unistyle

MENU

更新情報2017/12/22(金)内容を更新しました!

「スパルタ婚活塾」に学ぶ結婚できない女性と内定をもらえない学生の共通点

13738 views

「スパルタ婚活塾」に学ぶ結婚できない女性と内定をもらえない学生の共通点

掲載開始日:2015年09月01日
最終更新日:2017年12月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16卒・外資系メーカー内定の女子です。
昨年出版された「スパルタ婚活塾」という本が話題ということで、就活を終えてから読んでみました。自身にはまだまだ縁がないと思っていた婚活に関する本ですが、実際に読んでみると婚活をしている・していないに関わらず非常に面白く読める一作だと思いました。
さらに、就活にも十分応用できる考え方が多く書かれていたため、ここでも(自戒の念をこめて)結婚できない女性と内定をもらえない学生の共通点について書きたいと思います。

スパルタ婚活塾

著者は2007年に刊行されたミリオンセラーの「夢を叶えるゾウ」で有名な水野敬也氏。「夢を叶えるゾウ」だけではなく、本書「スパルタ婚活塾」や「LOVE理論」など恋愛関係の著作があります。特に本書は、軽快な文体でかなり笑えて楽しい一方、物事の本質を鋭くついている部分もありますのでぜひご紹介したいと思います。
ただし、本書の内容はかなり笑えるものですが下ネタもかなり多いため、苦手な人は注意してくださいね!

ちなみにUnistyleでは恋愛と就活について、過去にこんな記事も掲載しています。

余裕がない

本書では、結婚できない理由の大きな一つが、余裕のなさであるとしています。

人は、何かを強く求めれば求めるほど、つまり、何かに執着するほど、焦り、緊張し、不安になり、余裕を失う。
婚活する女たちが必死になるあまり、男を引かせているのも同じ理由だ。
結婚に執着しすぎているのである。つまり、これは裏を返せば、男を強く求めない状態、目の前の男に対して「こんな男どうでもよくね?」そう思えているとき、お前は男に対して余裕を保てるということなのだ。つまり、余裕を持つための最大の方法は、

「どんな男でもいいから、 まず彼氏を作ること」である

 

出典: 「スパルタ婚活塾」P24~P25より

これは就職活動も同じで、内定がない状態であるほど焦り、緊張して、不安になった結果、企業に媚を売るような面接になり、評価されなくなってしまいます。
まずどんな会社でもいいから内定をもらうことで、どうすれば評価されるのか理解でき、心の余裕につながります。結果として自然体で面接にのぞめるようになるのではないでしょうか。
就活をはじめようと思ったら、早い段階で企業にエントリーして、内定をもらっておくと楽に就職活動ができるかもしれません。

共通の時間を楽しんでいない

本書では、目先の婚活テクニックにとらわれると、どうしても会話や行動 が不自然で気持ち悪くなってしまうと指摘されています。筆者は、デートにおいて最も大切なことが「楽しむ」ことだとしています(ライフ・イズ・ビューティフル理論)。

言うまでもなくデートというのは共同作業である以上、盛り上がっているときは二人とも楽しいし、盛り下がっていれば二人ともつまらない。

(中略)
デートで最優先すべきは「楽しむ」こと。
そのためには、男を値踏みしてしまう思考回路を止め、
デート中、男に対して「これはないわ」と思ったら、
すぐさま「逆に楽しい!」と考え、楽しい面に目を向けること。
この思考回路を保つことで、男にとっての
「理想の結婚相手」になることができる。

 

出典: 「スパルタ婚活塾」P68~P77より

就活でも「評価されよう」とか「企業に好かれよう」とするばかりでは評価されません。「面接での会話を楽しむようにするとうまくいく」ということは、すでに多くの内定者が話していることです。圧迫面接や意図しない質問が飛んできた状況も楽しむように心がけるといいのかもしれません。

自分の肩書きが通用しない場所でのコミュニケーションが苦手

筆者はコミュニケーションにおいて重要なものを「自然でポジティブ」なトークであるとしています。それを身につけるために、自分の肩書きや地位が通用しない場所(アウェイ)に飛び込んで会話の訓練をすることが提案 されています(アウェイ理論)。

なぜ彼女(婚活女)たちの会話は不自然に映るのだろうか?
それは、婚活女たちが口にしているのは「本音」ではなく「目的」を持った、「ある種のウソ」だからである。
彼女たちの心の流れを表すと次のようになる。
男に気に入られたい → その男をホメよう
つまりは下心があるのだが、その下心が透けて見えてしまうので、不自然で気持ち悪くなるのである。
(中略)
つまり、重要なのは (略)「自然なポジティブさ」なのである。
(中略)
では、どうすればこのようなコミュニケーション能力を身につけることができるのだろうか?
それはまさに、弁当屋のおばちゃんが日々実践していることであり、それを一言で言うと
「自分の肩書が通用しない場所でのコミュニケーションの機会を増やす」
である。

 

出典: 「スパルタ婚活塾」P99~P101

実は就活するまで、自分の肩書きが通用しない場所でコミュニケーションしたことのない人も意外と多いようです。
学生時代にサークルやクラスなど、自分の居心地のいい場所でのコミュニケーションしかしたことがないと、慣れない人とではつまらない会話になりがちではありませんか?

面接でも「評価されよう」と下心を丸出しにしていると、不自然なコミュニケーションになりがちです。自然なコミュニケーションをするために大事なのは、アウェイでのコミュニケーションの積み重ねです。
就活でいえば面接を実際に受けたり、新しいコミュニティに飛び込んだり、OB訪問で盛り上がる方法を考えたりすることで、徐々にアウェイに慣れていけるのではないでしょうか。
 

最終ゴールに対する執着が弱い

本書では、結婚できる女性とできない女性の違いとして「(結婚という)最終ゴールに対する執着」の強さが挙げられています。

『男性はどんな女性と結婚するのか』(日本版は『Good Marriage』)の著者、ジョン・T・モロイは、市役所に結婚許可証を取りに来た女とその婚約者、2543人にインタビューを試みた。その結果、結婚できた女とできない女の明確な違いを導き出した。
その違いとはー
結婚できた女は、結婚に執着していた。
(中略)
この調査結果は、一見、これまで俺が教えてきた恋愛の原則と反するようにも見える。
恋愛において最も重要なのは「余裕」であり、目的への執着は余裕を奪うことになると俺は再三にわたって述べてきた。
しかし、結婚というゴールにたどり着くためには目的が強烈に意識されていることもまた必要なのだ。
この状態は、オリンピックを目指すアスリートに近いかもしれない。

 

出典: 「スパルタ婚活塾」P247~P248

婚活でも就活でも、結果にコミットすることは大切です。結果を出そうと懸命に努力しながらも、これまで述べてきたとおり、常に余裕を持って行動できると納得のいく就活ができるのではないでしょうか。

最後に

読んでいて感じたことですが、婚活や就活に限らず「余裕を持つ」「楽しむ」といったことは常に大切なことだと思います。下ネタとおちゃらけた内容の中にも本質をついたはっとするようなことが書いてある点が本書の魅力なので、男性・女性、婚活中・非婚活中に関わらず読んでみてほしいと思います。

スパルタ婚活塾

photo by Martin Thomas

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
26,770枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録