がなったことが有名です。4年契約で年間およそ64億円と桁違いですが、それはつまり楽天はスポンサーになることでそれ以上の恩恵を受けるということがわかります。

国民的スポーツともなれば、スポンサー費用だけでも莫大なお金が動きます。企業にとってはとても大切な広告・PR戦略です。

スポンサーまとめ -野球-

※スポンサーが多いチームは一部スポンサーを抜粋しています。

スポンサーまとめ -サッカー-

※スポンサーが多いチームは一部スポンサーを抜粋しています。

スポンサーまとめ -バスケ-

※スポンサーが多いチームは一部スポンサーを抜粋しています。

まとめ

いかがでしたか?
スポンサーになっているのは、有名な企業だけでなく、地域に根ざした企業、純粋にスポーツを応援している企業など様々です。
もし気になった企業があれば、ぜひ調べてみてください。福利厚生の一環として、自分の好きなチームの試合を観戦できるかもしれません。

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
23,780枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録