unistyle

MENU

更新情報2018/06/27(水)内容を更新しました!

【19卒】就職活動の結果に納得できない学生がやるべきこと

4170 views

【19卒】就職活動の結果に納得できない学生がやるべきこと

掲載開始日:2018年06月19日
最終更新日:2018年06月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

初めまして、19卒の就活生です。
6月1日に本選考が解禁されてから数日が経過しました。納得のいく企業から内定を頂いて就職活動を終えた方もいれば、現在も就職活動を続けている方もいることだと思います。

かくいう私は複数の企業から内定は頂けたものの、第一志望の業界の内定を獲得することはできませんでした。
現在の内定先に就職しても本当に良いのか、いつまで就職活動を続けるべきなのか、今後の自分自身のキャリアについてちょうど悩んでいるところです。

この記事では内定は獲得したものの、自分自身の就職活動にまだ納得のできていない19卒の学生が、①今すぐ考えるべきこと、②これから取りうる選択肢について整理しようと思います。あくまでも私の個人的な考えを述べたものなので、1つの意見としてご覧ください。自分と同じような悩みを抱える学生の方の参考となれば幸いです。

1. まずは「譲れない軸」を明確にすること 

まずは、企業に入社するにあたっての「譲れない軸」を明確化する必要があると思います。
選考の場面で、最初から最後まで自分の本音を話すことができた就活生の方は少ないと思います。私自身の就職活動を振り返ってみても、「ありのままの姿」で面接に臨もうと意識しながらも、選考の通過率を上げるために、どうしても志望動機を企業に寄せてしまう場面が何度もありました。こうした経験を繰り返すうちに、就職活動において自分が「本当に大切にしたいもの」を見失いそうになることも多々ありました。

そこで私は、自分自身の企業選択における条件を明確化することを目的に、自己分析のやり直しを始めました。
企業から評価されることを意識せずに、「自分はどのような存在になりたいのか」「そのために必要なものは何か」といったことについて、自分の思ったことをまとめています。私の場合は、「変化する環境の中でも安定したキャリアを歩みたい」との思いから、「汎用性の高いスキルを身につけられること」「ある程度の年収が保証されていること」を軸としていました。第一志望であった総合商社の内定を頂くことはできませんでしたが、内定を頂いたコンサルティング企業やIT企業でもこの条件は満たしているかもしれないと思うようになりました。

私の場合は、先ほどの企業選びの軸をより細分化させて、以下のような表を作成しました。

このような表を埋めながら、本命だった企業・内定を獲得した企業が、1つ1つの条件をどれだけ満たしていたのかについて整理していきました。実際に自分で作成する場合には、「何歳までに企業の経営に携わりたいのか」「初任給はいくら欲しいのか」といったより詳細な条件を設定していくことをオススメします。また、この表における「成長機会の多さ」は個人の適性・仕事に対する態度によっても変化するものであることは念頭に置かなければなりません。加えて、上記の表の◎・○・△の評価は、あくまでも私の主観に基づいたものに過ぎません。捉え方は人によって異なるでしょう。

上記の表を踏まえて、とりあえず内定先の企業から自分にとっての最善な選択肢がどこであるかを考えてみました。
この選択の難しい部分は、個人によってそれぞれの条件の重みが異なることです。単純に◎・○・△の記号の数を点数化して最も点数の高い企業を選べば良いというものではありません。どの内定先にも一長一短があることが難しいところです。私の場合は「経営に関わる機会」を最重要視する一方で、「もしもの場合に備えて一定の給与も欲しい」と思っていたため、この中であればコンサルティング企業A社に入社しようと考えています。

以下の記事にもある通り、自己分析は企業から内定を獲得するための手段として活用されることが多いです。
それ自体は間違いではないのですが、自己分析の本質は「納得の行くキャリア選択のために自分自身の傾向を把握すること」にあり、内定獲得後も継続して行うべきものであると考えています。就職活動が落ち着いてきた段階で改めて自己分析を行なうことで、自分の考え方の変化に気が付くことがあるかもしれません。

2. これから取りうる選択肢について考える

自己分析を行なった結果、現在の内定先の企業では「譲れない軸」を満たせないことを確信した方もいると思います。また、現在の内定先でも条件はある程度満たしているものの、条件をより満たした他の企業に惹かれている方もいると思います。

そんな時に私たちが取りうる選択肢としては、以下の3つがあると考えられます。

A:現在の内定先に入社してみる
B:19卒として就職活動を継続する
C:20卒(既卒)として就職活動を仕切り直す

現在の内定先に入社してみる

1つ目の選択肢は、現在の内定先に入社することです。

就業経験のない学生の立場と、実際に企業で働く社員の方の立場では、仕事に対する捉え方は多かれ少なかれ異なってくるでしょう。そのため、内定先の企業に入社して、実際に働いてみることで、今の仕事の楽しさを見つけられる可能性があります。現在の内定先の業務に対して面白みを感じる部分があるのであれば、入社してみるのも選択肢の1つでしょう。

また近年では終身雇用・年功序列を前提とした従来の雇用制度が限界を迎えたことにより、転職が以前よりも一般的なものになっています。厚生労働省が実施した労働力調査によると、2013年度には287万人だった転職者数が2017年度には311万人にまで増加しています。内定先の企業でスキルや経験を身につけてから、転職によるキャリアアップを目指すという選択肢も考えてみても良いかもしれません。

しかしながら、業界・業種によって転職の求人数や難易度が大きく異なることには注意する必要があります。
もしも転職を見据えて企業に入社するのであれば、自分が本当に行きたかった業界には内定先の企業から転職することができるのか、自分の入社する企業からはどのような業界に転職する人が多いのか、事前に調べる必要があるでしょう。

19卒として就職活動を継続する

2つ目は、19卒として就職活動を継続することです。

経団連に所属している多くの企業では、3月から採用活動を始め、6月から内定を出し始めます。
しかし、中には6月の選考を受けることの出来なかった学生を対象に夏季選考を実施する企業や、IT企業・外資系企業を中心に通年採用を実施する企業も多数存在しています。6月の本選考に比べると求人数は減っており、狭き門であることに間違いはありません。

とはいえ、就活スケジュールには個人差があるため、早く終えることが必ずしも良いことは限りません。少しでも興味のある企業があるのであれば、積極的に受けるべきでしょう。

20卒(既卒)として就職活動を仕切り直す

3つ目は、20卒として就職活動を仕切り直すことです。
大学を留年して就職活動に再挑戦する方法(就職留年)と、大学を卒業してから就職活動に再挑戦する方法(就職浪人)が存在しています。また学業に真剣に取り組んできた方であれば、大学院に進学して2年後に就職活動に再挑戦する方法もあります。

その人の就職活動に対する打ち込み具合にもよりますが、今年の経験を来年度の就職活動に生かすことができます。また、来年の6月までの残された時間を実績作りのために活用することが可能です。

その一方で、金銭面での負担が大きいというデメリットがあります。就職留年をするためには、大学の1年分の学費と生活費を合わせた費用が必要になります。また、就職活動をやり直したからといって、必ずしも本命企業の内定を獲得できるとは限りません。志望していた企業の内定を獲得できなかった理由をしっかりと洗い出し、しかるべき対策を立てなければ、昨年に内定を獲得した企業の選考にも落ちる可能性があります。

また、現段階で卒業を伸ばすことに迷っている場合でも、本選考の解禁が早い企業であれば今年度内に内定を獲得することが可能なので、とりあえず受けてみても良いでしょう。

最後に

参考になりましたでしょうか。

私の場合は、現在の内定先でも「当初の自分がやりたかったこと」はある程度実現できるため、現段階での就職留年は考えていません。また、社会人になってから自分の「やりたいこと」が変化する可能性もあるので、内定先の企業に入社することに対しても前向きに検討しています。その一方で、もっと自分の条件に適う企業があるのではないかと思うところもあるので、もう少し就職活動を続けようと考えています。

私はこれまでに何度も「就職活動に正解はない」という言葉を聞いてきましたが、これは本当に間違っていないと考えています。慎重な性格の私の場合は、例えどの業界の内定を獲得していたとしても、何かしらの後悔が残っていたのだろうと考えています。

だからこそ、自分の選んだ選択に対して「これが正解だ」と胸を張って言えるようになる必要があるのでしょう。
つまり、「自分自身で納得のできる選択をすること」が大切だと考えています。そのためにも、どんな決断を下すとしても、「周囲の声に左右されずに自分で判断を下すこと」「悩んでいる時間があればとにかく行動すること」を大切にしたいものです。

自分がどの企業に入社することになるのか、現段階ではまだまだ分かりませんが、今からでもできることは何でもやってみるつもりです。この記事が、自分と同じように就職活動の結果にしっくりこない学生の役に立てば幸いです。

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
23,780枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録