unistyle

MENU

更新情報2018/10/03(水)内容を更新しました!

スタートが遅れた就活生の戦略的内定獲得法!

スタートが遅れた就活生の戦略的内定獲得法!

最終更新日:2018年10月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。今回は、北極をパンイチで横断しようとするくらいに無謀な準備不足のまま二カ月遅れで就活を始めた私でも、何とか複数内定を獲得することができた、他人と差別化するための戦略についてご紹介させて頂きます。

1.ESの質と量で勝負する

①ESは内定獲得のファーストステップ

Unistyleのテクニックの項にもありますが、内定獲得のためには
【ES通過⇒筆記試験通過⇒グループディスカッション通過⇒面接を複数回通過】
という順を追う必要があります。
私の周りでは、①前回の記事に書いた通り自己分析のしすぎで視野が狭くなって業界や企業を絞る⇒②ESの提出数が減る⇒③ESが落ちると受けられる企業が少なくなっていく、という循環にはまり、対策した面接にまでこぎつけられない人が多い印象でした。
とすれば、内定獲得の確率を確実に上げるために必要なことは、出すESの「量を増やす」「質を高くする」ことになります。大事なのはバランスだと思います。正直、どこにでもいる凡庸な学生がいいESを書こうと頭をひねっても、何によって「質」が高いとされるのか分かりません。一生懸命書いたESが社会人から見たら稚拙な内容・書き方だと思われることは多いです。
一方で、業界を絞らないことを前提にすれば量は要領さえつかめばいくらでも増やすことができますが、質が保証されていないことには落ちるのは明白です。

②学生目線ではESの「質」は分からない

そこでまず私は「企業はどういうESを評価するのか」という視点をUnistyleから得ることにしました。
正直、学生目線ではどのようなエピソードが企業に評価されるのか分かっていません。であれば、社会人やこうしたサービスにナビゲートしてもらった方が圧倒的に効率的です。詳しくはテクニックのページをご参照いただければと思いますが、具体的には「企業側のニーズを無視して自分の書きたいことを書かず、①目標達成力(問題解決力)、②リーダーシップ、③チャレンジ精神(変化に対応する力)を含んだ競争力の高いPR・エピソードが語られたES」が評価されるということです。
この視点に立って自分なりの表現でそれを書き起こし、社会人に添削してもらうことをこなしていけば、評価の高いESを作ることができます。

③エピソードを字数ごとにストックしてコピペしていく

こうして書いた自分の武器となるPR・エピソードを、私はそれぞれを200~800字の100字ごとで編集し直し、wordファイルでストックしておきました。また、色々な企業で質問されたことも項目ごとにまとめ、他の企業ですぐ使えるようにしておきました。
そうすると、ESで聞かれる「学生時代に最も力を入れたことを書いてください(500字以内)」「自分が最も自信を持っていることや、特筆すべき実績を書いてください(400字以内)」といった設問にもコピペするだけで一瞬のうちに答えられます。
結果として私は80枚程度のESを出し、四月一日から志望度の低い企業は断りつつも一週間で面接が30件近く入るという状態になりました。こんな私でも複数内定できた最大の要因は、ここにあると考えています。

こうしてESの質・量を増産すると、持ちゴマが周囲よりも多いという安心感や、面接に場慣れしてリラックスできる、といった精神的な余裕も生まれてきます。一方で交通費が死ぬほどかさむため、精神的余裕と引き換えに経済的余裕が失われますが、内定が出ればすぐに取り返せる金額なので惜しまずつぎこみましょう。

2.テストは言い訳できないので対策を徹底する

私は内々定を3社から頂いたところで就活を終了しましたが、いずれの企業からも「テストが優秀だった」とお褒めの言葉を頂いています。
結果論ではありますが、面接の手ごたえはどれも可も無く不可も無い感じだったので、テストの結果は評価に少なからず貢献しているのではないかと思います。
テストは誰でも対策ができますし、上述の方法でエントリーしまくるとテストを何回でも受けて、慣れてくると形式、場合によっては答えすら覚えられます。
コミュニケーション能力などといった分かりにくい指標ではなく、点数で評価される分、努力が如実に表れるので言い訳ができません。前もって十分な対策を心掛け、志望度の低い企業から順にテストを受験し、慣れたところで本命を受ける、という風にするといいでしょう。
また、友達と一緒に受けるのもアリですが、あてにし過ぎるとスケジュールが合わなくなった瞬間に破滅します。自分がテストを受けたい時には人もテストを受けたい場合が大いにあります。面接が進むと会社で受ける試験もあるので、できる限り自力でできるようにするのが望ましいです。
対策本としておススメなのは「ノートの会」社のものです。時間がなくともwebテスト、テストセンター編はやっておきましょう。他のものも早めに買って対策すれば、逆に人から頼まれるくらいになり、臨時収入も増えて一石二鳥です。
因みに私は一人の友人に図々しくも10社分を頼まれたので、いつか満漢全席くらいおごってもらう予定でいます。
以下の記事は適性検査等に関するものですので、こちらも併せてご参考ください。

3.説明会への参加を減らす・ESは一日二枚必ず書く

 

以上のことを人よりも時間のない私が取り組むには、他の人と違う時間の使い方をする必要がありました。
具体的にはまず説明会への参加を途中から減らしました。業界研究・企業研究はHPやオンライン新聞データベースで十分にできるからです。皆が行っている説明会に行く、ということは必ずしも不安感を癒しはしません。それよりも自分でじっくり研究して得た知識のほうが安心材料になるはずです
そして、ESを必ず一日2枚は書くようにしていました。
よく気合いを入れ過ぎてESに何日もかける人がいましたが、ウェットになりすぎると客観的に自分の文章を見れなくなります。であれば、ドライに時間を割り切って書くべき要素を冷静に書き連ねた方が評価は高くなるはずです
私は一日二枚のES作成を仕事として割り切ることで、感情の浮き沈みに左右されることなくESを量産するよう努めていました。またどこに行っても書けるよう常にPCは携帯していました。
私が過ごした具体的なスケジュールとしては
2月前半
・説明会に行くものの時間の無駄だと気付き、行かなくなり自分で企業研究・業界研究を始める
・Unistyleを知って戦略を立てる(企業の受け方・PRの方法・ESの書き方などなど)
・テストセンター、webテストなどの対策を始める
2月中旬〜後半
・締切が迫っているのでESをひたすら量産し始める
・リクルーター面接に行く
・テストセンターを受ける
3月前半
・ESをまだまだ量産する(就活サイトを見て色々な企業の締切をチェックしていました。多い時には一日4枚書きました)
3月後半
・面接対策セミナー・GD対策セミナーを受講して面接に備える
・リクルーター面談をこなす
4月前半〜
・面接が一気に集中する⇒内々定3つ獲得

という感じでした。この中で最も時間を割いたのは、まぎれもなくES作成です。淡々と書いたとは言え、毎日の時間を足すとかなりのものになると思います。

 

次にそのためのエピソード探し、その次に企業研究とテスト勉強を同じくらい、という感じです。もう少し企業研究をする余裕があればよかったとは思っていますが、説明会を極限まで減らしたり、どこにでもPCを持って行ってESを書くなどすることで概ねスケジュールは回りました。

 

最後に

以上が「2か月遅れでスタートして複数内定を勝ち取った就活生の他人と差別化する3つの戦略」になります。時間が限られていた私でもある程度の成果が出せたので、時間がある皆さんなら更なる成果をあげる一助となるのではないでしょうか。

 

これを読んだ方の就活がうまくいけば光栄の至りです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

photo credit: Anil Jadhav via FindCC

 

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録