unistyle

MENU

更新情報2017/12/12(火)内容を更新しました!

スカウト・イベント・支援金あり!「サポーターズ」で効率的・戦略的就活のすすめ

スカウト・イベント・支援金あり!「サポーターズ」で効率的・戦略的就活のすすめ

掲載開始日:2015年06月19日
最終更新日:2017年12月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学部3年生・M1のうちから企業インターンに関心を寄せている方も多いと感じます。企業側も「選考には一切関係ありません」というのは建前で、実際は早いうちに優秀な学生と接点を持ちたいというのが本音だとも思っています。また、IT・ベンチャー・外資などはインターン経由で早期に内定を出しやすい傾向があり、中にはフリークアウトのようにインターン参加者からしか内定を出さないと明言している企業もあるくらいです。
今回ご紹介する「サポーターズ」というサービスは、特にIT・ベンチャー分野に強く、早期内定獲得や就職活動の効率化の上で非常に有用ですので是非知っておいて欲しいと思います。

(※本コラムはサポーターズのPR記事です)


サポーターズ利用のメリット①:選考会やイベントへの自主エントリーで支援金がもらえる

サポーターズ経由で応募した企業のイベントに参加すると、それだけで関東在住の学生には1,000円、地方在住の学生には5,000円の支援金が支払われます。複数のイベントに参加すればそれだけ金額も累積します。直接的に内定の可能性を高めるメリットではないですが、就職活動の金銭的負担が軽減されることでイベント応募意欲が高まるのはプラスだと言えます。

また、サポーターズに参加している企業は選考直結のインターンを開催するなど採用意欲の高いところが多いため、早期に内定を獲得したいという方には特に有用だと感じます。加えて、インターン経由で内定を出そうという企業はそれだけインターンプログラムにも注力しており、大手日系企業にありがちな社会科見学的な1Dayインターンではなく、社員もかなりのコミットをしているため、第一志望でなくとも参加する意義はあるものと思っています。インターン参加を通して志望度が高まるというのもよくあることですので、視野を広げる意味でも応募してみることをオススメします。

なお、サイバーエージェントやDeNA、ヤフーといった人気企業もサポーターズを利用しているので、そうした企業を狙っている方にとっては特にいいサービスだと感じます。

 

▼サポーターズ利用中企業(一部抜粋)

 

▼IT業界志望者もそうでない方も一度ご覧ください


サポーターズ利用のメリット②:過去にはホリエモンも参加!オリジナルイベント多数あり

16卒ではこれまで就職活動中に参加したイベントは合同企業説明会くらいだったという方も結構いるものと思いますが、正直もったいないと感じます。もちろん直接企業の採用担当者などが来るという意味ではよい機会なのですが、特に時間的に余裕のある3年生・M1の間になるべく色々な種類のキャリアイベントに参加してみるのがオススメです。
サポーターズでは様々なゲストを招いて、学生にキャリアについて考える機会を提供するといった面白いイベントを多数開催しています。過去にはホリエモンの「就活廃止論」なども開催し、ネット上で話題になったりもしました。

参考:【 #就活廃止論 】ホリエモンが本音で語った就活のくだらなさ|togetter

その他、美人の人事とお酒を飲んで企業説明を受けるといった「美人事の会」など、他社ではなかなか見られないイベントを多数開催しています。また、こうしたイベントをきっかけに選考フローに乗れたりといったこともあるため、是非見ていって欲しいと思います。

 

▼サポーターズ会員限定のオリジナルイベント例



サポーターズ利用のメリット③:1つの自己PRで複数の企業にアプローチできる

通常、企業の選考に応募する際には各社それぞれに対して専用のエントリーシートを提出することが必要になりますが、実際面倒だと感じている人も多いと思っています。サポーターズであれば、「学生時代頑張ったこと」「自己PR」などの共通項目をいくつか入力しておくことで、それを見た企業側からイベントや選考会へのスカウトが届きます。1種類の記載内容で複数の企業の選考を受けられるため、個別企業のためにエントリーシートを用意するよりも効率的だと言えます。

もちろん企業から見て魅力的なスペック・経験を持っていると判断されなければスカウトをもらいにくいということはありますが、一方で、自己PRなどは就職活動が進むにつれて段々とブラッシュアップされていくものだと思っています。いいものが書けた・いい経験があったというタイミングで内容をアップデートしていけば、企業からスカウトが届く確率は上がっていくものと思いますので、現状の自分のスペックや経験に自信がないという方も、まずは使ってみるべきだと感じます。また、高スペック学生や、もともといい経験をしている学生には当然おすすめのサービスです。

サポーターズを利用している企業からはスカウトを待って、そうでない企業は直接エントリーするといった、応募の一手段として持っておくことも有効だと思います。​


効率的・戦略的な就職活動のためのツール

就職活動はもちろんある程度の頑張りが求められますが、闇雲に頑張るよりも効率よく・戦略的に頑張る方がよいと言えます。
サポーターズを例にとると、早期に内定を出している企業のインターンなどに参加することで日系大手の前にある程度の企業から内定を得やすくなり、無内定のリスクを低減できます(おまけで支援金も出ます)。就活前期はIT・ベンチャー・外資など、就活後期は日系大手といった時間分散はリスクヘッジとして有効なので是非考えてみて欲しいと思います。また、自分の情報を登録してスカウトを待つことも持ち駒を手軽に増やす手段として有効です。

サポーターズなどのサービスをうまく使って企業との接触回数を効率的に増やしていき、より多くの時間を自己PR・志望動機のブラッシュアップなどに充てていって欲しいと思います。注力するべき・多くの時間を使って悩むべきポイントとそうでないポイントとをしっかり切り分けて、より効果的かつ余計なストレスの少ない就職活動を行っていただければ幸いです。

▼まずは、こちらからサービスをご覧ください

 

photo by Open Data Institute Knowledge for Everyone

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
25,316枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録